健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 農水省、機能性表示食品制度への対応を検討(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月05日

農水省、機能性表示食品制度への対応を検討(後)

<成分含有量の安定化技術を開発へ>
 農林水産省は、生鮮食品の成分含有量のばらつきを抑制する手法も示す方針だ。管理手法は「生産段階」「出荷段階」「加工・流通段階」に分けて検討している。

 生産段階では、品種や栽培方法などに着目。生産管理マニュアルの作成による管理手法の周知と、生産履歴の作成による履行状況の確認を打ち出した。事例に、べにふうき緑茶のメチル化カテキン含有量のばらつき抑制を目的とする「栽培・加工マニュアル」を挙げた。また、成分含有量を安定化させる生産管理手法がある場合には、その利用を推奨する。たとえば、ホウレンソウのルテイン含有量は「寒締め栽培」によって増加し、下限値の担保が可能としている。

 出荷段階では、非破壊分析などにより、成分含有量の多いものだけを選択できる手法を紹介。温州ミカンのβ-クリプトキサンチン含有量について、選果ライン上の非破壊選果機を用いて推定する研究が進行中と紹介している。

 加工・流通段階では、加工工程で成分含有量のばらつきを抑制したり、含有量が多くなったりする技術の活用を提案。べにふうき緑茶のメチル化カテキン含有量については、特定の処理によって増加することなどが知られている。

 農水省によると、機能性表示食品制度への届出が可能と考えられる品目として、温州ミカン、べにふうき緑茶がある。さらに、来年度にはホウレンソウやリンゴ、ニンジンなどの研究を進める計画だ。農水省では「われわれの実証事業で、新制度に乗せるための農産物をどうするかを検討している。今後、横展開するうえで、どう表示するとよいのかを考えていきたい」(農林水産技術会議事務局研究推進課)としている。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

日本の伝統的食事ではなく、「欧米型」などで死亡リスク低下

<コーヒーや乳製品などの効果もリスク低下の要因>  (国研)国立がん研究センターの研究グループがこのほど公表した調査結果から、日本の伝統的な食事と、ガン・循環器疾患などによる死亡リスクに関連性がないことがわかった。一方、 […]

2017年05月26日

【6/24】公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」

 消費者委員会は6月24日、公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」を岩手県自治会館(岩手県盛岡市)で開催する。  基調講演は、消費者委員会委員長の河上正二氏による「消費者委員会の活動と食品表示のあり方」。 […]

QOLサポート研究会、「心の測定」をテーマに講演

 NPO法人QOLサポート研究会(松本高明理事長)は25日、「心と脳を科学する」をテーマに、第12回講演会をミューザ川崎(神奈川県川崎市)で開催した。理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター細胞機能評価研究チーム […]

2017年05月26日

アマニフォーラム実行委員会、セミナーを都内で開催

 アマニフォーラム実行委員会は25日、「第1回アマニフォーラム セミナー」を都内で開催した。スペシャルゲストとして招かれた「モンサンクレール(東京・自由が丘)」のオーナーパティシエである辻口博啓氏は、アマニを使ったスイー […]

2017年05月26日

第4回クリルオイル研究会、森下竜一氏が講演

 クリルオイル研究会(矢澤一良会長)は25日、東京ビックサイト(東京都江東区)で第4回クリルオイル研究会を開催した。関係者70人が参加した。  大阪大学大学院教授の森下竜一氏は、23日に規制改革推進会議が安倍首相に提出し […]