健康情報ニュース.com >  自然食品  > 企業 > 「食と農 オーガニックの新時代」シンポジウムを開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月27日

「食と農 オーガニックの新時代」シンポジウムを開催

<ナチュラルハウスの白川社長、「オーガニックプロ接客元年」>

 有機農産物需要喚起事業事務局((株)スペースメディアジャパン内)は26日、シンポジウム「食と農 オーガニックの新時代」を都内で開催した。(株)ナチュラルハウスの白川洋平社長は、今年を「オーガニックプロ接客元年」と位置づけ、店頭でオーガニックの価値を伝えていくと話した。

約100人の関係者が聴講

約100人の関係者が聴講

 白川氏は、「専門店から見た『みんなのためのオーガニック。みんなで創るHAPPY LINK。』オーガニック52週販促と接客」をテーマに講演。オーガニック農産物や加工食品の流通が、専門店から一般店舗やスーパーへと移行している状況を説明し、今年を「オーガニック元年」(大変革の年)と位置づけた。

 消費者はオーガニックを購入する際に、情報を店頭で収集していると分析。また、オーガニックの購入は牛乳や卵から入り、野菜やパン・肉などを経て嗜好品へと広がる傾向(オーガニックステップ)にあると指摘した。同社では、本物のオーガニックの良さを消費者に伝えるとともに、オーガニックステップの流れに乗せていくプロの接客(オーガニックプロ接客)を目指すと述べた。

 また、アレルゲンフリーで有機素材を使用した和菓子を製造販売する「和のかし 巡」の黒岩典子代表は、オーガニック和菓子の消費者ニーズについて講演した。

 ギルトフリー(罪悪感のない)スイーツ、オーガニックスイーツ、ナチュラル志向の3つのトレンドを説明。食物アレルギーを持つ人、妊婦、授乳中の女性、子どもを持つ母親、低糖志向の女性などが対象者になっているとし、オーガニック和菓子の潜在需要について解説した。

(越中 矢住子)

おススメ記事

神奈川県、県西地域活性化で補助事業

 神奈川県は18日、県西地域の事業者を対象に、「県西地域未病資源活用促進補助金」により支援する事業提案の募集(2次)を開始した。補助額は、1事業当たり補助の対象となる経費の3分の1以内。募集期間は6月29日まで(事前相談 […]

2018年05月21日

日清オイリオグループ、中鎖脂肪酸油などの生産能力増強

 日清オイリオグループ(株)(本社:東京都中央区、久野貴久社長、TEL:0120-016-024)は18日、横浜磯子事業場内の化成品工場で、化粧品用エステルと中鎖脂肪酸油(MCT)の生産能力を増強すると発表した。  今後 […]

2018年05月21日

フジ日本精糖、機能性表示食品『イヌリンバランス』を発売

 フジ日本精糖(株)(本社:東京都中央区、舩越義和社長、TEL:03-3667-7811)は6月1日、2種類の機能性を持つ機能性表示食品『イヌリンバランス』(5g×30袋)を発売する。  機能性関与成分はイヌリン。届出表 […]

2018年05月21日

消費者庁、機能性表示食品の届出5件を公表

 消費者庁は18日、機能性表示食品の届出5件を公表した。公表されている届出件数は合計1,371件に上る。  アサヒ飲料(株)は3件の届出が公表された。清涼飲料水『からだ十六茶』『――630』は、難消化性デキストリンと葛の […]

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]