健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者委・河上委員長、「機能性表示食品は正念場」~社福協フォーラム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月03日

消費者委・河上委員長、「機能性表示食品は正念場」~社福協フォーラム

<「トクホと同程度の信頼を獲得できるか」>

 消費者委員会の河上正二委員長は2日、都内で開かれた「社福協健康食品フォーラム」(主催:(一財)医療経済研究・社会保険福祉協会)で講演し、機能性表示食品制度が消費者に信頼される制度として生き残る上で正念場にあるとの見方を示した。

2日に開催されたセミナーの様子

2日に開催されたセミナーの様子

 河上委員長は「消費者に商品を勧める場合、合理的根拠を持っていることが原則」とし、「しっかりとしたエビデンスによって表示し、制度の信頼性を守ってほしい」と要望。「特定保健用食品(トクホ)とともに、機能性表示食品制度が生き残るかどうかは、今が正念場。商品数では機能性表示食品の方が多く出回っているが、トクホと同程度の信頼を獲得できるかどうかが課題だ」と語った。

 トクホ制度については販売されていない商品が多い点に言及し、更新制の導入が必要との考え方を示した。「消費者庁は一度、更新制をやめた経緯があるために(再導入は)困難と言っているが、見直して信頼される制度にした方がよいのではないか」と述べた。 

 また問題点として、保健機能食品の品質管理が不十分な事業者が存在する点を挙げた。行政による買上調査の実施やGMP導入の義務化、事業者による新たな科学的知見の収集などを求めた。

 

<柿野氏、安全性評価のポイントなど紹介>

 (有)健康栄養評価センターの柿野賢一代表は、機能性表示食品制度に適切に対応するためのポイントを紹介した。安全性評価について、「喫食実績による食経験は『販売実績』ではない」とし、販売実績だけで評価を終えないことが大切と強調。2次情報による安全性評価では、過剰量(3倍量・5倍量)の健康被害情報の考察が求められる点に留意するように呼びかけた。さらに、2次情報の記載内容を勝手に削除せずに、リスク情報も正直に届出資料に記載することが必要と述べた。

 柿野代表は、中小企業が機能性表示食品制度に対応するために必要なのは、文献調査・分析をサポートしてくれるアカデミアによる「学術支援」や、受理されるまでエスコートしてくれる担当者による「相談窓口」と指摘。各自治体に相談窓口(担当者)を置き、地元の大学などと連携してシステムを構築するといった取り組みを提言した。

【木村 祐作】

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]