健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品制度はリフレのモノサシ(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月13日

機能性表示食品制度はリフレのモノサシ(4)

(株)リフレ 代表取締役 勝田 徹 氏

 

勝田徹社長

勝田徹社長

<広告のあり方を再考する年に>

 ――顧客の反応はどうか。

 勝田 シンプルにヘルスクレームがわかりやすいことについては、お客様に喜んでいただいているようだが、正直、機能性表示食品がどういうものか、詳しく理解しているお客様は少ないと感じている。ただ、質問は増えているので、機能性表示食品同士が比較される時代がすぐに訪れるのではないか。

 ――今年の課題は。

 勝田 「いわゆる健康食品」の広告の取り扱いについて、どのように市場が変わって行くかを注視しなくてはならない。広告のあり方について再考する時期だと思っている。聞くところによれば、昨夏あたりから行政の監視が厳しくなり、さまざまな指摘が増えたという。とくにネット広告では、改善指導などが厳しくなっているようなので、我々も広告の取り扱いについては、今まで以上に注意が必要だと身に沁みて感じているところだ。

 機能性表示食品は、昨年12月に開かれた規制改革推進会議のワーキンググループ(WG)で行われた議論を受け、届出から受理までの迅速化が進むのではないかと感じた。ただし、「関与成分が明らかでない食品」については、ガイドラインの整理に時間がかかるのではないか。

 健康食品が30年~50年の長いスパンでどう変わって行くのかはわからないが、大きなテーマとして国民の健康を考えると、「自己の健康管理」を日本の文化としてどう発展・定着させて行くかが大事だと思う。そのためには、一般にも、健康や食品の知識の浸透が必要だ。消費者目線で消費者の啓発を行っている、と消費者庁は言うが、消費者の知識レベルを上げるための施策はまだ何もできていない。消費者団体も「消費者を守る」と言いながら、消費者を強くするための手は打てていない。

 ――展望はどうか。 

 勝田 私が理想的だと思うのは、健康のためにはどんな栄養が必要なのか、今何を食べなければならないのか、という基本が小さいうちから学校の教育現場で学ばれ、後にそれを自立的・発展的に考える習慣が身に付くことだ。そうなれば、消費者は医者や薬に頼る前に、自分を守ることが自然とできるようになると思うし、食品を選ぶ目も厳しくなるはず。

 一方、業者は消費者に選ばれるために、より深い研究、安全性の追求を行う。相互の成熟こそが、健全な市場の醸成や医療費負担の軽減、活力ある高齢化社会の実現につながると思っている。そこに貢献できるような企業になりたい。

 ――ありがとうございました。

(了)

【聞き手・文:田代 宏】

おススメ記事

サプライ、チューブ入り飲料を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは20日、(株)サプライ(福岡県北九州市)がチューブ入り清涼飲料水『サプライフルーツミックス』、『サプライクリームソーダ』の自主回収をこのほど開始したとする情報を掲載した。製品の1部にこげが […]

2017年07月21日

【8/19】消費者問題シンポジウムin新潟

 消費者委員会は8月19日、公開シンポジウム「これからの消費者教育を考えよう」を新潟東映ホテル(新潟市中央区)で開催する。定員は100人程度、参加費は無料。  基調講演「消費者委員会の活動と消費者教育」(消費者委員会の河 […]

2017年07月21日

伊藤園、「栄養の日・栄養週間」に参画

 (株)伊藤園(本社:東京都渋谷区、本庄大介社長)は20日、(公社)日本栄養士会が制定した「栄養の日」「栄養週間」に参画し、『1日分の野菜』で国民の栄養を楽しむ生活を応援すると発表した。  全国の約540施設で働く管理栄 […]

『I.Bヘルスケア46号』を発刊

 (株)データ・マックスはヘルスケア分野の専門誌『I.Bヘルスケア46号』(月刊・A4)を発刊する。  特別企画「アジア産素材」は、健康食品の主原料として利用されるケースが増えたアジア産素材の動向を報告。供給量が拡大中の […]

永谷園、グルコサミン入り即席みそ汁をリニューアル

 (株)永谷園(本社:東京都港区、飯塚弦二朗社長、TEL:0120-919-454)は今月下旬から、グルコサミンを配合した即席みそ汁『かにのちからみそ汁』をリニューアル発売する。焼きがにのうま味を加え、パッケージも刷新し […]