健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 【検証】八幡物産『北の国から届いたブルーベリー』届出撤回の顛末(9)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月03日

【検証】八幡物産『北の国から届いたブルーベリー』届出撤回の顛末(9)

 八幡物産は主張書面(3)で、「(疑義の指摘に関する)やりとり」を公表することについて、以下の通り、その正当性を繰り返し否定している。

 根拠として、「真実性・相当性」の判断をする上では、その表現者の意図だけではなく、客観的状態とそれが与える名誉毀損の効果も考慮し、それらの関係を踏まえて考察されるべきだとしている。

 具体的には、ある者(甲者)が犯罪者として疑われている例を引いて説明している。

 乙が甲に対して「(甲は)そのような罪を犯した犯人か?アリバイはあるか?」と書面で照会したとする。甲はそのような罪を犯したことがないため、乙の照会に対して「そのような罪は犯しておらず、犯人ではない。アリバイと言えるかどうか分からないが、その時には一人でこれこれをしていた」と回答した。そのやり取りを公表した場合、そのやり取り自体は真実ではあるが、名誉毀損は別のもので、「甲がある罪を犯した」という内容について生じるものであり、「その点の名誉毀損については、その点の真実性・相当性の証明が不可欠である」としている。

 機能性表示食品『北の国から届いたブルーベリー』(届出番号A164)をめぐる両者の「やり取り」に引き直せば、「本件商品は機能性表示食品と表示するだけの科学的根拠を欠いている」、「本件商品は機能性表示食品として表示できたとしても、実質的には科学的根拠が不十分である」との研究会の主張に対し、八幡物産が「自分としては十分な根拠があると考えている。どのような点で不十分ということか」という状況と同じことで、このやり取りを公表した場合、「科学的根拠が不十分または欠缺している」との名誉毀損が生じるとしている。

 さらに、結果的に八幡物産側の主張が正当だったとしても、そこに至る「疑われた」経過を公表することで、一般消費者が「よくわからないが、疑われたことがある」として同品の購買を控えることになりかねないと主張している。

以上

 

 入手した文書を見る限り、研究会と八幡物産の両者はこの間、裁判所に促され、メールで意見交換を行っているようだが、内容が煩雑にわたりすぎるために割愛する。

 争点はあくまで、届出情報の妥当性をめぐる両者のやり取りを公開することが是か非かという問題だ。その中身が、研究会が主張する(1)「アントシアニン」には目の疲労感やピント調節機能の低下を緩和する、などの機能は報告されていない、(2)研究レビューで採択された文献は、届出人(八幡物産)が使用している成分と同等でない成分を対象に論述した論文である、(3)「目の疲労感の緩和」に有効という説は、引用文献で否定的な結果が示されている――の3点で、この主張をめぐる両者のやり取りを公開することが果たして、「公共性」「公益性」「真実性」「相当性」を満たす条件となるかどうかを争っているのである。

(つづく)

【田代 宏】

おススメ記事

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]

都、乾燥塩トマトの販売業者を食品表示法違反で指示

 乾燥塩トマトを詰め替えて販売する際に、原材料名などを表示しなかったとして、東京都は21日、なかいや農園(東京都中野区、山田一雄氏)に対し、食品表示法に基づく指示を行ったと発表した。  都によると、同事業者は乾燥塩トマト […]

2018年06月22日

ABLによる化粧品のマルチ商法、和解不成立~国センADR

<エステ施術後に勧誘繰り返す>  (独)国民生活センターは21日、「国民生活センターADR(裁判外紛争解決手続)」で和解が成立しなかった事案として、(株)ABL(福岡市)による化粧品の連鎖販売取引をめぐる紛争を公表した。 […]