健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > ASCON、機能性表示食品の届出情報を評価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月09日

ASCON、機能性表示食品の届出情報を評価

<6商品で「基準に不適合」、届出ガイドラインの解釈が異なると問題視>

 (一社)消費者市民社会をつくる会(ASCON、阿南久代表理事)はこのほど、機能性表示食品の79商品を対象とした「ASCON科学者委員会」の評価結果を公表した。そのうちの6商品の届出については、ASCONが独自に設定した評価基準に適合しないと判断し、問題視している。

 同委員会は、小泉直子委員長、鈴木勝士副委員長ら数人の科学者で構成。届出情報について、安全性に関する懸念の有無や、有効性に関する科学的根拠がどの程度存在するのかを評価した。今回は届出番号A1~A80(1商品は届出を撤回)を対象とした。

 同委員会は独自の評価基準を設定し、有効性に関する科学的根拠をA~Cランクに分けて評価した。Aランク(十分な科学的根拠がある)は、5報以上のRCT論文やシステマティック・レビュー(SR)で有効の判定がある場合。Bランク(かなりの科学的根拠がある)は、RCT論文が2報以上あり、有効の判定が多い場合、または最終商品でのRCT論文が1報の場合。Cランク(ある程度の科学的根拠がある)は、RCT論文が1報のみ、または2報以上で有効と無効が拮抗する場合とした。

 有効性については、79商品のうち71商品で評価基準に適合していると評価。このことは、同委員会の評価基準が多くの企業の判断基準と一致していることを示すと指摘した。一方、6商品では評価基準に適合せず、2商品については評価を継続中としている。

 評価基準に適合しなかった6商品の届出情報については、届出企業との意見交換でも合意できなかったという。主な指摘事項を見ると、(1)BMI30超の被験者が含まれているが、どこの医師がどのような根拠で健常者と判断したのか不明。BMI30は広くコンセンサスの得られた診断基準で、医師の判断で変更できない数字である、(2)4成分を関与成分として使用した理由も、各成分の濃度設定の根拠も不明、(3)被験者に未成年を含み、届出ガイドラインに不適合ではないか――などがある。

 安全性については、評価した全商品で「大きな懸念はなかった」と結論付けた。しかし、最近のSRによって、ビタミン剤を長期にわたって飲み続けている人では健康への悪影響がある可能性が示されている事例を挙げ、長期摂取による慢性毒性についてはさらに検討が必要と指摘した。

 同委員会では、多くの企業は制度の趣旨に沿った届出を行っているが、一部の企業では消費者庁のガイドラインに対する解釈が多くの企業と異なると問題視している。

 

おススメ記事

2017年06月28日

インデナ社、クルクミンの非アルコール性脂肪肝への効果を確認

 インデナ社(イタリア)はこのほど、非アルコール性脂肪肝(NAFLD)に対するクルクミンの有効性を確認したと発表した。オーストリアのウィーンで開かれた第11回ポリフェノール応用に関する世界会議(World Congres […]

2017年06月28日

【7/3】静岡県、「ハラール」「コーシャ」対応セミナー

 静岡県は7月3日、「多様な食文化への対応セミナー」を静岡県産業経済会館(静岡市葵区)で開催する。イスラム教の「ハラール」、ユダヤ教の「コーシャ」への対応方法を考える。  プログラムは「食をめぐる多様な食文化について」( […]

クラシエ薬品、物忘れ改善の医薬品を発売

 クラシエ薬品(株)(本社:東京都港区、古市貞雄社長、TEL:03-5446-3334)は7月3日、中年期以降の物忘れを改善する第3類医薬品『アレデル顆粒』(42包、希望小売価格1,900円)を新発売する。  生薬のオン […]

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]