健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 食品表示部会で新制度を議論(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月26日

食品表示部会で新制度を議論(前)

<臨床試験の事前登録の目的は2つ>
 消費者委員会・食品表示部会は26日、新・機能性表示制度に関する食品表示基準案について審議した。各委員の主な意見を集約し、同委員会・本会議へ報告することとなった。12月中に本会議で答申を取りまとめる。

 新制度について消費者委員会は、本会議で制度全体を議論し、下部組織の食品表示部会で基準案を議論する方針を示していた。しかし、この日の会合では、”そもそも論”が大半を占め、中身の乏しい議論が長時間にわたって展開された。

 基準案について意見を述べたのは、鬼武一夫委員(日本生活協同組合連合会品質保証本部安全政策推進部長)など1部の委員に限られた。鬼武委員は、容器包装への表示が義務づけられる「国による評価を受けたものでない旨」の文言について指摘。「『消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません』の前に、『機能性および安全性について』を書くべき」と要望した。この点について、消費者庁の担当官は「現行制度との整合性も考えた」と述べ、理解を求めた。

 各委員と消費者庁とのやり取りのなかで、新制度についていくつかの点が明確にされた。最終商品を用いた機能性の実証で、必須となる「UMIN臨床試験登録システム」への事前登録の目的もその1つ。消費者庁の担当官は「出版バイアスの排除のほかに、もう1つの効果がある」と説明。「これまで後付け解析がまかり通ってきた。しかし、事前登録により、後付け解析をなくすことができる」と話した。食品分野の臨床試験では、企業にとって都合の良い評価指標を用いて、後付け解析するケースが見られる。しかし、新制度では事前登録が必須となり、企業はあらかじめ主となる評価指標を決めてから、試験を実施することになる。

 池原裕二委員(食品産業センター企画調査部次長)は、義務表示項目が多いことから、「どのくらいの表示面積が必要か」と質問。これに対し、消費者庁の担当官は「想定される表示面積をシミュレーションした結果、(表示可能面積が)おおよそ60平方センチメートルあれば表示できる」と答えた。「30、40平方センチメートルならば厳しいかもしれない」としている。

 また、迫和子委員(日本栄養士会専務理事)は、新制度と国の栄養政策の関係について確認を求めた。消費者庁の担当官は、国が進める栄養政策と齟齬(そご)をきたす可能性があることから、「厚生労働省の食事摂取基準にある栄養成分(ビタミン・ミネラルなど)を対象外にした」と説明した。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

新日本製薬、ヨクイニン含有医薬品をリニューアル

 新日本製薬(株)(本社:福岡市中央区、後藤孝洋社長)は8月1日、ヨクイニン配合医薬品『ヨクイニン錠SH』をリニューアル発売する。新たに『オルジェパール』の商品名で販売する。  同品は、ハトムギ由来のヨクイニンから抽出し […]

同文書院、『健康食品・サプリメント 医薬品との相互作用事典』を刊行

 (株)同文書院(本社:東京都文京区、宇野文博社長)はきょう(25日)、日本医師会・薬剤師会・歯科医師会が総監修する『健康食品・サプリメント 医薬品との相互作用事典 2017-2018』を刊行した。  同書は、約 1,2 […]

2017年07月25日

SPORTEC2017、東京ビッグビッグサイトで開幕

 我が国最大のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC2017」がきょう(25日)開催された。食と健康をつなぐ食品・飲料・素材専門展「ウェルネスフードジャパン(WFJ)」、介護・リハビリ展「RE-CARE JAPAN […]

福井県、地産地消のスポーツ弁当を募集

 福井県では、弁当の製造販売事業者を対象に、福井米と県産食材で作る弁当を通年で募集している。「福井の地産地消のスポーツ弁当」として県に認定されると、認証のロゴマークを添付できる。  認証基準として、(1)主食に福井県米を […]

カフェイン過剰摂取のページ追加~消費者庁

 消費者庁は24日、食品安全に関する総合情報サイトに「食品に含まれるカフェインの過剰摂取について」のページを追加した。  食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省が公表したカフェインの過剰摂取に関する情報などを掲載している […]