健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 都HPに機能性表示食品の広告自主基準、懸念される誤認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月12日

都HPに機能性表示食品の広告自主基準、懸念される誤認

 東京都が運営するサイト「健康食品ナビ」に昨年12月、(一社)健康食品産業協議会と(公社)日本通信販売協会が作成した「『機能性表示食品』適正広告自主基準」が掲載された。これを受けて、一部の業界団体は会員企業向けメールで、「東京都HP(健康食品ナビ)に『機能性表示食品適正広告自主基準』の資料が掲載されました」とアピールしている。

 昨年12月8日に都内で開催された「健康食品取扱事業者講習会」に業界団体が招かれ、「機能性表示食品」適正広告自主基準に関する説明が行われた。この結果、都のホームページ上にも掲載されることになった。

 しかし、同自主基準をめぐり、消費者庁をはじめ、研究者や消費者団体などの各方面からクレームが出ている。同自主基準では、研究レビューによって機能性を評価した場合、採択論文のうちの1報のグラフなどを広告に使用できる旨を記載。これに対して、「トータリティ・オブ・エビデンス」の基本的な考え方を軽視しているとの批判が強まっていた。

 では、都は同自主基準を“適正”と認めているのだろうか。取材で都は、「企画した東京都健康安全研究センターから、自主基準の紹介が目的であり、都としてこれを推進するというものではなかったと確認している。都としては、表示が届出の範囲内かどうかを監視することが重要」(食品監視課)と話している。

 講習会を企画した東京都健康安全研究センターにも聞いた。担当者は「自主基準を作成して会員に向けて知らせるのは素晴らしいこと。だが、個々の基準が妥当かどうかを指導する立場ではない」(企画調整部健康危機管理情報課)と説明。さらに、「作成したら(将来的にも)そのままというわけではなく、多方面の意見を踏まえて、良い方向に直して行くものなので、この自主基準もそうすべきところがあれば、そういう方向にする(見直す)とよい」(同)としている。

 都のホームページは、健康食品事業者が広告・表示を考える際に重要な参考資料となる。今後、ホームページを閲覧した事業者が、同自主基準が適正であると誤認する可能性も出てきそうだ。

【木村 祐作】

おススメ記事

厚労省、2020年版食事摂取基準の検討開始

<高齢者の低栄養・フレイル予防など課題に>  2020年度から使用する食事摂取基準を策定するため、厚生労働省の「『日本人の食事摂取基準』策定検討会」は20日、初会合を開き、検討に着手した。来年3月までに報告書を取りまとめ […]

山形県、健康づくりステーション創設支援事業を開始

 山形県はこのほど、やまがた健康づくりステーション創設支援事業の企画提案の募集を開始した。採択件数は広域集客型が2件(補助金額:最高265万円)、地域密着型が10件(同:最高20万円)。5月23日に締め切る。  広域集客 […]

2018年04月20日

【5/9】バイオバンク活用の補助制度説明会

 (公財)北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)と札幌市は5月9日、「バイオバンク活用のための補助制度説明会」をTKP札幌駅カンファレンスセンター(札幌市北区)で開催する。  ノーステック財団と札幌市は、北海 […]

ファミリーマート、全粒粉サンドを発売

  (株)ファミリーマート(本社:東京都豊島区、澤田貴司社長)は24日、超微細粉末の全粒粉を使用した食パンのサンドイッチ『全粒粉サンド 野菜ミックス』と『――半熟たまごとサラダチキン』を全国のファミリーマート、サークルK […]

新・大手食品営業マンの告白~カバちゃん伝説(3)

山笠太郎 <カバちゃん一世一代の危機>  ゲス6人組は、大手食品メーカーの本部長クラスのお歴々と、日本でも有数な食品卸・△△商事の「泣く子も黙る」土井本部長だった。幸いにも、そこに小生はいなかった。カバちゃんのお供をして […]