健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > ケミンの人を育てる届出支援(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月08日

ケミンの人を育てる届出支援(後)

ケミン・ジャパン(株)代表取締役 橋本 正史 氏

 

橋本正史代表

橋本正史代表

 ――事業者の考え方にも変化が?

 橋本 変わっている。届出業務を完全に丸投げされてもこちらが困る。我々のスタンスとしては、お手伝いはさせてもらうが、最終的には届出者がすべて対応しなければならない。だから、論文もきちんと読んで下さいと言わざるを得ないケースもある。事業者によって違いはあるが、それでも最近はほとんどそういうケースがなくなった。事業者の方もかなり勉強している。半年か1年経てば、すごくいい感じになるのではないかと思う。

 ――相手が大手だからでは?

 橋本 必ずしも大手とは限らない。中小企業の知識も向上している。

 

<届出専属の担当者が必要>

 ――どの企業でも届出専属の担当者が付いているのか。

 橋本 専属でなければやりにくいだろう。我々のような原料会社とか、届出支援のコンサルタント会社に丸投げしているような会社だと、引き続き苦労することになる。最終的に表示ができるようになったとしても、それから先が大変だ。例えば、「この商品のルテインに関する表示にはこのような意味がある」ということを、社員なり販社なり、またはコールセンターなりに教育していかなければならないのだから。それがまったくできていない会社は苦労するし、できているところは今も売上を伸ばしている。これからは、できている会社とそうでない会社の住み分けができるのではないか。

 ――人を育て、共に育つという考えは大事なこと。

 橋本 弊社は昨年、20周年の記念行事として薬剤師を対象に積極的にアプローチした。薬理関係の学会などで集中的に講演を実施した際に、関心の高さを感じた。そのような試みを継続的に行って理解を深めなければ、この制度は長続きしないのではないか。

 ――新たな展開は?

 橋本 現在、ルテイン以外の成分を使用した届出も準備している。かなりの時間をかけてじっくりと進めているところだ。

 ――関与成分検討会の報告書が公表された。改正ガイドラインに対する対策は?

 橋本 とくに対策は取っていない。これまでどおりの姿勢を続けていくつもりだ。

 ――販売実績は?

 橋本 昨年は国内で1割、アジアパシフィック全体で見たら約3割ほど伸びている。今後も台湾やオーストラリアに積極的にアプローチしていくつもりだ。

 ――ありがとうございました。

(了)

(聞き手・文:田代 宏)

おススメ記事

2017年11月22日

健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(1)

 健康食品の業界紙が“無法地帯”と化している。主要な業界紙の企業広告には、「ガン予防」「血流改善」「抗アレルギー」などの宣伝文句が躍る。違法広告のオンパレードだ。業界の健全化を啓蒙する立場にある業界紙自らがこの様である。 […]

2017年11月22日

消費者庁長官、「厚労省と協議する仕組みづくりに対応」

 消費者庁の岡村和美長官は22日の定例記者会見で、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に、食薬区分の運用を弾力化する方針が固まったことを受けて、厚生労働省と協議する仕組みを整備する考えを示した。  岡村長官は「消費者庁と […]

2017年11月22日

【12/5】奇跡の森研究所、うなぎの卵を商品化

 (株)伊藤沖縄奇跡の森研究所(本社:沖縄県大宜味村、伊藤周治社長)は12月5日、うなぎの完全養殖とうなぎの卵のサプリメント化について都内で記者発表会を開催する。  同社は50年余りの研究の末、天然ウナギと同寸法の卵の産 […]

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]