健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 都HPに機能性表示食品の広告自主基準、懸念される誤認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月12日

都HPに機能性表示食品の広告自主基準、懸念される誤認

 東京都が運営するサイト「健康食品ナビ」に昨年12月、(一社)健康食品産業協議会と(公社)日本通信販売協会が作成した「『機能性表示食品』適正広告自主基準」が掲載された。これを受けて、一部の業界団体は会員企業向けメールで、「東京都HP(健康食品ナビ)に『機能性表示食品適正広告自主基準』の資料が掲載されました」とアピールしている。

 昨年12月8日に都内で開催された「健康食品取扱事業者講習会」に業界団体が招かれ、「機能性表示食品」適正広告自主基準に関する説明が行われた。この結果、都のホームページ上にも掲載されることになった。

 しかし、同自主基準をめぐり、消費者庁をはじめ、研究者や消費者団体などの各方面からクレームが出ている。同自主基準では、研究レビューによって機能性を評価した場合、採択論文のうちの1報のグラフなどを広告に使用できる旨を記載。これに対して、「トータリティ・オブ・エビデンス」の基本的な考え方を軽視しているとの批判が強まっていた。

 では、都は同自主基準を“適正”と認めているのだろうか。取材で都は、「企画した東京都健康安全研究センターから、自主基準の紹介が目的であり、都としてこれを推進するというものではなかったと確認している。都としては、表示が届出の範囲内かどうかを監視することが重要」(食品監視課)と話している。

 講習会を企画した東京都健康安全研究センターにも聞いた。担当者は「自主基準を作成して会員に向けて知らせるのは素晴らしいこと。だが、個々の基準が妥当かどうかを指導する立場ではない」(企画調整部健康危機管理情報課)と説明。さらに、「作成したら(将来的にも)そのままというわけではなく、多方面の意見を踏まえて、良い方向に直して行くものなので、この自主基準もそうすべきところがあれば、そういう方向にする(見直す)とよい」(同)としている。

 都のホームページは、健康食品事業者が広告・表示を考える際に重要な参考資料となる。今後、ホームページを閲覧した事業者が、同自主基準が適正であると誤認する可能性も出てきそうだ。

【木村 祐作】

おススメ記事

2017年09月22日

ライオン、機能性表示食品『歩むチカラ』を発売

 ライオン(株)(本社:東京都区、濱逸夫社長、TEL:0120-056-208)は26日、機能性表示食品の粉末清涼飲料『歩むチカラ レモン味』『――アップル味』『――フルーツヨーグルト味』(5.5g×30本)を発売する。 […]

公取、カネスエ商事とワイストアに不当廉売で警告

 キャベツなどの価格を不当に引き下げて販売したとして、公正取引委員会は21日、食品スーパーを経営する(株)カネスエ商事(愛知県日進市、牛田喜博代表)と(株)ワイストア(愛知県津島市、伊藤彰浩代表)に対し、不当廉売を行わな […]

2017年09月22日

日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門、2社5商品が金賞

 (一社)日本雑穀協会(東京都中央区)は21日、日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門<2017・秋>の金賞受賞企業と商品を発表した。金賞を受賞したのは2社5商品。同協会は28日午後2時から、製粉会館(東京都中央 […]

糖尿病が強く疑わる人、過去最多の1,000万人に

<高齢女性の「低栄養」も増加傾向>  「糖尿病が強く疑われる者」が全国で過去最多の約1,000万人に上ることが21日、厚生労働省の調査結果からわかった。  2016年国民健康・栄養調査の結果によると、「糖尿病が強く疑われ […]

2017年09月22日

機能性表示食品で新たに届出2件を公表

 消費者庁は21日、機能性表示食品で新たに2件の届出を公表した。公表されている届出件数は合計1,097件となった。  (株)ビオメディクスのサプリメント『ビフィミン』は、ビフィズス菌BB536を含有し、「腸内環境を良好に […]