健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 衆院・消費者特別委、機能性表示食品で質疑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月13日

衆院・消費者特別委、機能性表示食品で質疑

<トクホの衰退を懸念>
 衆議院・消費者問題特別委員会が12日に開かれ、4月1日に施行された機能性表示食品制度に関する質疑が寄せられた。

 自民党の小倉將信議員は、届出が受理された後に不正が発覚した場合の国の対応について質問。消費者庁の岡田憲和審議官は、疑義情報を確認して安全性や機能性が科学的根拠に基づかないことが明確になれば、事業者に撤回届の提出を求める方針を示した。さらに、「撤回届の提出がなく、機能性表示食品として販売しようとした場合、食品表示法に基づく指示や回収命令などの行政措置を行う」と答えた。

 小倉議員は、特定保健用食品(トクホ)と同等の機能性を表示できる機能性表示食品の導入により、「トクホが衰退する懸念があるが、どう共存していくのか」と問いただした。岡田審議官は企業責任に基づく機能性表示食品と、国の許可に基づくトクホの違いを指摘し、各制度の選択は事業者の判断に委ねられると説明した。

<「一般消費者向け情報をわかりやすくすることが重要」>
 日本共産党の梅村さえこ議員は、トクホ審査で安全性が指摘された成分を含む届出商品の話題を取り上げ、消費者間で不安が助長されると懸念した。これに対し、岡田審議官は「一般論として、届出情報をしっかりとオープンにすることが重要と考えている。その後、疑義情報を入手すれば、事業者からのヒアリングなどを行い、その根拠情報が十分かどうかを確認する手続きを取る」と答えた。

 また、機能性表示食品については、公開された届出情報をもとに消費者が商品選択することになるが、梅村議員は一般消費者にとって困難な面もあると指摘した。岡田審議官は「(届け出る)一般消費者向け情報をわかりやすくすることが重要と認識している」と述べた。

*記事へのご意見はこちら

おススメ記事

遺伝子組み換え表示、コーンフレークの追加を見送り

<検査法の再現性、確認できず>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は17日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の対象品目に追加する方向で検討していた「コーンフレーク」について、再現性のある検査法が確立されて […]

ジャパンライフ、1年以内に3度目の行政処分

<3月の行政処分を受け、新たなビジネス>  装着タイプ磁気治療器の販売取引で特定商取引法に違反したとして、消費者庁は17日、ジャパンライフ(株)(東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、業務提供誘引販売取引について12カ […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月17日

コトブキ薬粧、大阪の展示会で新サービス提案

 コトブキ薬粧(株)(本社:大阪市中央区、和田洋治社長、TEL:06-4963-2877)は28日から30日までの3日間、インデックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「中小企業新ものづくり・新サービス展」に出展する。大 […]

クリスマス限定パッケージの『Newヤクルト』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は11月下旬~12月下旬の期間、クリスマスシーズン限定パッケージの乳製品乳酸菌飲料『Newヤクルト』、『Newヤクルトカロリーハーフ』を全国で発売する。容器にクリスマ […]