健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 阿南前消費者庁長官、機能性表示食品の課題を指摘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月21日

阿南前消費者庁長官、機能性表示食品の課題を指摘

 NPO法人健康食品フォーラムは21日、健康食品セミナー「機能性表示食品の社会的意義とその有効利用」を都内で開催した。前消費者庁長官で(一社)消費者市民社会をつくる会理事長の阿南久氏は、「新しい機能性表示制度の課題!―よりよい制度に育てていくために―」をテーマに講演。「機能性表示食品が販売されているが、消費者は制度自体がわからない」とし、事業者に対して消費者へ新制度に関する情報を提供するように求めた。

f1134438e2a05b187253d6a055eae838 10edd5f4b90db85718a816889f0af6a6

 

 阿南氏は、消費者教育の推進に関する各法律が制定されてきた経緯を説明。そのうえで、機能性表示食品制度をめぐる喫緊の課題を挙げた。届出情報の評価に関する情報を消費者へ提供することが求められると同時に、まだ届け出されていない食品については、消費者の混乱を防ぐためにも機能性をイメージさせる表示・広告をやめさせる必要があるとの考えを示した。

 (株)グローバルニュートリショングループの武田猛代表は、「機能性表示食品の可能性と企業の責任」をテーマに講演した。企業が保有する詳細な商品情報をこれまで提供できなかったため、消費者はイメージを優先した感情的な判断により、健康食品を購入してきたと指摘。しかし、機能性表示食品制度の導入により、届出商品の情報を消費者に提供できるようになったことから、徐々に消費者間に知識が備わることになると述べた。今後、知識を得た消費者では、確信を持って商品を購入するようになると予測した。

【越中 矢住子】
   

おススメ記事

2018年05月22日

【7/11】ICCRステークホルダーセッション

 日本・米国・EU・カナダ・ブラジルの化粧品規制当局で組織する化粧品規制協力国際会議(ICCR)は7月11日、ICCRステークホルダーセッションをイイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)で開催する。化粧品規 […]

ブロイラーなのに「地鶏」、消費者庁が措置命令

<居酒屋「塚田農場」「じとっこ組合」のメニュー表示が景表法違反>  居酒屋で提供する鶏料理にブロイラーを使用していたのにも関わらず、「地鶏」を使用していると誤認させるメニュー表示を行ったとして、消費者庁は22日、居酒屋チ […]

ファンデリー、塩分・タンパク質カットの『ミールタイム五目炒飯』発売

 (株)ファンデリー(本社:東京都北区、阿部公祐代表)は6月1日、味の素冷凍食品(株)と共同開発した『ミールタイム五目炒飯』を発売する。  1袋(200g)当たりの塩分が0.8g、タンパク質が5.4gで、通常のチャーハン […]

大正製薬、コバラサポートシリーズから新製品登場

 大正製薬(株)(本社:東京都豊島区、上原茂社長、TEL:0120-81-8428)は6月4日、空腹感を満たす飲料『コバラサポート ふくらみplus キウイ&パイン風味』を新発売する。全国のドラッグストアや通販「大正製薬 […]

母乳中のオステオポンチン濃度、産後日数にともない低下

<日本・中国・韓国・デンマークの4カ国による共同研究>  雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長)は21日、日本・中国・韓国・デンマークの4カ国間の共同研究で、母乳中のオステオポンチン(OPN)濃度が […]