健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品制度はリフレのモノサシ(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月13日

機能性表示食品制度はリフレのモノサシ(4)

(株)リフレ 代表取締役 勝田 徹 氏

 

勝田徹社長

勝田徹社長

<広告のあり方を再考する年に>

 ――顧客の反応はどうか。

 勝田 シンプルにヘルスクレームがわかりやすいことについては、お客様に喜んでいただいているようだが、正直、機能性表示食品がどういうものか、詳しく理解しているお客様は少ないと感じている。ただ、質問は増えているので、機能性表示食品同士が比較される時代がすぐに訪れるのではないか。

 ――今年の課題は。

 勝田 「いわゆる健康食品」の広告の取り扱いについて、どのように市場が変わって行くかを注視しなくてはならない。広告のあり方について再考する時期だと思っている。聞くところによれば、昨夏あたりから行政の監視が厳しくなり、さまざまな指摘が増えたという。とくにネット広告では、改善指導などが厳しくなっているようなので、我々も広告の取り扱いについては、今まで以上に注意が必要だと身に沁みて感じているところだ。

 機能性表示食品は、昨年12月に開かれた規制改革推進会議のワーキンググループ(WG)で行われた議論を受け、届出から受理までの迅速化が進むのではないかと感じた。ただし、「関与成分が明らかでない食品」については、ガイドラインの整理に時間がかかるのではないか。

 健康食品が30年~50年の長いスパンでどう変わって行くのかはわからないが、大きなテーマとして国民の健康を考えると、「自己の健康管理」を日本の文化としてどう発展・定着させて行くかが大事だと思う。そのためには、一般にも、健康や食品の知識の浸透が必要だ。消費者目線で消費者の啓発を行っている、と消費者庁は言うが、消費者の知識レベルを上げるための施策はまだ何もできていない。消費者団体も「消費者を守る」と言いながら、消費者を強くするための手は打てていない。

 ――展望はどうか。 

 勝田 私が理想的だと思うのは、健康のためにはどんな栄養が必要なのか、今何を食べなければならないのか、という基本が小さいうちから学校の教育現場で学ばれ、後にそれを自立的・発展的に考える習慣が身に付くことだ。そうなれば、消費者は医者や薬に頼る前に、自分を守ることが自然とできるようになると思うし、食品を選ぶ目も厳しくなるはず。

 一方、業者は消費者に選ばれるために、より深い研究、安全性の追求を行う。相互の成熟こそが、健全な市場の醸成や医療費負担の軽減、活力ある高齢化社会の実現につながると思っている。そこに貢献できるような企業になりたい。

 ――ありがとうございました。

(了)

【聞き手・文:田代 宏】

おススメ記事

メディカル一光、子会社を合併

 調剤薬局や医薬品卸、介護業などを展開する(株)メディカル一光(本社:三重県津市、南野利久社長)は21日、連結子会社の(株)ヘルスケア一光と(株)ハピネライフケアを合併すると発表した。 合併期日は9月1日としている。   […]

2017年06月22日

キティー、粉末形状のビフィズス菌原料の提案開始

 (株)キティー(本社:東京都新宿区、朝木宏之社長、TEL:03-6457-7990)のバイオ事業部はこのほど、粉末形状の食品原料『ビフィスリム菌KMH001』の提案を開始した。  これはヒト由来のビフィズス菌(Bifi […]

ツルハHD、5月期は大幅増益に

 (株)ツルハホールディングス(本社:北海道札幌市、堀川政司社長)は20日、2017年5月期決算を発表した。売上高は前年比9.4%増の5,770億8,800万円、営業利益は同18.3%増の370億7,100万円、経常利益 […]

2017年06月22日

サプリメントで「タウリン」の広告はNG

 (公社)日本広告審査機構(JARO)はこのほど、最近の審査トピックスとして「タウリンを含むサプリメントの扱いは?」を取り上げた。  タウリンは「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)」のリストに記載されているため […]

愛知県、健康食品「お試し」のトラブル増加

 愛知県はこのほど、2016年度に県内の消費生活センターに寄せられた消費生活相談件数が前年比4.3%減の4万3,101件に上ったと発表した。商品別に見ると、健康食品に関する相談は1,365件で、同47.1%増となった。 […]