健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 食品CROの機能性表示食品対応を探る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月21日

食品CROの機能性表示食品対応を探る

 機能性表示食品制度のスタートで動きが活発化しているのが、食品の受託分析や試験を行う食品CRO機関(CRO)や分析機関だ。今CROにどのような動きが起きているのか、そしてその背景にある健康食品企業の動向と今後の課題について、有力CRO企業などへの取材を通して探った。

 (株)データ・マックスでは、新制度に対応する食品CRO3社を招き、新制度の届出情報や健康食品企業が陥りやすい問題点、業界の課題などをテーマに座談会を開いた。参加したのは、(株)TTC代表取締役社長・山本哲郎氏、(株)TESホールディングス再生医療・臨床研究統括営業部部長・田村俊史康氏、(株)総合医科学研究所代表取締役社長・杉野友啓氏。

 3社ともに新制度は、消費者庁のホームページに情報が公開されていることから、誰でも閲覧できる透明性のある制度と評価。新制度に向けた臨床試験が活発化していると話す。とくに決裁権を持つ企業のトップが新制度の仕組みを理解している場合、トクホ申請試験でみられた従来のボトムアップ形式の決済とは異なり、トップダウン決済により短期間で試験のスタートが決定する傾向にあるとしている。こうした動きは、大手企業のほか、新規のクライアントでも出ているという。

 また、開示された情報に対し、消費者団体などから疑義が提出されているが、その対策について各企業やCROがどう取り組むべきかで意見交換した。

 有力CROの取材では、「トクホ申請の試験数も安定しているが、これに新制度のための臨床試験が加わることで仕事量が増加している」((株)ケイ・エス・オー)といった声が聞かれる。このほか研究レビューを行うCROや機関、前試験を行う試験機関、食品分析機関でも、新制度に対応する仕事が増加している。

※詳細はI.Bヘルスケア26号(7月31日発刊)に掲載

 

 

おススメ記事

2017年10月20日

ヤクルト本社、『リベシィ』がパッケージコンテストで受賞

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は20日、基礎化粧品シリーズ『リベシィ』が、日本包装技術協会主催の「2017日本パッケージングコンテスト」で化粧品包装部門賞を受賞したと発表した。  同シリーズは、加 […]

2017年10月20日

インフォームドチョイス、日本新薬が認証取得

 (有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子社長)は20日、日本新薬(株)(京都市南区)がサプリメントのアンチ・ドーピング認証である「インフォームドチョイス認証」を取得したと発表した。  認証された『W […]

2017年10月20日

協和、「葛の花」機能性表示食品の広告で謝罪

 (株)協和(本社:東京都新宿区、堀内泰司代表)は20日、機能性表示食品のサプリメントを摂取するだけで痩身効果が得られると誤認させるような表示を行っていたとして、全国紙に謝罪広告を掲載した。  同社は、葛の花由来イソフラ […]

東京都の物産展で「賞味期限切れ」の甘酒を販売

 東京都と全国地方新聞社連合会が共同で開催している「都庁展望室 日本全国物産展」で販売した『酒蔵仕込みのあま酒』(製造元:下関酒造(株))の一部に、賞味期限切れの商品が含まれていたことを受けて、都庁展望室日本全国物産展事 […]

豪州、健康食品から発がん性成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は19日、オーストラリアTGAが発がん性の恐れがある成分を含む健康食品について注意喚起を行ったと発表した。  健康食品『Jimpness Beauty Fat Loss capsule […]