健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 賛成!反対!「米国型」機能性表示制度の導入(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年07月18日

賛成!反対!「米国型」機能性表示制度の導入(後)

――閣議決定では、トクホ制度や栄養機能食品制度の改革も盛り込まれました。

 末木 栄養機能食品制度をもう少し充実させる必要があります。栄養機能食品の摂取で健康被害が出たという報告はありません。

morisita_yamaura 規制改革会議では、栄養機能食品もトクホも取り上げました。成分の追加や、表示内容を拡充するように要請し、消費者庁にも納得してもらいました。新しい栄養素がどんどん見つかるため、常に新成分を追加することが必要です。また、ビタミンなどは、医療保険を適用して購入すると、費用の7割を国が負担するが、町の薬局・薬店で買うと、全額自己負担となります。この状況では、薬局・薬店で買う人は少ないでしょう。でも、すべてを税金で賄うのは正しいことなのでしょうか。処方せん薬の対象から外して、大衆薬に位置づければ良いと思います。そうするだけで、1,000億円程度の医療費を節約できます。

 末木 同じビタミンCが入っていても、医薬品の表示と、栄養機能食品の表示は違います。一般健康食品は機能性表示ができません。消費者が理解できるように、整合性を取るべきです。

 ――一般健康食品の新たな機能性表示制度の構築に向けて主張したい点は?

suegi 新しい機能性表示のガイドラインづくりで、国に期待したいことは、機能性評価と安全性評価の成分ごとのクラス分けです。たとえば、ハーブには安全なものから、ハイリスクのものまであります。まず、機能性成分の安全性のクラス分けを要望します。また、「日本版NIH」を創設する方向にありますが、そのなかに、サプリメントに関する研究を入れてほしいと思います。消費者には、産業界から正確な情報を提供しなければなりませんが、消費者の側もどんなに安全なものであっても、摂取量が大切であることを認識してほしいです。

 山浦 行政には規制強化を要望します。安全性・有効性をうたうのであれば、中身をチェックしたうえで、問題のある商品を市場に出さない仕組みを求めます。いわゆる健康食品については、届出制や登録制などの厳しい措置が不可欠です。再評価も制度化しなければなりません。違反事例に対しては、厳罰主義で取り締まってほしいと思います。また、被害実態を十分に把握するため、行政は被害情報の報告義務を関係者に課して、データを収集・分析できる体制を整備するべきです。事業者には、広告に関するルールを設けてほしいですね。

 森下 山浦さんが話したことは、多くの消費者が感じていることだと思います。機能性表示の新制度を整備する際には、消費者が得するように変えていく必要があります。産業界は得るものが大きいだけに、大きな努力が求められます。健康食品のGMP認証などを取得し、安全性を確保しなければなりません。また、機能性表示を行なう商品については、TVCMなどで過剰な広告を打たないように注意するべきです。極端におかしな業者があれば、業界団体から除名するとか、機能性表示を一時停止するなど、業界が自主ルールを設ける必要があります。被害情報の収集についても、まずは産業界がホットラインのような仕組みをつくることが大切です。

(了)
(詳細は「I・Bヘルスケア 14号」で掲載予定)

 

おススメ記事

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]

都、乾燥塩トマトの販売業者を食品表示法違反で指示

 乾燥塩トマトを詰め替えて販売する際に、原材料名などを表示しなかったとして、東京都は21日、なかいや農園(東京都中野区、山田一雄氏)に対し、食品表示法に基づく指示を行ったと発表した。  都によると、同事業者は乾燥塩トマト […]

2018年06月22日

ABLによる化粧品のマルチ商法、和解不成立~国センADR

<エステ施術後に勧誘繰り返す>  (独)国民生活センターは21日、「国民生活センターADR(裁判外紛争解決手続)」で和解が成立しなかった事案として、(株)ABL(福岡市)による化粧品の連鎖販売取引をめぐる紛争を公表した。 […]