健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「関与成分」検討会、各栄養成分の行方(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月30日

機能性表示食品「関与成分」検討会、各栄養成分の行方(後)

業界代表委員からは的外れの発言が続いた(30日開催の検討会)

業界代表委員からは的外れの発言も(30日開催の検討会)

<業界代表委員らの的外れな発言>

【解説】

 今回も業界代表委員らの発言は冴えなかった。検討会の焦点となっているビタミン・ミネラルの議論では、次のようなやり取りがあった。

 宗像守委員(日本チェーンドラッグストア協会事務総長):「健康食品産業協議会(の提出資料で)は、ビタミンDのものを使って、耐容上限量に対して食事プラス機能性表示食品または栄養機能食品などを取っても(耐容上限量と)ずいぶん差があることを示している」(※資料では、食事からの摂取平均に機能性表示食品をプラスした場合と、耐容上限量との差を示している)。

 佐々木委員(東京大学大学院教授):「過剰摂取のリスクの評価方法について、あってはならないものを評価する場合は、平均値を使わないことが基本中の基本。摂取量の平均値に『こう摂取してください』というもの(機能性表示食品)を足して、上限値をいくら下回っていても、安全であることを主張する論理にならない。稀な事例を出して、それが問題のところに達しないかどうかを考えるべきである」。

 関口委員(健康食品産業協議会会長):「(提出資料について)耐容上限量と近年の摂取実態の95パーセンタイルの数字を使って計算したらどうかを考えていた。我々としては中心値を使うよりも、95パーセンタイル値を使うべきと思っている」。

 佐々木委員:「95パーセンタイル値は全体の5パーセントのリスクを許すということ。それで皆さん、大丈夫と思う?」。

 このように、業界代表委員からは的外れな発言が続いた。まともな議論にならない状況だったと言える。業界側も準備する時間は十分にあったはず。だが、不甲斐なさだけを印象づける結果となった。

 6回目を迎えた今回までの議論を振り返ると、糖質・糖類の一部については、何らかの要件を付けて、制度の対象とする可能性が高いとみられる。業界側が具体案を示し、アカデミア委員を巻き込んで議論を深めた結果だろう。

 一方、ビタミン・ミネラルについては、アカデミア委員や消費者代表委員が反対姿勢を鮮明化。発言内容も、業界代表委員と比べて圧倒的な説得力がある。これまでの議論を踏まえると、検討会が公正に運営される限り、ビタミン・ミネラルは制度の対象に加わることはあり得ない状況となっている。

(了)

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年02月23日

ファンケル、コラーゲンサプリ発表会を開催

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は23日、新商品のサプリメント「ディープチャージ コラーゲン」シリーズ4品(3月20日発売)のプレス発表会を都内ホテルで開催した。  ゲストに招かれた銀座ケイスキンクリ […]

米国FDA、クラトン含有製品の使用禁止を勧告

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は22日、米国食品医薬品局(FDA)がクラトン(アヘンボク)を含む全ての製品について、使用しないように勧告したと発表した。  クラトンを含む製品との関連が疑われる健康被害事例が多数報告 […]

トロナジャパン、糖質40%カットの冷凍ピザ発売

 (株)トロナジャパン(本社:東京都港区、名田陽一社長、TEL:0120-941-035)は3月1日、ピザ生地の糖質を40%カットした冷凍ピザ『ピザ生地糖質40%OFF イベリコ豚ベーコンのピッツァ』を発売する。  使用 […]

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]