健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 農水省、機能性表示食品制度への対応を検討(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月05日

農水省、機能性表示食品制度への対応を検討(後)

<成分含有量の安定化技術を開発へ>
 農林水産省は、生鮮食品の成分含有量のばらつきを抑制する手法も示す方針だ。管理手法は「生産段階」「出荷段階」「加工・流通段階」に分けて検討している。

 生産段階では、品種や栽培方法などに着目。生産管理マニュアルの作成による管理手法の周知と、生産履歴の作成による履行状況の確認を打ち出した。事例に、べにふうき緑茶のメチル化カテキン含有量のばらつき抑制を目的とする「栽培・加工マニュアル」を挙げた。また、成分含有量を安定化させる生産管理手法がある場合には、その利用を推奨する。たとえば、ホウレンソウのルテイン含有量は「寒締め栽培」によって増加し、下限値の担保が可能としている。

 出荷段階では、非破壊分析などにより、成分含有量の多いものだけを選択できる手法を紹介。温州ミカンのβ-クリプトキサンチン含有量について、選果ライン上の非破壊選果機を用いて推定する研究が進行中と紹介している。

 加工・流通段階では、加工工程で成分含有量のばらつきを抑制したり、含有量が多くなったりする技術の活用を提案。べにふうき緑茶のメチル化カテキン含有量については、特定の処理によって増加することなどが知られている。

 農水省によると、機能性表示食品制度への届出が可能と考えられる品目として、温州ミカン、べにふうき緑茶がある。さらに、来年度にはホウレンソウやリンゴ、ニンジンなどの研究を進める計画だ。農水省では「われわれの実証事業で、新制度に乗せるための農産物をどうするかを検討している。今後、横展開するうえで、どう表示するとよいのかを考えていきたい」(農林水産技術会議事務局研究推進課)としている。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

遺伝子組み換え表示、コーンフレークの追加を見送り

<検査法の再現性、確認できず>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は17日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の対象品目に追加する方向で検討していた「コーンフレーク」について、再現性のある検査法が確立されて […]

ジャパンライフ、1年以内に3度目の行政処分

<3月の行政処分を受け、新たなビジネス>  装着タイプ磁気治療器の販売取引で特定商取引法に違反したとして、消費者庁は17日、ジャパンライフ(株)(東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、業務提供誘引販売取引について12カ […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月17日

コトブキ薬粧、大阪の展示会で新サービス提案

 コトブキ薬粧(株)(本社:大阪市中央区、和田洋治社長、TEL:06-4963-2877)は28日から30日までの3日間、インデックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「中小企業新ものづくり・新サービス展」に出展する。大 […]

クリスマス限定パッケージの『Newヤクルト』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は11月下旬~12月下旬の期間、クリスマスシーズン限定パッケージの乳製品乳酸菌飲料『Newヤクルト』、『Newヤクルトカロリーハーフ』を全国で発売する。容器にクリスマ […]