健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 農水省、機能性表示食品制度への対応を検討(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月05日

農水省、機能性表示食品制度への対応を検討(後)

<成分含有量の安定化技術を開発へ>
 農林水産省は、生鮮食品の成分含有量のばらつきを抑制する手法も示す方針だ。管理手法は「生産段階」「出荷段階」「加工・流通段階」に分けて検討している。

 生産段階では、品種や栽培方法などに着目。生産管理マニュアルの作成による管理手法の周知と、生産履歴の作成による履行状況の確認を打ち出した。事例に、べにふうき緑茶のメチル化カテキン含有量のばらつき抑制を目的とする「栽培・加工マニュアル」を挙げた。また、成分含有量を安定化させる生産管理手法がある場合には、その利用を推奨する。たとえば、ホウレンソウのルテイン含有量は「寒締め栽培」によって増加し、下限値の担保が可能としている。

 出荷段階では、非破壊分析などにより、成分含有量の多いものだけを選択できる手法を紹介。温州ミカンのβ-クリプトキサンチン含有量について、選果ライン上の非破壊選果機を用いて推定する研究が進行中と紹介している。

 加工・流通段階では、加工工程で成分含有量のばらつきを抑制したり、含有量が多くなったりする技術の活用を提案。べにふうき緑茶のメチル化カテキン含有量については、特定の処理によって増加することなどが知られている。

 農水省によると、機能性表示食品制度への届出が可能と考えられる品目として、温州ミカン、べにふうき緑茶がある。さらに、来年度にはホウレンソウやリンゴ、ニンジンなどの研究を進める計画だ。農水省では「われわれの実証事業で、新制度に乗せるための農産物をどうするかを検討している。今後、横展開するうえで、どう表示するとよいのかを考えていきたい」(農林水産技術会議事務局研究推進課)としている。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年09月22日

オリーブ葉エキス配合食品に体脂肪低減作用

 サンスター(株)(本社:大阪府高槻市、吉岡貴司社長)はこのほど、ヒト試験により、オリーブ葉エキス配合食品に体脂肪率の低減作用があることを確認したと発表した。  試験はBMI が 25 以上の男女28人(男性17人・女性 […]

厚労省、プエラリア・ミリフィカ対策を自治体へ通知

<従わない場合は取り扱い中止を指導>  プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の安全性確保に向けて、厚生労働省は22日、都道府県などに対し、製造管理の改善や消費者への情報提供を事業者に指導するように通知した。従わない事業者 […]

コカ・コーラ、希少糖入り飲料を発売

 全国のボトリング会社や日本コカ・コーラ(株)(本社:東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)などで構成するコカ・コーラシステムは25日、希少糖入り乳性飲料「ヨーグルスタンド」シリーズから […]

2017年09月22日

ライオン、機能性表示食品『歩むチカラ』を発売

 ライオン(株)(本社:東京都区、濱逸夫社長、TEL:0120-056-208)は26日、機能性表示食品の粉末清涼飲料『歩むチカラ レモン味』『――アップル味』『――フルーツヨーグルト味』(5.5g×30本)を発売する。 […]

公取、カネスエ商事とワイストアに不当廉売で警告

 キャベツなどの価格を不当に引き下げて販売したとして、公正取引委員会は21日、食品スーパーを経営する(株)カネスエ商事(愛知県日進市、牛田喜博代表)と(株)ワイストア(愛知県津島市、伊藤彰浩代表)に対し、不当廉売を行わな […]