健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 都HPに機能性表示食品の広告自主基準、懸念される誤認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月12日

都HPに機能性表示食品の広告自主基準、懸念される誤認

 東京都が運営するサイト「健康食品ナビ」に昨年12月、(一社)健康食品産業協議会と(公社)日本通信販売協会が作成した「『機能性表示食品』適正広告自主基準」が掲載された。これを受けて、一部の業界団体は会員企業向けメールで、「東京都HP(健康食品ナビ)に『機能性表示食品適正広告自主基準』の資料が掲載されました」とアピールしている。

 昨年12月8日に都内で開催された「健康食品取扱事業者講習会」に業界団体が招かれ、「機能性表示食品」適正広告自主基準に関する説明が行われた。この結果、都のホームページ上にも掲載されることになった。

 しかし、同自主基準をめぐり、消費者庁をはじめ、研究者や消費者団体などの各方面からクレームが出ている。同自主基準では、研究レビューによって機能性を評価した場合、採択論文のうちの1報のグラフなどを広告に使用できる旨を記載。これに対して、「トータリティ・オブ・エビデンス」の基本的な考え方を軽視しているとの批判が強まっていた。

 では、都は同自主基準を“適正”と認めているのだろうか。取材で都は、「企画した東京都健康安全研究センターから、自主基準の紹介が目的であり、都としてこれを推進するというものではなかったと確認している。都としては、表示が届出の範囲内かどうかを監視することが重要」(食品監視課)と話している。

 講習会を企画した東京都健康安全研究センターにも聞いた。担当者は「自主基準を作成して会員に向けて知らせるのは素晴らしいこと。だが、個々の基準が妥当かどうかを指導する立場ではない」(企画調整部健康危機管理情報課)と説明。さらに、「作成したら(将来的にも)そのままというわけではなく、多方面の意見を踏まえて、良い方向に直して行くものなので、この自主基準もそうすべきところがあれば、そういう方向にする(見直す)とよい」(同)としている。

 都のホームページは、健康食品事業者が広告・表示を考える際に重要な参考資料となる。今後、ホームページを閲覧した事業者が、同自主基準が適正であると誤認する可能性も出てきそうだ。

【木村 祐作】

おススメ記事

昨年度のネット監視、健康食品表示で336業者に改善要請~消費者庁

 消費者庁はきょう(28日)、2016年度に実施したインターネット上の健康食品表示の監視により、合計336事業者に対して表示の改善を要請したと発表した。ショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化を要請した。   […]

高橋貞光の通販講座第3弾、大阪で開催

 (株)データ・マックスはきょう(28日)、通信販売事業者を対象としたセミナー「成功する通信販売のつくり方」を大阪市内で開催した。通販企業や通販事業の立ち上げ、事業の刷新を考えている川上の事業者などが参加した。  講師を […]

日新製糖、ガラクトオリゴ糖配合商品を発売

 日新製糖(株)(本社:東京都中央区、樋口洋一社長)はこのほど、ガラクトオリゴ糖を主成分とする食品用糖質「カップオリゴ」を配合した液体タイプの『カップオリゴ(500g)』、打錠タイプの『ガラクトオリゴ糖錠剤(270粒)』 […]

ドーム、ホエイプロテインの新商品を発売

 (株)ドーム(本社:東京都江東区、安田秀一代表社長、TEL:0120-106-786)は5月9日、スポーツサプリメントブランドDNSから個包装タイプの『ホエイプロテインSP シングルパック』を発売する。  『――シング […]

カワチ薬品、17年3月期 前期比77%増の大幅増益に

 (株)カワチ薬品(本社:栃木県小山市、河内伸二社長)はこのほど、2017年3月期業績を発表した。売上高は前年比2.2%増の2,664億2,300万円、営業利益は同22.9%増の57億2,300万円、経常利益は同20.2 […]