健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 食品表示部会で新制度を議論(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月26日

食品表示部会で新制度を議論(前)

<臨床試験の事前登録の目的は2つ>
 消費者委員会・食品表示部会は26日、新・機能性表示制度に関する食品表示基準案について審議した。各委員の主な意見を集約し、同委員会・本会議へ報告することとなった。12月中に本会議で答申を取りまとめる。

 新制度について消費者委員会は、本会議で制度全体を議論し、下部組織の食品表示部会で基準案を議論する方針を示していた。しかし、この日の会合では、”そもそも論”が大半を占め、中身の乏しい議論が長時間にわたって展開された。

 基準案について意見を述べたのは、鬼武一夫委員(日本生活協同組合連合会品質保証本部安全政策推進部長)など1部の委員に限られた。鬼武委員は、容器包装への表示が義務づけられる「国による評価を受けたものでない旨」の文言について指摘。「『消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません』の前に、『機能性および安全性について』を書くべき」と要望した。この点について、消費者庁の担当官は「現行制度との整合性も考えた」と述べ、理解を求めた。

 各委員と消費者庁とのやり取りのなかで、新制度についていくつかの点が明確にされた。最終商品を用いた機能性の実証で、必須となる「UMIN臨床試験登録システム」への事前登録の目的もその1つ。消費者庁の担当官は「出版バイアスの排除のほかに、もう1つの効果がある」と説明。「これまで後付け解析がまかり通ってきた。しかし、事前登録により、後付け解析をなくすことができる」と話した。食品分野の臨床試験では、企業にとって都合の良い評価指標を用いて、後付け解析するケースが見られる。しかし、新制度では事前登録が必須となり、企業はあらかじめ主となる評価指標を決めてから、試験を実施することになる。

 池原裕二委員(食品産業センター企画調査部次長)は、義務表示項目が多いことから、「どのくらいの表示面積が必要か」と質問。これに対し、消費者庁の担当官は「想定される表示面積をシミュレーションした結果、(表示可能面積が)おおよそ60平方センチメートルあれば表示できる」と答えた。「30、40平方センチメートルならば厳しいかもしれない」としている。

 また、迫和子委員(日本栄養士会専務理事)は、新制度と国の栄養政策の関係について確認を求めた。消費者庁の担当官は、国が進める栄養政策と齟齬(そご)をきたす可能性があることから、「厚生労働省の食事摂取基準にある栄養成分(ビタミン・ミネラルなど)を対象外にした」と説明した。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年05月29日

健康食品産業協議会、木村会長が再登板

<4分科会で機能性表示食品制度に対応>  (一社)健康食品産業協議会は26日、総会後の講演会で、新たに就任した木村毅会長をトップとする新体制と、2017年度の活動方針を発表した。  木村氏(サプリメント・エブセクティブ会 […]

2017年05月29日

【7/22】データ・マックス、通販ビジネス6カ月集中講座(レベル2)キックオフ

 (株)データ・マックスは7月22日、高橋貞光の通販講座シリーズを都内で開講する。本講座は「成功する通信販売のつくり方 6カ月集中講座(レベル2)」。3月23日(東京)、4月28日(大阪)、5月15日(福岡)で開催した実 […]

2017年05月29日

マツモト交商、乳清由来の新原料「ラクトセラム」を発売

  (株)マツモト交商(本社:東京都中央区、松本俊亮社長、TEL:03-3241-5164)はこのほど、健康食品原料の『ラクトセラム』の供給を開始した。  同原料は、かつて第3類医薬品として使用されていたが、2011年の […]

消費者庁、無資格の医業類似行為に警鐘

 消費者庁は26日、「整体」「カイロプラクティック」などの法的な資格制度がない医業類似行為の手技による事故情報が1,483件寄せられていると発表した。治療期間が1カ月以上となる神経・脊髄の損傷などの深刻な事故も240件を […]

今村彰啓著の電子書籍『できる男のスキンケア・ヘアケア』が発刊

<男性の肌・髪の10大悩みを化粧品で解決>  ごきげんビジネス出版(運営元:スターティアラボ(株)、北村健一社長)はきょう(29日)、男性向けスキンケア・ヘアケアの対処法をまとめた電子書籍『できる男のスキンケア・ヘアケア […]