健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 食品安全委員会、トクホ『蹴脂茶』で結論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月12日

食品安全委員会、トクホ『蹴脂茶』で結論

<「安全性に問題があると言っているわけではない」>
 食品安全委員会は12日、特定保健用食品(トクホ)として申請された清涼飲料水『蹴脂茶』((株)リコム)の安全性評価について、判断材料となるデータが不足していることから、「安全性を評価することはできない」と結論づけた。審議結果は同日中に消費者庁へ報告される。

 作用機序は、エノキタケ由来の遊離脂肪酸混合物が腸管から吸収された後、脂肪細胞の表面のβ3アドレナリン受容体に結合することで、脂肪を低減させるというもの。しかし、関与成分が非特異的にβアドレナリン受容体に作用するとすれば、医薬品と同様に心血管系や呼吸器系などの臓器に影響をおよぼす可能性が否定できないと指摘した。
 申請者が提出した資料については、安全性を判断するための十分なデータがそろっていないことから、現時点では安全性を評価できないと結論づけた。

 会合後に行われた記者ブリーフィングで、食品安全委員会事務局は「安全性に問題があると言っているわけではない。問題があるということではなく、今あるデータでは安全であるという評価ができないということだ」と説明。「『蹴脂茶』としての(十分な)データがないために安全性を評価できなかったことと、安全性に問題があることとはまったく違う」と強調した。

【越中 矢住子】

おススメ記事

2017年08月21日

【9/13】カリフォルニア・レーズン協会、記者発表会を開催

 カリフォルニア・レーズンの普及活動を行うカリフォルニア・レーズン協会(本部:米国カリフォルニア州、駐日事務所:東京都千代田区)は9月13日、対日マーケティング活動計画に関する記者発表会を、ホテルメトロポリタンエドモント […]

ファミリーマート、機能性大麦入りのおむすび発売

 (株)ファミリーマート(本社:東京都豊島区、澤田貴司社長)は22日、帝人(株)(本社:大阪市北区、鈴木純社長)が開発した機能性大麦『バーリーマックス』を使用したおむすびとサラダを発売する。全国のファミリーマートとサーク […]

記憶を思い出すための神経回路を解明

 理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター理研-MIT神経回路遺伝学研究センター・利根川進センター長らの研究チームは18日、マウスを用いた実験により、脳の海馬支脚を経由する神経回路が、記憶の想起に重要な役割を果たすこと […]

『I.Bヘルスケア(47号)』を発刊

 (株)データ・マックスはヘルスケア業界向け専門誌『I.Bヘルスケア(47号)』(A4・オールカラー、月刊)を発刊する。巻頭特集は「注目の国産素材」。独自性や付加価値を求める健康食品業界のニーズを背景に、注目が集まってい […]

2017年08月21日

マルハニチロ、機能性表示食品のサンマ蒲焼を発売

 マルハニチロ(株)(本社:東京都江東区、伊藤滋社長、TEL:0120-040826)は21日、機能性表示食品『北海道産 さんま蒲焼』を新発売する。全国の量販店で展開する。  1日摂取目安量の1枚(70g)当たりに、DH […]