健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 衆院・消費者特別委、機能性表示食品で質疑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月13日

衆院・消費者特別委、機能性表示食品で質疑

<トクホの衰退を懸念>
 衆議院・消費者問題特別委員会が12日に開かれ、4月1日に施行された機能性表示食品制度に関する質疑が寄せられた。

 自民党の小倉將信議員は、届出が受理された後に不正が発覚した場合の国の対応について質問。消費者庁の岡田憲和審議官は、疑義情報を確認して安全性や機能性が科学的根拠に基づかないことが明確になれば、事業者に撤回届の提出を求める方針を示した。さらに、「撤回届の提出がなく、機能性表示食品として販売しようとした場合、食品表示法に基づく指示や回収命令などの行政措置を行う」と答えた。

 小倉議員は、特定保健用食品(トクホ)と同等の機能性を表示できる機能性表示食品の導入により、「トクホが衰退する懸念があるが、どう共存していくのか」と問いただした。岡田審議官は企業責任に基づく機能性表示食品と、国の許可に基づくトクホの違いを指摘し、各制度の選択は事業者の判断に委ねられると説明した。

<「一般消費者向け情報をわかりやすくすることが重要」>
 日本共産党の梅村さえこ議員は、トクホ審査で安全性が指摘された成分を含む届出商品の話題を取り上げ、消費者間で不安が助長されると懸念した。これに対し、岡田審議官は「一般論として、届出情報をしっかりとオープンにすることが重要と考えている。その後、疑義情報を入手すれば、事業者からのヒアリングなどを行い、その根拠情報が十分かどうかを確認する手続きを取る」と答えた。

 また、機能性表示食品については、公開された届出情報をもとに消費者が商品選択することになるが、梅村議員は一般消費者にとって困難な面もあると指摘した。岡田審議官は「(届け出る)一般消費者向け情報をわかりやすくすることが重要と認識している」と述べた。

*記事へのご意見はこちら

おススメ記事

2017年09月22日

ライオン、機能性表示食品『歩むチカラ』を発売

 ライオン(株)(本社:東京都区、濱逸夫社長、TEL:0120-056-208)は26日、機能性表示食品の粉末清涼飲料『歩むチカラ レモン味』『――アップル味』『――フルーツヨーグルト味』(5.5g×30本)を発売する。 […]

公取、カネスエ商事とワイストアに不当廉売で警告

 キャベツなどの価格を不当に引き下げて販売したとして、公正取引委員会は21日、食品スーパーを経営する(株)カネスエ商事(愛知県日進市、牛田喜博代表)と(株)ワイストア(愛知県津島市、伊藤彰浩代表)に対し、不当廉売を行わな […]

2017年09月22日

日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門、2社5商品が金賞

 (一社)日本雑穀協会(東京都中央区)は21日、日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門<2017・秋>の金賞受賞企業と商品を発表した。金賞を受賞したのは2社5商品。同協会は28日午後2時から、製粉会館(東京都中央 […]

糖尿病が強く疑わる人、過去最多の1,000万人に

<高齢女性の「低栄養」も増加傾向>  「糖尿病が強く疑われる者」が全国で過去最多の約1,000万人に上ることが21日、厚生労働省の調査結果からわかった。  2016年国民健康・栄養調査の結果によると、「糖尿病が強く疑われ […]

2017年09月22日

機能性表示食品で新たに届出2件を公表

 消費者庁は21日、機能性表示食品で新たに2件の届出を公表した。公表されている届出件数は合計1,097件となった。  (株)ビオメディクスのサプリメント『ビフィミン』は、ビフィズス菌BB536を含有し、「腸内環境を良好に […]