健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 規制改革ホットライン、「ビタミンDも新制度に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年02月26日

規制改革ホットライン、「ビタミンDも新制度に」

 政府の規制改革会議が24日開催され、健康・医療ワーキング・グループ(WG)から21件の提案事項が示された。21件は規制改革ホットラインを通じて寄せられた要望で、所管省庁に検討を依頼した。

 そのなかで、日本骨粗鬆症学会は「ビタミンDの機能性表示拡大」を要望した。ビタミンDは栄養機能食品の対象となっているが、消費者庁の機能性表示食品制度の対象としてもビタミンDを加えて、様々な機能性を訴求できるようにしてほしいと求めている。今後、消費者庁で検討することになる。

 一方、ビタミンDを過剰摂取した場合、腎臓・筋肉へのカルシウム沈着、軟組織の石灰化などが懸念される。過剰摂取による健康被害が懸念されることから、ビタミン・ミネラル類の機能性表示の拡大については、控えるべきという意見が消費者側やアカデミア側からも出ている。

 このほかの提案事項をみると、指定医薬部外品の機能性表示規制の見直し、一般用医薬品の区分による陳列規則の緩和などが寄せられた。規制改革ホットラインによる提案事項の検討は、定期的に実施されている。規制改革会議が所管省庁に検討を求め、その回答が公表される。

おススメ記事

原料原産地表示の消費者理解度、「55%」目標に

 消費者委員会本会議は24日、消費者庁が行う食品表示制度の周知活動について議論した。加工食品の原料原産地表示制度について消費者庁は、経過措置期間が終了する2022年3月末時点で、消費者の理解度(制度の中身まで理解している […]

フォーデイズに特商法違反で取引停止命令~消費者庁

<「ガンが治った」「目が治る」など告げて勧誘>  「ガンが治った人もいる」などと事実と異なる効能効果を告げて、健康飲料を販売したとして、消費者庁は24日、連鎖販売取引業者のフォーデイズ(株)(東京都中央区、和田桂子代表) […]

富士フィルム、新たな皮膚感作性試験法を開発

 富士フィルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長)はこのほど、新たな皮膚感作性試験代替法「Amino acid Derivative Reactivity Assay(ADRA)」を開発したと発表した。  皮膚感作性 […]

2017年11月24日

【2018/2/8】飲食店向け「食物アレルギー対策講習会」

 東京都は来年2月8日、飲食店向け「食物アレルギー対策講習会」を銀座ブロッサム(東京都中央区)で開催する。定員900人、参加費は無料。  プログラム内容は「知らないではすまされない、食物アレルギーとアナフィラキシー」(昭 […]

2017年11月24日

ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質改善作用

 コンビ(株)(本社:東京都台東区、五嶋啓伸社長)ファンクショナルフーズ事業部はこのほど、臨床試験によって、ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質を改善する作用があることを確認したと発表した。  25~46歳の男女5人を対象に、ク […]