健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「関与成分」検討会、各栄養成分の行方(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月30日

機能性表示食品「関与成分」検討会、各栄養成分の行方(中)

ビタミン・ミネラルでは制度への追加に反対する意見が相次いだ

ビタミン・ミネラルでは制度への追加に反対する意見が相次いだ

<ビタミン・ミネラルの追加は「制度を壊す」の声も>

 ビタミン・ミネラルについては、とくに安全性確保の観点から検討した。論点に、(1)耐容上限量が設定されている栄養成分(ビタミンA・D・E・葉酸・カルシウム・銅・鉄・亜鉛など)を制度の対象とすべきか、(2)耐容上限量が設定されていない栄養成分(ビタミンC・K・ビタミンB1・B2・B12など)を制度の対象とすべきか――などを挙げて議論した。

 宮島和美委員(日本通信販売協会理事)は、OTC医薬品や医薬部外品、栄養機能食品などでビタミン・ミネラルが使用されていると指摘。「機能性表示食品だけ使えないのは違和感がある」、「機能性表示食品だけ使えないのでは、商品がかわいそうと思う」と述べた。

 これに対し、寺本座長は「3次機能を出す場合に、どのような問題があるのかということで、安全性について議論している」と説明。赤松利恵委員(お茶の水女子大学基幹研究院自然科学系教授)も、「宮島委員は『商品がかわいそう』と発言したが、消費者の立場から物事を考えなければならない。消費者には知る権利だけでなく、守られる権利もある」と批判した。

 梅垣敬三委員(国立健康・栄養研究所情報センター長)は、「現時点でビタミン・ミネラルを制度に入れると、おかしくなる。制度を壊すのならば入れればよい」と懸念を表明。制度がスタートして1年程度しか経っていないことから、「まず問題点を洗い出して、次に進むのが順序だと思う」との考えを示した。

 

<懸念される健康被害のリスク>

 論点を耐容上限量の設定の有無に分けた点について、佐々木委員は次のように指摘した。

 「食事摂取基準に書かれているが、十分な科学的根拠を得られない栄養素については耐容上限量を設定していない。耐容上限量がないことを保証するものではない。リスクがあることを忘れないでほしいという意味があると読める」。

 ほかの委員からも、「1人であっても健康被害を受けることがあってはいけない」(河野康子委員:全国消費者団体連絡会事務局長)、「被害を与えるような健康食品があってはならない」(寺本座長)といった意見が相次いだ。アカデミア委員や消費者代表委員は、健康被害のリスクが大きいことから、制度への追加に反対する姿勢を示した。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]