健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「関与成分」検討会、各栄養成分の行方(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月30日

機能性表示食品「関与成分」検討会、各栄養成分の行方(後)

業界代表委員からは的外れの発言が続いた(30日開催の検討会)

業界代表委員からは的外れの発言も(30日開催の検討会)

<業界代表委員らの的外れな発言>

【解説】

 今回も業界代表委員らの発言は冴えなかった。検討会の焦点となっているビタミン・ミネラルの議論では、次のようなやり取りがあった。

 宗像守委員(日本チェーンドラッグストア協会事務総長):「健康食品産業協議会(の提出資料で)は、ビタミンDのものを使って、耐容上限量に対して食事プラス機能性表示食品または栄養機能食品などを取っても(耐容上限量と)ずいぶん差があることを示している」(※資料では、食事からの摂取平均に機能性表示食品をプラスした場合と、耐容上限量との差を示している)。

 佐々木委員(東京大学大学院教授):「過剰摂取のリスクの評価方法について、あってはならないものを評価する場合は、平均値を使わないことが基本中の基本。摂取量の平均値に『こう摂取してください』というもの(機能性表示食品)を足して、上限値をいくら下回っていても、安全であることを主張する論理にならない。稀な事例を出して、それが問題のところに達しないかどうかを考えるべきである」。

 関口委員(健康食品産業協議会会長):「(提出資料について)耐容上限量と近年の摂取実態の95パーセンタイルの数字を使って計算したらどうかを考えていた。我々としては中心値を使うよりも、95パーセンタイル値を使うべきと思っている」。

 佐々木委員:「95パーセンタイル値は全体の5パーセントのリスクを許すということ。それで皆さん、大丈夫と思う?」。

 このように、業界代表委員からは的外れな発言が続いた。まともな議論にならない状況だったと言える。業界側も準備する時間は十分にあったはず。だが、不甲斐なさだけを印象づける結果となった。

 6回目を迎えた今回までの議論を振り返ると、糖質・糖類の一部については、何らかの要件を付けて、制度の対象とする可能性が高いとみられる。業界側が具体案を示し、アカデミア委員を巻き込んで議論を深めた結果だろう。

 一方、ビタミン・ミネラルについては、アカデミア委員や消費者代表委員が反対姿勢を鮮明化。発言内容も、業界代表委員と比べて圧倒的な説得力がある。これまでの議論を踏まえると、検討会が公正に運営される限り、ビタミン・ミネラルは制度の対象に加わることはあり得ない状況となっている。

(了)

【木村 祐作】

おススメ記事

コカ・コーラ、『リアルゴールド』に新フレーバー

 全国のボトリング会社と(株)日本コカ・コーラ(東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)で構成するコカ・コーラシステムは7月2日、乳性フレーバーをミックスした『リアルゴールド スーパーリフ […]

2018年06月21日

【7/25】「健全な市場流通を考える会」が公開討論会

 「健康食品・サプリメントの健全な市場流通を考える会」(唐木英明会長)は7月25日(午前10時から午後0時30分)、公開討論会「健康食品の健全な発展のために我々は何をしたらいいのか?」を東京ビッグサイト・西ホール会場内( […]

2018年06月21日

キリン、巨人軍とオフィシャル乳酸菌飲料サプライヤー契約

 キリン(株)(東京都中野区、磯崎功典社長)とキリンビバレッジ(株)(東京都中野区、堀口英樹社長)は20日、(株)読売巨人軍とオフィシャル乳酸菌飲料サプライヤー契約を締結したと発表した。乳酸菌を配合した飲料の提供により、 […]

2018年06月21日

全健協、通常総会・懇親会を開催

 特定非営利活動法人全日本健康自然食品協会は20日、通常総会・懇親会を如水会館(東京都千代田区)で開催した。参加者は約50人。通常総会で再任された杢谷正樹理事長は「変化の多いなか、明日への可能性を見つめて進展していく」と […]

成人年齢引き下げ、高校の消費者教育事例集を公表~消費者庁

<ネットトラブル、悪質商法、薬・食品などテーマに>  改正民法の施行により、成人年齢が18歳へ引き下げられることを踏まえ、消費者庁は20日、高校生向けの消費者教育教材「社会への扉」の活用事例集を公表した。2020年度まで […]