健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > 裁かれるナチュラルグループ本社(9)~損害賠償請求事件、証拠は提出されず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年10月18日

裁かれるナチュラルグループ本社(9)~損害賠償請求事件、証拠は提出されず

 (株)ナチュラルグループ本社(以下、NG社)に対し1,500万円の損害賠償を求めている消費者裁判が17日、東京地方裁判所で開かれた。前回の裁判で原告側が被告側に求めていたブラジル酵素の保管状況を示す証拠は、提出されなかった。

tokyotisai (3)
 今回の裁判では、被告のNG社側(アニュー、バイオックス、アニュー中四国、健康壱番館呉)が、原告の預託を受けて一時的に預かっているとされる「ブラジル酵素」の保管状況を示す証拠が提出されるかどうかに注目が集まっていた。被告側は前回の裁判で、裁判官から次回期日(10月10日)までに同資料を提出するよう求められていた。
 原告側は、ブラジル酵素が適正に保管されているかどうかが争点のカギを握るものと見ている。保管されていないとすれば、出資法違反などに抵触する可能性が高いとしている。
 
 ほぼ主張は出揃ったとする裁判官は、被告側に反論を求めた。
 橋本氏は、「(商品が)腐っているなどとということはない。(改めて)現地でビデオを撮って提出する」と述べた。また「主張することは主張するが、和解を目指して進めたい」と、和解の意思があることを示した。
 「買い取り額の1,200万円を返済する予定が立つのか? 予定があると考えていいか」と質問する裁判官に対し、橋本氏は「はい」と答えた。
 さらに「手当てできるのか」と踏み込まれると、「原告の気持ちがわからないので、今日はちょっと・・・」と言い淀んだ。
 「そうはいっても、法廷でやっているので、和解をするというのはこの場ではむずかしい。具体的な提案があるのならば出してもらわないと、裁判所もどういう形で話を進めていいのかわからない。当事者同士で解決がつけばと思うが――」とする裁判官に対して橋本氏は、「最高責任者は私。できるだけの手を考えたいが、今すぐここでは言えない」とほかの被告をかばった。
 最後に裁判官は、「法廷で言いにくいなら代理人を通してほしい」と諭すように言った。
  
 結局、証拠資料は提出されないまま、決着は先送りとなった。
 閉廷後、被告側の弁護士に感想を求めたところ、弁護士は、最初から証拠資料を提出する意思はなかったと、橋本氏の陳述とは食い違いを見せた。また、この事件は「出資法違反には当たらないと思う」との見解も述べた。
 次回口頭弁論は12月12日の予定。

(つづく)
【田代 宏】

 

おススメ記事

2017年10月18日

機能性表示「NG表現集」は効力なし

 健康産業新聞など一部の業界紙がNG表現集などとして報じた機能性表示のいわゆるネガティブリストについて、健康食品産業協議会は「効力を持つ文書としてこのようなものが存在することは承知していない」とその存在を否定した。消費者 […]

北海道、「ヘルシー・Do」フェアを大丸札幌で開催

 北海道経済部食関連産業室は18日、北海道食品機能性表示制度「ヘルシー・Do」の認定を受けた商品を販売する「ヘルシー・Do フェアin大丸札幌店」を大丸札幌店(札幌市中央区)地下1階でスタートさせた。24日まで開催する。 […]

2017年10月18日

プロテインケミカル、機能性表示食品『グルコサミン』の届出を変更

 プロテインケミカル(株)(本社:東京都千代田区、飯田公則社長)は18日、グルコサミン塩酸塩を配合した機能性表示食品『グルコサミン』の届出内容を変更し、消費者庁のホームページに公開されたと発表した。同社は論文を4報追加し […]

ユーグレナ、オールインワンスキンケアクリーム発売

  (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は17日、オールインワンスキンケアクリーム『oneオールインワンセンシティブスキンクリーム』を新発売する。同社のECサイトで扱う。ユーグレナエキスを配合し、オールインワ […]

コカ・コーラシステム、『リアルゴールド 牡蠣ウコン』を発売

 全国のボトリング会社や日本コカ・コーラ(株)(本社:東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)などで構成するコカ・コーラシステムは30日、炭酸飲料『リアルゴールド 牡蠣ウコン』(100ml […]