健康情報ニュース.com >  自然食品  > 企業 > 「食と農 オーガニックの新時代」シンポジウムを開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月27日

「食と農 オーガニックの新時代」シンポジウムを開催

<ナチュラルハウスの白川社長、「オーガニックプロ接客元年」>

 有機農産物需要喚起事業事務局((株)スペースメディアジャパン内)は26日、シンポジウム「食と農 オーガニックの新時代」を都内で開催した。(株)ナチュラルハウスの白川洋平社長は、今年を「オーガニックプロ接客元年」と位置づけ、店頭でオーガニックの価値を伝えていくと話した。

約100人の関係者が聴講

約100人の関係者が聴講

 白川氏は、「専門店から見た『みんなのためのオーガニック。みんなで創るHAPPY LINK。』オーガニック52週販促と接客」をテーマに講演。オーガニック農産物や加工食品の流通が、専門店から一般店舗やスーパーへと移行している状況を説明し、今年を「オーガニック元年」(大変革の年)と位置づけた。

 消費者はオーガニックを購入する際に、情報を店頭で収集していると分析。また、オーガニックの購入は牛乳や卵から入り、野菜やパン・肉などを経て嗜好品へと広がる傾向(オーガニックステップ)にあると指摘した。同社では、本物のオーガニックの良さを消費者に伝えるとともに、オーガニックステップの流れに乗せていくプロの接客(オーガニックプロ接客)を目指すと述べた。

 また、アレルゲンフリーで有機素材を使用した和菓子を製造販売する「和のかし 巡」の黒岩典子代表は、オーガニック和菓子の消費者ニーズについて講演した。

 ギルトフリー(罪悪感のない)スイーツ、オーガニックスイーツ、ナチュラル志向の3つのトレンドを説明。食物アレルギーを持つ人、妊婦、授乳中の女性、子どもを持つ母親、低糖志向の女性などが対象者になっているとし、オーガニック和菓子の潜在需要について解説した。

(越中 矢住子)

おススメ記事

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(後)

<安全性の問題は過去の話> 【解説】  遺伝子組み換え表示制度は2001年4月に施行された。食品表示を所管していた農林水産省は1997年に、制度導入に向けて検討会を発足。当時、検討会を傍聴して感じたのは、会合を何度重ねて […]

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(前)

<来年3月めどに結論>  遺伝子組み換え食品の表示制度を見直すため、消費者庁はきょう(26日)、「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」の初会合を開き、検討作業に着手した。来年3月をめどに結論を取りまとめる。  検討会は学 […]

ディーフット、季節限定のスキンケアスプレー発売

 (株)ディーフィット(東京都新宿区、立川真由美代表)は26日、季節限定のスキンケア商品『アウトドアでも優しくお肌を守ってくれるスキンスプレー』を発売する。  ラベンダー油やユーカリ油などの天然製油を配合。蚊や虫が多く出 […]

たかくら新産業、オーガニック素材使用の犬用歯磨き粉を発売

 (株)たかくら新産業(本社:東京都港区、高倉健社長)は25日、オーガニック素材を用いた犬用の歯磨き粉『オーガニック ホワイトニング トゥースペースト ピーチ味』を発売した。  同品はアロエベラの液汁をベースに、オリーブ […]

2017年04月26日

キューサイ、機能性表示食品『ハツラツQ10』を発売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は5月1日、機能性表示食品のサプリメント『ハツラツQ10』(460mg×30粒)を発売する。  関与成分は還元型コエンザイムQ10。「 […]