健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 衆院・消費者特別委、機能性表示食品で質疑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月13日

衆院・消費者特別委、機能性表示食品で質疑

<トクホの衰退を懸念>
 衆議院・消費者問題特別委員会が12日に開かれ、4月1日に施行された機能性表示食品制度に関する質疑が寄せられた。

 自民党の小倉將信議員は、届出が受理された後に不正が発覚した場合の国の対応について質問。消費者庁の岡田憲和審議官は、疑義情報を確認して安全性や機能性が科学的根拠に基づかないことが明確になれば、事業者に撤回届の提出を求める方針を示した。さらに、「撤回届の提出がなく、機能性表示食品として販売しようとした場合、食品表示法に基づく指示や回収命令などの行政措置を行う」と答えた。

 小倉議員は、特定保健用食品(トクホ)と同等の機能性を表示できる機能性表示食品の導入により、「トクホが衰退する懸念があるが、どう共存していくのか」と問いただした。岡田審議官は企業責任に基づく機能性表示食品と、国の許可に基づくトクホの違いを指摘し、各制度の選択は事業者の判断に委ねられると説明した。

<「一般消費者向け情報をわかりやすくすることが重要」>
 日本共産党の梅村さえこ議員は、トクホ審査で安全性が指摘された成分を含む届出商品の話題を取り上げ、消費者間で不安が助長されると懸念した。これに対し、岡田審議官は「一般論として、届出情報をしっかりとオープンにすることが重要と考えている。その後、疑義情報を入手すれば、事業者からのヒアリングなどを行い、その根拠情報が十分かどうかを確認する手続きを取る」と答えた。

 また、機能性表示食品については、公開された届出情報をもとに消費者が商品選択することになるが、梅村議員は一般消費者にとって困難な面もあると指摘した。岡田審議官は「(届け出る)一般消費者向け情報をわかりやすくすることが重要と認識している」と述べた。

*記事へのご意見はこちら

おススメ記事

サプライ、チューブ入り飲料を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは20日、(株)サプライ(福岡県北九州市)がチューブ入り清涼飲料水『サプライフルーツミックス』、『サプライクリームソーダ』の自主回収をこのほど開始したとする情報を掲載した。製品の1部にこげが […]

2017年07月21日

【8/19】消費者問題シンポジウムin新潟

 消費者委員会は8月19日、公開シンポジウム「これからの消費者教育を考えよう」を新潟東映ホテル(新潟市中央区)で開催する。定員は100人程度、参加費は無料。  基調講演「消費者委員会の活動と消費者教育」(消費者委員会の河 […]

2017年07月21日

伊藤園、「栄養の日・栄養週間」に参画

 (株)伊藤園(本社:東京都渋谷区、本庄大介社長)は20日、(公社)日本栄養士会が制定した「栄養の日」「栄養週間」に参画し、『1日分の野菜』で国民の栄養を楽しむ生活を応援すると発表した。  全国の約540施設で働く管理栄 […]

『I.Bヘルスケア46号』を発刊

 (株)データ・マックスはヘルスケア分野の専門誌『I.Bヘルスケア46号』(月刊・A4)を発刊する。  特別企画「アジア産素材」は、健康食品の主原料として利用されるケースが増えたアジア産素材の動向を報告。供給量が拡大中の […]

永谷園、グルコサミン入り即席みそ汁をリニューアル

 (株)永谷園(本社:東京都港区、飯塚弦二朗社長、TEL:0120-919-454)は今月下旬から、グルコサミンを配合した即席みそ汁『かにのちからみそ汁』をリニューアル発売する。焼きがにのうま味を加え、パッケージも刷新し […]