健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品制度はリフレのモノサシ(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月10日

機能性表示食品制度はリフレのモノサシ(1)

(株)リフレ 代表取締役 勝田 徹 氏

勝田徹社長

勝田徹社長

 同社は年商1,000億円超、社員4,000人を抱える総合通販ベルーナグループの完全子会社。健康食品に特化した通信販売を展開している。機能性表示食品制度では、早くも7品目が受理されており、『ブルーベリー&ルテイン』は好調な売れ行きを示している。同社の勝田徹社長に話を聞いた。

 

<昨年から体質改善に取り組む> 

 ――2016年を振り返ってどうだったか。

 勝田 ここ数年は無理をして、レスポンスが落ちているのに何とか売上を作っていくことにこだわっていたため、毎年、売上は維持しながらも利益が減っていくような状態が続いていた。そこで体質改善に取りかかった。

 ――具体的には。

 勝田 これまでは、継続率が低くてもレスポンスの高い商品を優先して広告費を投入してきたが、昨年からは継続率が高く、かつ自信のある商品をじっくりと育てていく戦略にシフトした。

 ――結果は?

 勝田 広告効率自体は元々そんなに良いわけではないが、残存率や解約率については改善していることから、継続率が上がっている。

 ――具体的には?

 勝田 予測だが、解約率が改善したことから、1年後の残存率は10%ほど上がるだろう。定着率は商品によって異なるが、『ブルーベリー&ルテイン』や黒酢系商品群など、低単価の商品の定着率が伸びている。

 効果効能を過度に期待するのではなく、健康に良いというイメージが定着したいわゆるお守り型商品だ。もっとも、『ブルーベリー&ルテイン』については、機能性表示食品として受理されたことで、お客様の信頼性が上がったという側面もあり、結果として残存率が上がっていると言える。

 

<売上5%・新規獲得率1.5倍超に>

 ――機能性表示食品の受理商品が7品目に達した。

 勝田 『ブルーベリー&ルテイン』をはじめ、『リフレのぐっすりずむ』、『はじめのグルコサミン』、『リフレのグルコサミンプレミアム』、『くっきりルテイン』、『骨丈夫に役立つイソフラボン』、『リフレのDHA&EPA』の7商品だが、「中小のくせにそんなに受理されたの?」と驚かれている(笑)。

 ――機能性表示食品にリニューアル後、売上は伸びたか。

 勝田 全体を母数として5~6%ほど伸びた。新規獲得率は1.5~2倍くらい上がっている。ただし、比較的単価が安いので売上にはあまり貢献していない。90%以上が定期顧客なので、新規を増やしたところで他社のように伸び率が5倍になるなどということはない。

(つづく)

【聞き手・文:田代 宏】

おススメ記事

2018年02月23日

ファンケル、コラーゲンサプリ発表会を開催

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は23日、新商品のサプリメント「ディープチャージ コラーゲン」シリーズ4品(3月20日発売)のプレス発表会を都内ホテルで開催した。  ゲストに招かれた銀座ケイスキンクリ […]

米国FDA、クラトン含有製品の使用禁止を勧告

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は22日、米国食品医薬品局(FDA)がクラトン(アヘンボク)を含む全ての製品について、使用しないように勧告したと発表した。  クラトンを含む製品との関連が疑われる健康被害事例が多数報告 […]

トロナジャパン、糖質40%カットの冷凍ピザ発売

 (株)トロナジャパン(本社:東京都港区、名田陽一社長、TEL:0120-941-035)は3月1日、ピザ生地の糖質を40%カットした冷凍ピザ『ピザ生地糖質40%OFF イベリコ豚ベーコンのピッツァ』を発売する。  使用 […]

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]