健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「関与成分」検討会、各栄養成分の行方(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月30日

機能性表示食品「関与成分」検討会、各栄養成分の行方(中)

ビタミン・ミネラルでは制度への追加に反対する意見が相次いだ

ビタミン・ミネラルでは制度への追加に反対する意見が相次いだ

<ビタミン・ミネラルの追加は「制度を壊す」の声も>

 ビタミン・ミネラルについては、とくに安全性確保の観点から検討した。論点に、(1)耐容上限量が設定されている栄養成分(ビタミンA・D・E・葉酸・カルシウム・銅・鉄・亜鉛など)を制度の対象とすべきか、(2)耐容上限量が設定されていない栄養成分(ビタミンC・K・ビタミンB1・B2・B12など)を制度の対象とすべきか――などを挙げて議論した。

 宮島和美委員(日本通信販売協会理事)は、OTC医薬品や医薬部外品、栄養機能食品などでビタミン・ミネラルが使用されていると指摘。「機能性表示食品だけ使えないのは違和感がある」、「機能性表示食品だけ使えないのでは、商品がかわいそうと思う」と述べた。

 これに対し、寺本座長は「3次機能を出す場合に、どのような問題があるのかということで、安全性について議論している」と説明。赤松利恵委員(お茶の水女子大学基幹研究院自然科学系教授)も、「宮島委員は『商品がかわいそう』と発言したが、消費者の立場から物事を考えなければならない。消費者には知る権利だけでなく、守られる権利もある」と批判した。

 梅垣敬三委員(国立健康・栄養研究所情報センター長)は、「現時点でビタミン・ミネラルを制度に入れると、おかしくなる。制度を壊すのならば入れればよい」と懸念を表明。制度がスタートして1年程度しか経っていないことから、「まず問題点を洗い出して、次に進むのが順序だと思う」との考えを示した。

 

<懸念される健康被害のリスク>

 論点を耐容上限量の設定の有無に分けた点について、佐々木委員は次のように指摘した。

 「食事摂取基準に書かれているが、十分な科学的根拠を得られない栄養素については耐容上限量を設定していない。耐容上限量がないことを保証するものではない。リスクがあることを忘れないでほしいという意味があると読める」。

 ほかの委員からも、「1人であっても健康被害を受けることがあってはいけない」(河野康子委員:全国消費者団体連絡会事務局長)、「被害を与えるような健康食品があってはならない」(寺本座長)といった意見が相次いだ。アカデミア委員や消費者代表委員は、健康被害のリスクが大きいことから、制度への追加に反対する姿勢を示した。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(後)

<安全性の問題は過去の話> 【解説】  遺伝子組み換え表示制度は2001年4月に施行された。食品表示を所管していた農林水産省は1997年に、制度導入に向けて検討会を発足。当時、検討会を傍聴して感じたのは、会合を何度重ねて […]

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(前)

<来年3月めどに結論>  遺伝子組み換え食品の表示制度を見直すため、消費者庁はきょう(26日)、「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」の初会合を開き、検討作業に着手した。来年3月をめどに結論を取りまとめる。  検討会は学 […]

ディーフット、季節限定のスキンケアスプレー発売

 (株)ディーフィット(東京都新宿区、立川真由美代表)は26日、季節限定のスキンケア商品『アウトドアでも優しくお肌を守ってくれるスキンスプレー』を発売する。  ラベンダー油やユーカリ油などの天然製油を配合。蚊や虫が多く出 […]

たかくら新産業、オーガニック素材使用の犬用歯磨き粉を発売

 (株)たかくら新産業(本社:東京都港区、高倉健社長)は25日、オーガニック素材を用いた犬用の歯磨き粉『オーガニック ホワイトニング トゥースペースト ピーチ味』を発売した。  同品はアロエベラの液汁をベースに、オリーブ […]

2017年04月26日

キューサイ、機能性表示食品『ハツラツQ10』を発売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は5月1日、機能性表示食品のサプリメント『ハツラツQ10』(460mg×30粒)を発売する。  関与成分は還元型コエンザイムQ10。「 […]