健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「関与成分」検討会、栄養成分の安全性(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月26日

機能性表示食品「関与成分」検討会、栄養成分の安全性(中)

<今後の議論が注目される糖質・糖類>

 第4回検討会では、食事摂取基準で基準が設定されている栄養成分を機能性表示食品制度の対象とするかどうかを検討。ビタミン・ミネラル以外にも、「タンパク質」「脂質」「糖質・糖類」について議論した。

「糖質・糖類」「タンパク質」についても検討を進めた

「糖質・糖類」「タンパク質」についても検討を進めた

 健康食品産業協議会の関口委員は、『各種機能性糖類、各種機能性糖質(糖アルコールを含む)』を制度の対象に加えるように要望した。具体例に、L-アラビノース、トレハロース、ガラクトオリゴ糖、ラクトスクロース、キシリトール、エリスリトールなどを挙げた。

 この提案に対し、迫委員は「『各種機能性糖類、各種機能性糖質』という言葉が1人歩きしないように、『機能性を有する糖質』などにしないと危ない」と指摘。森田委員も「『各種』として、何でもかんでもとなるとまずい」と懸念した。また森田委員は、これまでの届出で難消化性デキストリンを配合したキャンデーやチョコレートが受理されていることを問題視。「(業界が要望する)糖類をすべて入れると、そういう商品がたくさん出てくることが懸念される」と釘を刺した。

 合田委員は、食品安全委員会の評価を受けたものと、そうでないものがあると説明。「糖はリスクがあるので、(対象とする場合には)どのようなデータを求めるのかを明確にしておくべき」と提言した。これらの意見を受けて、寺本民生座長(帝京大学臨床研究センター長)は、「制度上の問題を考えないと、国民の理解を得るのは厳しい」との見解を示した。

 一方、吉田宗弘委員(関西大学化学生命工学部教授)は、オリゴ糖や糖アルコールを制度の対象としても差し支えないとした。その理由に、「栄養学では、オリゴ糖や糖アルコールなどのエネルギーになりにくいものは糖質でないと教えられてきた」ことを挙げた。

 糖質・糖類の一部については、今後の議論で具体案を詰めることができれば、一定の条件下で制度の対象となる可能性も出てきそうだ。

 

<関口委員の発言、波紋広げる!?>

 タンパク質については、制度の対象とするのが困難とする意見が聞かれた。梅垣委員は、「タンパク質はいろいろなものの集合体。本当に機能性を表示するような成分が入っているかどうかをチェックできないと無理と思う」と話した。

 関口委員は、業界としてタンパク質で具体的な提案ができなかった理由について、「定性的または定量的にきっちり測れないものについては、(機能性表示食品制度に)入れることはできないと思っている。例として提出した糖類はすべて定量できる。これらは(機能性表示食品の)仲間に入れてもよいと思う」と発言。7業界団体のトップ自らが、関与成分が不明確な食品は制度の対象にならないとの考え方を表明するかたちとなった。業界側は関与成分が不明確な食品を制度の対象に追加するように要望していることから、波紋を広げるのは必至だ。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]