健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 食品表示部会で新制度を議論(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月26日

食品表示部会で新制度を議論(後)

<役割を果たせなかった食品表示部会>
【解説】

 26日に開催された消費者委員会・食品表示部会は、本題から脱線した意見が多く、本質的な議論は極めて乏しかった。会議の冒頭、阿久澤良造部会長(日本獣医生命科学大学応用生命科学部長)から、消費者委員会・本会議が制度設計について議論し、食品表示部会が基準案について議論するという主旨の説明があった。それにも関わらず、多数の委員から制度全体に関する不満や意見が相次いだ。
 今回、食品表示部会に与えられたミッションは、新制度の食品表示基準案が適切かどうかを議論することだった。そのテーマについて議論を深めることができず、食品表示部会としての役割を果たせなかったと言える。

 新・機能性表示制度の方向性は閣議で決定された。その骨組みは消費者庁の検討会で議論し、報告書がまとめられた。そして、消費者委員会・本会議が制度設計について多角的な視点で議論している。食品表示部会の各委員は自らの役回りを認識し、国民全体の利益のために、貴重な審議の機会を有効活用すべきだった。だが、審議の場を新制度や規制緩和などに対する不満のはけ口に変えてしまったようだ。

 この日の会合は、ほかの議題も合わせると計4時間に及んだ。長時間の議論となり、ある消費者代表委員は「気力が残っていない」などと場違いな発言を繰り返した。本題以外の発言が多かったことが議論を長引かせた原因となったが、その消費者代表委員は気力がなくなる前に、本題に直結した意見をどれほど出せたのだろうか。

 食品表示部会の会合が長時間に及ぶのは、珍しいことではない。議事運営のあり方を問題視する声もある。同じ発言を繰り返す委員がいたり、本題から外れた発言を行う委員がいたりすることも議論が長引く要因となっている。たとえ、議論が長時間に及んでも内容があれば、むしろ賞賛されるべきだろう。しかし、この日の食品表示部会の議論は惨憺たる内容だった。

 新制度の導入は、玉石混交と言われる健康食品市場をエビデンスベースで区分できる絶好の機会となる。消費者の適切な商品選択にも、関連業界の健全化にもつながる。食品表示部会は、そうした新制度の基準案を議論するという重要な役割を十分に果たせなかった。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]