健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 阿南前消費者庁長官、機能性表示食品の課題を指摘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月21日

阿南前消費者庁長官、機能性表示食品の課題を指摘

 NPO法人健康食品フォーラムは21日、健康食品セミナー「機能性表示食品の社会的意義とその有効利用」を都内で開催した。前消費者庁長官で(一社)消費者市民社会をつくる会理事長の阿南久氏は、「新しい機能性表示制度の課題!―よりよい制度に育てていくために―」をテーマに講演。「機能性表示食品が販売されているが、消費者は制度自体がわからない」とし、事業者に対して消費者へ新制度に関する情報を提供するように求めた。

f1134438e2a05b187253d6a055eae838 10edd5f4b90db85718a816889f0af6a6

 

 阿南氏は、消費者教育の推進に関する各法律が制定されてきた経緯を説明。そのうえで、機能性表示食品制度をめぐる喫緊の課題を挙げた。届出情報の評価に関する情報を消費者へ提供することが求められると同時に、まだ届け出されていない食品については、消費者の混乱を防ぐためにも機能性をイメージさせる表示・広告をやめさせる必要があるとの考えを示した。

 (株)グローバルニュートリショングループの武田猛代表は、「機能性表示食品の可能性と企業の責任」をテーマに講演した。企業が保有する詳細な商品情報をこれまで提供できなかったため、消費者はイメージを優先した感情的な判断により、健康食品を購入してきたと指摘。しかし、機能性表示食品制度の導入により、届出商品の情報を消費者に提供できるようになったことから、徐々に消費者間に知識が備わることになると述べた。今後、知識を得た消費者では、確信を持って商品を購入するようになると予測した。

【越中 矢住子】
   

おススメ記事

遺伝子組み換え表示、コーンフレークの追加を見送り

<検査法の再現性、確認できず>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は17日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の対象品目に追加する方向で検討していた「コーンフレーク」について、再現性のある検査法が確立されて […]

ジャパンライフ、1年以内に3度目の行政処分

<3月の行政処分を受け、新たなビジネス>  装着タイプ磁気治療器の販売取引で特定商取引法に違反したとして、消費者庁は17日、ジャパンライフ(株)(東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、業務提供誘引販売取引について12カ […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月17日

コトブキ薬粧、大阪の展示会で新サービス提案

 コトブキ薬粧(株)(本社:大阪市中央区、和田洋治社長、TEL:06-4963-2877)は28日から30日までの3日間、インデックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「中小企業新ものづくり・新サービス展」に出展する。大 […]

クリスマス限定パッケージの『Newヤクルト』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は11月下旬~12月下旬の期間、クリスマスシーズン限定パッケージの乳製品乳酸菌飲料『Newヤクルト』、『Newヤクルトカロリーハーフ』を全国で発売する。容器にクリスマ […]