健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 食品表示部会で新制度を議論(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月26日

食品表示部会で新制度を議論(中)

<基準案に「消費者の意見をかなり反映」>
 新・機能性表示制度の食品表示基準案を審議する消費者委員会・食品表示部会に対し、消費者庁はパブコメ案からの修正点を説明した。施行通知やガイドラインに盛り込む内容にも言及した。

 消費者庁は8月28日~9月26日までの期間、食品表示基準のパブコメ案について国民から意見を募った。その結果、1,024件が寄せられた。主な意見を踏まえて、消費者庁はパブコメ案を修正。「消費者の意見をかなり反映した」(食品表示企画課)としている。主な修正点を見てみる。

 パブコメの結果、「栄養機能食品の位置づけがあいまい」との意見が寄せられた。これを受けて、新制度の対象とならない食品に「特別用途食品、栄養機能食品」を明記した。
 栄養成分表示のルールも明確にした。ビタミン・ミネラルなどの栄養成分を表示する場合も、1日摂取目安量あたりの成分量を記載すると規定。また、生鮮食品の場合は、推定値による栄養成分量・熱量の表示を認めることを追記した。

 表示事項では、事業者の連絡先に関する表示内容を変更。パブコメ案で「電話番号または電話番号の記載があるウェブサイトのアドレス」を表示するとしていたが、「電話番号」に修正した。ウェブサイトのアドレスは任意で表示できると説明した。
 「国による評価を受けたものではない旨」の表示については、文字数の縮小を求める意見に配慮し、「一定の科学的根拠に基づき」の文言を削除。さらに、「疾病に罹患している者は医師に相談した上で摂取すべき旨」「医薬品を服用している者は医師、薬剤師に相談した上で摂取すべき旨」の2つの表示を1本化した。

 加工食品に適用される一部表示事項の省略規定に対し、消費者から「機能性を標榜する食品については免除規定を設けるべきでない」との意見が寄せられた。このため、省略規定に「機能性表示食品を除く」を追記した。

 消費者庁は、施行通知やガイドラインの内容にも言及した。施行通知には、食品表示基準の各項目の具体的な内容を示す考えだ。

 ガイドラインには、(1)安全性・有効性に関する評価、(2)届出に関する事項、(3)情報開示の考え方、(4)健康被害の情報収集体制――などを盛り込む。食経験の評価、生産・製造・品質管理の状況、臨床試験と研究レビューの実施手順、可能な機能性表示の範囲、届出様式、根拠情報の開示方法などを予定している。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

神奈川県、県西地域活性化で補助事業

 神奈川県は18日、県西地域の事業者を対象に、「県西地域未病資源活用促進補助金」により支援する事業提案の募集(2次)を開始した。補助額は、1事業当たり補助の対象となる経費の3分の1以内。募集期間は6月29日まで(事前相談 […]

2018年05月21日

日清オイリオグループ、中鎖脂肪酸油などの生産能力増強

 日清オイリオグループ(株)(本社:東京都中央区、久野貴久社長、TEL:0120-016-024)は18日、横浜磯子事業場内の化成品工場で、化粧品用エステルと中鎖脂肪酸油(MCT)の生産能力を増強すると発表した。  今後 […]

2018年05月21日

フジ日本精糖、機能性表示食品『イヌリンバランス』を発売

 フジ日本精糖(株)(本社:東京都中央区、舩越義和社長、TEL:03-3667-7811)は6月1日、2種類の機能性を持つ機能性表示食品『イヌリンバランス』(5g×30袋)を発売する。  機能性関与成分はイヌリン。届出表 […]

2018年05月21日

消費者庁、機能性表示食品の届出5件を公表

 消費者庁は18日、機能性表示食品の届出5件を公表した。公表されている届出件数は合計1,371件に上る。  アサヒ飲料(株)は3件の届出が公表された。清涼飲料水『からだ十六茶』『――630』は、難消化性デキストリンと葛の […]

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]