健康情報ニュース.com >  化粧品  > 商品・サービス > UniBio、化粧品原料「植物由来EGF」を今夏から本格販売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UniBio、化粧品原料「植物由来EGF」を今夏から本格販売

<高い安全性やコストパフォーマンスなど訴求>

 バイオ企業の(株)UniBio(本社:新潟市西蒲区、結城洋司社長)は今夏から、化粧品原料の「植物由来EGF(植物由来ヒトオリゴペプチド-Uni)」の本格販売を開始する。植物から作り出した新たな化粧品原料として提案。植物由来というイメージの良さ、高い安全性と機能性、優れたコストパフォーマンスなどを訴求する。

化粧品開発展2017で展示

化粧品開発展2017で展示

 EGFは肌だけでなく、唾液や母乳にも多く含まれるタンパク質の1種。これまでに大腸菌由来やマウス由来の製品が発売されているが、コスト面や安全性で課題があった。このため、同社では植物を用いた一過性遺伝子発現技術に着目し、安全性に優れ、安定供給ができるEGFを開発した。

 一過性遺伝子発現技術によって不純物を減らし、100%生理活性のあるタンパク質の生産を可能とした。抽出・精製されるタンパク質の95~98%が活性型という。また、ヒトと動物に共通の感染症リスクを排除できる点もメリットに挙げる。

化粧品開発展2017の同社ブースには多数の関係者が立ち寄った

化粧品開発展2017の同社ブースには多数の関係者が立ち寄った

 生理活性試験によって機能性を確認済み。安全性については単回投与毒性、皮膚毒性、眼粘膜刺激性、皮膚アレルギー性、遺伝毒性、ヒトパッチテスト、光毒性などの各種試験で確認している。

 同社は、このほど都内で開催された「化粧品開発展2017」に植物由来EGFを出展。約120人の業界関係者がブースを訪れるとともに、韓国・中国・タイ・シンガポールなど海外からの問い合わせも寄せられた。また、会場内で行ったプレゼンテーションでは、「立ち見ができるほどの盛況となり、新しい原料として興味を持たれていることを再認識できた」(総務部)と話している。

 

<COMPANY INFORMATION>

所在地:新潟市西蒲区新飯田潟88番地

TEL:0256-78-8120

URL:http://unibio-jp.com

事業内容:バイオテクノロジーに関する研究・開発、関連商品の製造など

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]