健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 農水省、機能性表示食品制度への対応を検討(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月05日

農水省、機能性表示食品制度への対応を検討(前)

<生鮮食品の規格化「手順書」を検討>
 機能性表示食品制度に生鮮食品の生産者が対応するために、農林水産省は4日、「データ収集技術等小委員会」を開催し、生鮮食品の規格設定や成分含有量の確認などに関する「手順書(たたき台)」を示した。今月下旬の最終会合で取りまとめ、今春をめどに手順書を公表する。

 機能性表示食品制度は生鮮食品も対象とする。生鮮食品の場合、品種や栽培方法、気候条件などによって関与成分の含有量にばらつきが生じやすい。このため、商品の規格設定が加工食品と比べて困難となる。そこで農水省では、規格設定の手順や成分含有量の確認方法を示す手順書を策定する方針だ。同時に、成分含有量のばらつきを抑えるための手法も検討する。

 たたき台は、生鮮食品を非破壊分析が困難なものと、可能なものとに分けて手順を整理している。非破壊分析が困難な生鮮食品については、サンプリングと分析によって成分含有量に関するデータを収集し、規格を設定する。
 サンプリング手法は、(1)成分含有量のばらつきに関する情報がない場合、(2)ばらつきの要因がわかっている場合、(3)ばらつきに関する既存データがある場合――によって異なる。たとえば、ニンジンに含まれるβ-カロテンは、収穫時期の違いがばらつきの要因とならない一方、生産者の違いによってばらつく傾向がある。そうした知見を踏まえ、収穫時期別のサンプリングは不要とし、生産者別のサンプル数を増やす考えが示された。

 分析は第三者機関などに依頼して行う。分析するサンプルの単位は、容器包装単位で1試料とする。温州ミカンなら1袋、ホウレンソウなら1束などとなる。

 これらの取り組みによって得られたデータを統計的手法で解析し、表示する成分含有量の規格を設定する。機能性表示食品制度の表示値は、1日摂取目安量あたりの成分含有量の下限値を担保する考え方に基づくため、下限値または範囲を設定する。

 一方、非破壊分析が可能な生鮮食品については、全数調査を行う。その際、数点程度のサンプルを第三者機関に分析を依頼し、精度を確認する。取得したデータは統計的処理によって解析し、規格を設定する。
 温州ミカンについては、近赤外線を用いた非破壊選果機を用いて、β-クリプトキサンチン含有量の推定に関する研究が進められている。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]

消費者委員会、「課徴金を適格消費者団体の運用に」と要望

 消費者委員会は27日、景品表示法に基づく課徴金制度の運用方法について議論した。出席した委員からは、納付された課徴金の使途を見直すように求める意見が聞かれた。  消費者庁の担当課は、昨年4月の施行後、三菱自動車工業や日本 […]

カネリョウ海藻、天草の海で養殖したワカメ販売

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長、TEL:0120-37-4008)はこのほど、地元天草の海で養殖した同社オリジナルの塩蔵ワカメ『つなぐわかめ』(200g、20g×10袋入り)を同社の通販「おかげ […]

2017年06月27日

ビーエイチエヌ、「イチョウ葉エキス」で機能性表示食品を提案中

 ビーエイチエヌ(株)(本社:東京都千代田区、石原健夫社長、TEL:03-5281-5661)は、システマティック・レビュー(SR)に対応した機能性表示食品のサポートに力を入れている。  「イチョウ葉エキス」については、 […]