健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者委・河上委員長、「機能性表示食品は正念場」~社福協フォーラム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月03日

消費者委・河上委員長、「機能性表示食品は正念場」~社福協フォーラム

<「トクホと同程度の信頼を獲得できるか」>

 消費者委員会の河上正二委員長は2日、都内で開かれた「社福協健康食品フォーラム」(主催:(一財)医療経済研究・社会保険福祉協会)で講演し、機能性表示食品制度が消費者に信頼される制度として生き残る上で正念場にあるとの見方を示した。

2日に開催されたセミナーの様子

2日に開催されたセミナーの様子

 河上委員長は「消費者に商品を勧める場合、合理的根拠を持っていることが原則」とし、「しっかりとしたエビデンスによって表示し、制度の信頼性を守ってほしい」と要望。「特定保健用食品(トクホ)とともに、機能性表示食品制度が生き残るかどうかは、今が正念場。商品数では機能性表示食品の方が多く出回っているが、トクホと同程度の信頼を獲得できるかどうかが課題だ」と語った。

 トクホ制度については販売されていない商品が多い点に言及し、更新制の導入が必要との考え方を示した。「消費者庁は一度、更新制をやめた経緯があるために(再導入は)困難と言っているが、見直して信頼される制度にした方がよいのではないか」と述べた。 

 また問題点として、保健機能食品の品質管理が不十分な事業者が存在する点を挙げた。行政による買上調査の実施やGMP導入の義務化、事業者による新たな科学的知見の収集などを求めた。

 

<柿野氏、安全性評価のポイントなど紹介>

 (有)健康栄養評価センターの柿野賢一代表は、機能性表示食品制度に適切に対応するためのポイントを紹介した。安全性評価について、「喫食実績による食経験は『販売実績』ではない」とし、販売実績だけで評価を終えないことが大切と強調。2次情報による安全性評価では、過剰量(3倍量・5倍量)の健康被害情報の考察が求められる点に留意するように呼びかけた。さらに、2次情報の記載内容を勝手に削除せずに、リスク情報も正直に届出資料に記載することが必要と述べた。

 柿野代表は、中小企業が機能性表示食品制度に対応するために必要なのは、文献調査・分析をサポートしてくれるアカデミアによる「学術支援」や、受理されるまでエスコートしてくれる担当者による「相談窓口」と指摘。各自治体に相談窓口(担当者)を置き、地元の大学などと連携してシステムを構築するといった取り組みを提言した。

【木村 祐作】

おススメ記事

公取、カネスエ商事とワイストアに不当廉売で警告

 キャベツなどの価格を不当に引き下げて販売したとして、公正取引委員会は21日、食品スーパーを経営する(株)カネスエ商事(愛知県日進市、牛田喜博代表)と(株)ワイストア(愛知県津島市、伊藤彰浩代表)に対し、不当廉売を行わな […]

2017年09月22日

日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門、2社5商品が金賞

 (一社)日本雑穀協会(東京都中央区)は21日、日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門<2017・秋>の金賞受賞企業と商品を発表した。金賞を受賞したのは2社5商品。同協会は28日午後2時から、製粉会館(東京都中央 […]

糖尿病が強く疑わる人、過去最多の1,000万人に

<高齢女性の「低栄養」も増加傾向>  「糖尿病が強く疑われる者」が全国で過去最多の約1,000万人に上ることが21日、厚生労働省の調査結果からわかった。  2016年国民健康・栄養調査の結果によると、「糖尿病が強く疑われ […]

2017年09月22日

機能性表示食品で新たに届出2件を公表

 消費者庁は21日、機能性表示食品で新たに2件の届出を公表した。公表されている届出件数は合計1,097件となった。  (株)ビオメディクスのサプリメント『ビフィミン』は、ビフィズス菌BB536を含有し、「腸内環境を良好に […]

2017年09月21日

雪印メグミルク、機能性表示食品の飲むヨーグルトをリニューアル

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長、TEL:0120-301-369)は26日、機能性表示食品『恵 megumi ガゼリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ』(100g)をリニューアル発売する。ミルク […]