健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 食品表示部会で新制度を議論(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月26日

食品表示部会で新制度を議論(前)

<臨床試験の事前登録の目的は2つ>
 消費者委員会・食品表示部会は26日、新・機能性表示制度に関する食品表示基準案について審議した。各委員の主な意見を集約し、同委員会・本会議へ報告することとなった。12月中に本会議で答申を取りまとめる。

 新制度について消費者委員会は、本会議で制度全体を議論し、下部組織の食品表示部会で基準案を議論する方針を示していた。しかし、この日の会合では、”そもそも論”が大半を占め、中身の乏しい議論が長時間にわたって展開された。

 基準案について意見を述べたのは、鬼武一夫委員(日本生活協同組合連合会品質保証本部安全政策推進部長)など1部の委員に限られた。鬼武委員は、容器包装への表示が義務づけられる「国による評価を受けたものでない旨」の文言について指摘。「『消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません』の前に、『機能性および安全性について』を書くべき」と要望した。この点について、消費者庁の担当官は「現行制度との整合性も考えた」と述べ、理解を求めた。

 各委員と消費者庁とのやり取りのなかで、新制度についていくつかの点が明確にされた。最終商品を用いた機能性の実証で、必須となる「UMIN臨床試験登録システム」への事前登録の目的もその1つ。消費者庁の担当官は「出版バイアスの排除のほかに、もう1つの効果がある」と説明。「これまで後付け解析がまかり通ってきた。しかし、事前登録により、後付け解析をなくすことができる」と話した。食品分野の臨床試験では、企業にとって都合の良い評価指標を用いて、後付け解析するケースが見られる。しかし、新制度では事前登録が必須となり、企業はあらかじめ主となる評価指標を決めてから、試験を実施することになる。

 池原裕二委員(食品産業センター企画調査部次長)は、義務表示項目が多いことから、「どのくらいの表示面積が必要か」と質問。これに対し、消費者庁の担当官は「想定される表示面積をシミュレーションした結果、(表示可能面積が)おおよそ60平方センチメートルあれば表示できる」と答えた。「30、40平方センチメートルならば厳しいかもしれない」としている。

 また、迫和子委員(日本栄養士会専務理事)は、新制度と国の栄養政策の関係について確認を求めた。消費者庁の担当官は、国が進める栄養政策と齟齬(そご)をきたす可能性があることから、「厚生労働省の食事摂取基準にある栄養成分(ビタミン・ミネラルなど)を対象外にした」と説明した。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]

2017年11月22日

規制改革「専門チーム会合」、生鮮の機能性表示食品を議論

 政府の規制改革推進会議「専門チーム会合」は22日、第1回会合を開き、機能性表示食品制度の生鮮食品の届出をめぐる課題について議論した。専門チーム会合委員、消費者庁と農林水産省の担当官、(株)サラダコスモの関係者などが意見 […]

キユーピー、アルコール除菌スプレー詰め替え用を発売

 キユーピー(株)(本社:東京都渋谷区、長南収社長)は12月1日、卵由来成分を配合したアルコール除菌スプレーの『K Blanche(ケイブランシュ)つめかえ用』(180ml)を自社ネット通販「キユーピーアヲハタネットショ […]

ファンデリー、低糖質パスタメニューを宅配サービスで

 (株)ファンデリー(本社:東京都北区、阿部公祐社長)は12月1日、はごろもフーズ(株)(本社:静岡市清水区、池田憲一社長)の「ポポロスパ1CarbOFF」を使用したパスタメニュー3種類を健康食宅配サービス「ミールタイム […]