健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > ASCON、機能性表示食品の届出情報を評価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月09日

ASCON、機能性表示食品の届出情報を評価

<6商品で「基準に不適合」、届出ガイドラインの解釈が異なると問題視>

 (一社)消費者市民社会をつくる会(ASCON、阿南久代表理事)はこのほど、機能性表示食品の79商品を対象とした「ASCON科学者委員会」の評価結果を公表した。そのうちの6商品の届出については、ASCONが独自に設定した評価基準に適合しないと判断し、問題視している。

 同委員会は、小泉直子委員長、鈴木勝士副委員長ら数人の科学者で構成。届出情報について、安全性に関する懸念の有無や、有効性に関する科学的根拠がどの程度存在するのかを評価した。今回は届出番号A1~A80(1商品は届出を撤回)を対象とした。

 同委員会は独自の評価基準を設定し、有効性に関する科学的根拠をA~Cランクに分けて評価した。Aランク(十分な科学的根拠がある)は、5報以上のRCT論文やシステマティック・レビュー(SR)で有効の判定がある場合。Bランク(かなりの科学的根拠がある)は、RCT論文が2報以上あり、有効の判定が多い場合、または最終商品でのRCT論文が1報の場合。Cランク(ある程度の科学的根拠がある)は、RCT論文が1報のみ、または2報以上で有効と無効が拮抗する場合とした。

 有効性については、79商品のうち71商品で評価基準に適合していると評価。このことは、同委員会の評価基準が多くの企業の判断基準と一致していることを示すと指摘した。一方、6商品では評価基準に適合せず、2商品については評価を継続中としている。

 評価基準に適合しなかった6商品の届出情報については、届出企業との意見交換でも合意できなかったという。主な指摘事項を見ると、(1)BMI30超の被験者が含まれているが、どこの医師がどのような根拠で健常者と判断したのか不明。BMI30は広くコンセンサスの得られた診断基準で、医師の判断で変更できない数字である、(2)4成分を関与成分として使用した理由も、各成分の濃度設定の根拠も不明、(3)被験者に未成年を含み、届出ガイドラインに不適合ではないか――などがある。

 安全性については、評価した全商品で「大きな懸念はなかった」と結論付けた。しかし、最近のSRによって、ビタミン剤を長期にわたって飲み続けている人では健康への悪影響がある可能性が示されている事例を挙げ、長期摂取による慢性毒性についてはさらに検討が必要と指摘した。

 同委員会では、多くの企業は制度の趣旨に沿った届出を行っているが、一部の企業では消費者庁のガイドラインに対する解釈が多くの企業と異なると問題視している。

 

おススメ記事

日本アムウェイ、『トリプルX』をリニューアル

 日本アムウェイ(合同)(本社:東京都渋谷区、ピーター・ストライダム社長、TEL:0120-123-777)は23日、ニュートリライトブランドのサプリメント『トリプルX』をリニューアル発売した。  厳選した21種類の原料 […]

2017年08月23日

乳酸菌LJ88ラボ、ホームページを開設

 乳酸菌LJ88ラボ(東京都千代田区)はこのほど、人の胃液から発見された乳酸菌「LJ88(ラクトバチルス・ジョンソニィNo.1088)」について解説したホームページ(HP)を立ち上げた。  HPでは、LJ88に関する機能 […]

マルエツの「いーとぴあ」、栄養ケア・ステーションに認定

 (株)マルエツは22日、同社が運営する料理&カルチャー教室「いーとぴあ」(埼玉県蕨市)が、(公社)日本栄養士会が展開する「栄養ケア・ステーション」として認定されたと発表した。スーパーマーケット業界で初の認定となった。 […]

『ヤクルトの国産ケール青汁』を発売

 ヤクルトヘルスフーズ(株)(本社:大分県豊後高田市、筒井博之社長、TEL:0120-929-214)は9月25日、『ヤクルトの国産ケール青汁』(30袋)を発売する。  大分県国東半島とその周辺地域で栽培されたケールを使 […]

2017年08月23日

【9/24】「アドバイザリースタッフ」をテーマにセミナー

 アドバイザリースタッフ研究会は(一財)医療経済研究・社会保険福祉協会(社福協)と共催で9月24日、「アドバイザリースタッフは一般の方に何を提供できるのか~健康食品相談から見えてくる課題~」をテーマとするセミナーを日比谷 […]