健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 【検証】八幡物産『北の国から届いたブルーベリー』届出撤回の顛末(7)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月26日

【検証】八幡物産『北の国から届いたブルーベリー』届出撤回の顛末(7)

 日本アントシアニン研究会(矢澤一良会長)は「公共性」について、さらに以下のように続けている。

 食品事業者から自主的に安全性・機能性に関する情報を開示させ、事業者の責任において健康の維持および増進に役立つことを表示させ、消費者に十分な判断材料を与えるという機能性表示食品制度の趣旨に鑑みれば、消費者庁のホームページで公開されている機能性表示食品の届出情報について専門的な知見を有する債務者(日本アントシアニン研究会)らが情報発信を行い、とくに批判的な検討や問題提起を行うことは、消費者に対し、機能性表示食品制度を利用する事業者である債権者が消費者の誤解を招かないように科学的な表示内容に関する責任を果たしているかどうかの判断材料を与えるものであるから、本件において債権者が問題にしている表現行為は、明らかに公共の利害に関するものと言える。

 以上のとおり、債務者(日本アントシアニン研究会)らの表現行為は明らかに、公共の利害に関する事実についてのものである。

 また、公益性については次のように述べ、その正当性を主張している。

 債務者らは、アントシアニンの安全性、機能性について専門的な知見を有する専門家ないし学術団体として、機能性表示食品制度の趣旨に則り、本件健康食品を摂取するかどうかについての判断材料を消費者に与えるために表現行為を行おうとしているものであるから、公共の利益を図る目的が存在することは明らかであり、これを完全に否定せしめる事情も存在しない。

 さらに、債務者は債権者のやり取りを公開しようとしているだけであるから、真実性、論評としての相当性は明らかに認められる、と真実性および相当性について反論している。

 そして債権者の損害について、機能性表示食品制度の趣旨に則れば「同制度は消費者庁のホームページで公開されている機能性食品の届出情報についての情報発信、とくに批判的な検討や問題提起が非常に重要な意味を有している」とし、「本件健康食品やその他の債権者の商品の売れ行きに悪影響が出ようとも、それは新制度の予定するところで、考慮に値しない」と主張し、仮処分命令申し立ての却下を求めている。

(つづく)

【田代 宏】

おススメ記事

テモナ、リピート通販システムで新サービス発売

 リピート通販支援サービスを提供するテモナ(株)(本社:東京都渋谷区、佐川隼人社長、TEL:03-6635-6452)は21日、同社が提供するリピート通販システム『たまごリピート』の新たなオプションサービスとして、チャッ […]

農水省、「スマイルケア食」の紹介動画を公開

 農林水産省は20日、「スマイルケア食」の普及促進と消費者の理解を深める目的で、紹介動画を公開した。  公開場所は同省公式YouTubeアカウント「maffchannel」。動画は(公財)食品流通構造改善促進機構からもダ […]

フルッタフルッタ、『アサイービューティ』をリニューアル

 (株)フルッタフルッタ(本社:東京都千代田区、長澤誠社長、TEL:0120-265-726)は3月6日、アサイー飲料『アサイービューティ』をリニューアル発売する。女性に人気のフルーティーな甘酸っぱさはそのままに、ライチ […]

2018年02月21日

京都地裁、旧「茶のしずく石鹸」集団訴訟で初の判決

 2012年に『茶のしずく石鹸』の旧製品をめぐって起きた被害者による集団訴訟で、京都地裁は製造元の(株)フェニックス(奈良県御所市)に対し、損害賠償約920万円の支払いを命じた。同訴訟で判決が出たのは全国で初めて。  原 […]

2018年02月21日

らでぃっしゅぼーや、機能性表示食品の野菜飲料を発売

 らでぃっしゅぼーや(株)(本社:東京都新宿区、国枝俊成社長)はこのほど、機能性表示食品の野菜飲料『みなんの健康を考えた野菜たち』を発売した。  難消化性デキストリンを配合。食事の脂肪の吸収を抑える機能や、お腹の調子を整 […]