健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 食品表示部会で新制度を議論(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月26日

食品表示部会で新制度を議論(後)

<役割を果たせなかった食品表示部会>
【解説】

 26日に開催された消費者委員会・食品表示部会は、本題から脱線した意見が多く、本質的な議論は極めて乏しかった。会議の冒頭、阿久澤良造部会長(日本獣医生命科学大学応用生命科学部長)から、消費者委員会・本会議が制度設計について議論し、食品表示部会が基準案について議論するという主旨の説明があった。それにも関わらず、多数の委員から制度全体に関する不満や意見が相次いだ。
 今回、食品表示部会に与えられたミッションは、新制度の食品表示基準案が適切かどうかを議論することだった。そのテーマについて議論を深めることができず、食品表示部会としての役割を果たせなかったと言える。

 新・機能性表示制度の方向性は閣議で決定された。その骨組みは消費者庁の検討会で議論し、報告書がまとめられた。そして、消費者委員会・本会議が制度設計について多角的な視点で議論している。食品表示部会の各委員は自らの役回りを認識し、国民全体の利益のために、貴重な審議の機会を有効活用すべきだった。だが、審議の場を新制度や規制緩和などに対する不満のはけ口に変えてしまったようだ。

 この日の会合は、ほかの議題も合わせると計4時間に及んだ。長時間の議論となり、ある消費者代表委員は「気力が残っていない」などと場違いな発言を繰り返した。本題以外の発言が多かったことが議論を長引かせた原因となったが、その消費者代表委員は気力がなくなる前に、本題に直結した意見をどれほど出せたのだろうか。

 食品表示部会の会合が長時間に及ぶのは、珍しいことではない。議事運営のあり方を問題視する声もある。同じ発言を繰り返す委員がいたり、本題から外れた発言を行う委員がいたりすることも議論が長引く要因となっている。たとえ、議論が長時間に及んでも内容があれば、むしろ賞賛されるべきだろう。しかし、この日の食品表示部会の議論は惨憺たる内容だった。

 新制度の導入は、玉石混交と言われる健康食品市場をエビデンスベースで区分できる絶好の機会となる。消費者の適切な商品選択にも、関連業界の健全化にもつながる。食品表示部会は、そうした新制度の基準案を議論するという重要な役割を十分に果たせなかった。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年06月28日

インデナ社、クルクミンの非アルコール性脂肪肝への効果を確認

 インデナ社(イタリア)はこのほど、非アルコール性脂肪肝(NAFLD)に対するクルクミンの有効性を確認したと発表した。オーストリアのウィーンで開かれた第11回ポリフェノール応用に関する世界会議(World Congres […]

2017年06月28日

【7/3】静岡県、「ハラール」「コーシャ」対応セミナー

 静岡県は7月3日、「多様な食文化への対応セミナー」を静岡県産業経済会館(静岡市葵区)で開催する。イスラム教の「ハラール」、ユダヤ教の「コーシャ」への対応方法を考える。  プログラムは「食をめぐる多様な食文化について」( […]

クラシエ薬品、物忘れ改善の医薬品を発売

 クラシエ薬品(株)(本社:東京都港区、古市貞雄社長、TEL:03-5446-3334)は7月3日、中年期以降の物忘れを改善する第3類医薬品『アレデル顆粒』(42包、希望小売価格1,900円)を新発売する。  生薬のオン […]

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]