健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > ケミンの人を育てる届出支援(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月08日

ケミンの人を育てる届出支援(後)

ケミン・ジャパン(株)代表取締役 橋本 正史 氏

 

橋本正史代表

橋本正史代表

 ――事業者の考え方にも変化が?

 橋本 変わっている。届出業務を完全に丸投げされてもこちらが困る。我々のスタンスとしては、お手伝いはさせてもらうが、最終的には届出者がすべて対応しなければならない。だから、論文もきちんと読んで下さいと言わざるを得ないケースもある。事業者によって違いはあるが、それでも最近はほとんどそういうケースがなくなった。事業者の方もかなり勉強している。半年か1年経てば、すごくいい感じになるのではないかと思う。

 ――相手が大手だからでは?

 橋本 必ずしも大手とは限らない。中小企業の知識も向上している。

 

<届出専属の担当者が必要>

 ――どの企業でも届出専属の担当者が付いているのか。

 橋本 専属でなければやりにくいだろう。我々のような原料会社とか、届出支援のコンサルタント会社に丸投げしているような会社だと、引き続き苦労することになる。最終的に表示ができるようになったとしても、それから先が大変だ。例えば、「この商品のルテインに関する表示にはこのような意味がある」ということを、社員なり販社なり、またはコールセンターなりに教育していかなければならないのだから。それがまったくできていない会社は苦労するし、できているところは今も売上を伸ばしている。これからは、できている会社とそうでない会社の住み分けができるのではないか。

 ――人を育て、共に育つという考えは大事なこと。

 橋本 弊社は昨年、20周年の記念行事として薬剤師を対象に積極的にアプローチした。薬理関係の学会などで集中的に講演を実施した際に、関心の高さを感じた。そのような試みを継続的に行って理解を深めなければ、この制度は長続きしないのではないか。

 ――新たな展開は?

 橋本 現在、ルテイン以外の成分を使用した届出も準備している。かなりの時間をかけてじっくりと進めているところだ。

 ――関与成分検討会の報告書が公表された。改正ガイドラインに対する対策は?

 橋本 とくに対策は取っていない。これまでどおりの姿勢を続けていくつもりだ。

 ――販売実績は?

 橋本 昨年は国内で1割、アジアパシフィック全体で見たら約3割ほど伸びている。今後も台湾やオーストラリアに積極的にアプローチしていくつもりだ。

 ――ありがとうございました。

(了)

(聞き手・文:田代 宏)

おススメ記事

テモナ、リピート通販システムで新サービス発売

 リピート通販支援サービスを提供するテモナ(株)(本社:東京都渋谷区、佐川隼人社長、TEL:03-6635-6452)は21日、同社が提供するリピート通販システム『たまごリピート』の新たなオプションサービスとして、チャッ […]

農水省、「スマイルケア食」の紹介動画を公開

 農林水産省は20日、「スマイルケア食」の普及促進と消費者の理解を深める目的で、紹介動画を公開した。  公開場所は同省公式YouTubeアカウント「maffchannel」。動画は(公財)食品流通構造改善促進機構からもダ […]

フルッタフルッタ、『アサイービューティ』をリニューアル

 (株)フルッタフルッタ(本社:東京都千代田区、長澤誠社長、TEL:0120-265-726)は3月6日、アサイー飲料『アサイービューティ』をリニューアル発売する。女性に人気のフルーティーな甘酸っぱさはそのままに、ライチ […]

2018年02月21日

京都地裁、旧「茶のしずく石鹸」集団訴訟で初の判決

 2012年に『茶のしずく石鹸』の旧製品をめぐって起きた被害者による集団訴訟で、京都地裁は製造元の(株)フェニックス(奈良県御所市)に対し、損害賠償約920万円の支払いを命じた。同訴訟で判決が出たのは全国で初めて。  原 […]

2018年02月21日

らでぃっしゅぼーや、機能性表示食品の野菜飲料を発売

 らでぃっしゅぼーや(株)(本社:東京都新宿区、国枝俊成社長)はこのほど、機能性表示食品の野菜飲料『みなんの健康を考えた野菜たち』を発売した。  難消化性デキストリンを配合。食事の脂肪の吸収を抑える機能や、お腹の調子を整 […]