健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 農水省、機能性表示食品制度への対応を検討(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月05日

農水省、機能性表示食品制度への対応を検討(前)

<生鮮食品の規格化「手順書」を検討>
 機能性表示食品制度に生鮮食品の生産者が対応するために、農林水産省は4日、「データ収集技術等小委員会」を開催し、生鮮食品の規格設定や成分含有量の確認などに関する「手順書(たたき台)」を示した。今月下旬の最終会合で取りまとめ、今春をめどに手順書を公表する。

 機能性表示食品制度は生鮮食品も対象とする。生鮮食品の場合、品種や栽培方法、気候条件などによって関与成分の含有量にばらつきが生じやすい。このため、商品の規格設定が加工食品と比べて困難となる。そこで農水省では、規格設定の手順や成分含有量の確認方法を示す手順書を策定する方針だ。同時に、成分含有量のばらつきを抑えるための手法も検討する。

 たたき台は、生鮮食品を非破壊分析が困難なものと、可能なものとに分けて手順を整理している。非破壊分析が困難な生鮮食品については、サンプリングと分析によって成分含有量に関するデータを収集し、規格を設定する。
 サンプリング手法は、(1)成分含有量のばらつきに関する情報がない場合、(2)ばらつきの要因がわかっている場合、(3)ばらつきに関する既存データがある場合――によって異なる。たとえば、ニンジンに含まれるβ-カロテンは、収穫時期の違いがばらつきの要因とならない一方、生産者の違いによってばらつく傾向がある。そうした知見を踏まえ、収穫時期別のサンプリングは不要とし、生産者別のサンプル数を増やす考えが示された。

 分析は第三者機関などに依頼して行う。分析するサンプルの単位は、容器包装単位で1試料とする。温州ミカンなら1袋、ホウレンソウなら1束などとなる。

 これらの取り組みによって得られたデータを統計的手法で解析し、表示する成分含有量の規格を設定する。機能性表示食品制度の表示値は、1日摂取目安量あたりの成分含有量の下限値を担保する考え方に基づくため、下限値または範囲を設定する。

 一方、非破壊分析が可能な生鮮食品については、全数調査を行う。その際、数点程度のサンプルを第三者機関に分析を依頼し、精度を確認する。取得したデータは統計的処理によって解析し、規格を設定する。
 温州ミカンについては、近赤外線を用いた非破壊選果機を用いて、β-クリプトキサンチン含有量の推定に関する研究が進められている。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

カリーナ、アレルギー表示欠落でカレー商品を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは18日、(株)カリーナ(仙台市青葉区)による『杜王町カレー』の自主回収情報を掲載した。「小麦」・「乳」・「エビ」のアレルギー表示の欠落が原因。これらの食物アレルギーを持つ人は摂取しないよう […]

2017年08月18日

マリーンバイオ、沖縄産植物素材の引き合いが増加

 マリーンバイオ(株)(本社:東京都千代田区、染谷浩社長)では、沖縄産植物素材を供給している。供給開始から2年目に入り、作り手の顔が見えて安心で使いやすい素材として認知度が上昇。顧客から高い評価を得て、順調に推移している […]

常盤薬品工業、プラセンタ配合の飲料を発売

 常盤薬品工業(株)(本社:東京都港区、中野正隆社長、TEL:0120-875-710)は9月4日、プラセンタなどを配合した飲料『ビューパワー プランセンタ・コラーゲン<ドリンク>』を新発売する。  プラセンタとコラーゲ […]

2017年08月18日

種商、「国産雑穀各種」の供給量が前年比120%に

 (株)種商(本社:佐賀県鳥栖市、諸冨和馬社長)は、「国産雑穀各種」年間供給量が1,000トンに達し、前年比120%と伸びている。  同社は、もちきびやアマランスなどの希少な雑穀原料を配合した「国産雑穀各種」、国産雑穀1 […]

慶応大、リンの代謝が寿命を制御

 慶應義塾大学医学部先進運動器疾患治療学寄付講座・特任准教授の宮本健史氏らの研究グループは17日、食事で摂取されるリンの代謝が寿命を制御することを突き止めたと発表した。同研究は、JSPS科研費や(国研)日本医療研究開発機 […]