健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 自民党、機能性表示食品の届出情報で議論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月28日

自民党、機能性表示食品の届出情報で議論

<トクホとのすみ分け、販売方法などが俎上に>
 自民党の消費者問題調査会(船田元会長)がきょう(28日)開かれ、機能性表示食品の届出状況などについて議論した。

 消費者庁はこれまでに26件の届出を受理し、公表している。内訳はサプリメント形状食品19件、一般加工食品7件、生鮮食品0件。届出者の所在地別でみると、東京12件、大阪8件、神奈川と福岡がそれぞれ3件となっている。

 出席した国会議員からは、「1件でもいかがわしい商品が出てくると、制度の信頼性が損なわれる。いかに対処できるかが重要」といった意見が聞かれた。届出情報のチェックは一般消費者にとって困難なことから、「団体や学識経験者の力を借りるしかない。消費者庁にはそのためのサポートをお願いしたい」との要請も出た。

 また、機能性表示食品制度の導入により、特定保健用食品(トクホ)を利用する企業が減少する可能性を指摘し、「機能性表示食品とトクホはすみ分けができるのか」と問いただす声も。これに対して消費者庁は、両制度の違いを消費者に周知する方針を説明した。

 機能性表示食品の販売方法も議論された。消費者庁は、販売方法や店頭表示について工夫が必要とし、検討する考えを示した。

【木村 祐作】

 

おススメ記事

2018年05月22日

【7/11】ICCRステークホルダーセッション

 日本・米国・EU・カナダ・ブラジルの化粧品規制当局で組織する化粧品規制協力国際会議(ICCR)は7月11日、ICCRステークホルダーセッションをイイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)で開催する。化粧品規 […]

ブロイラーなのに「地鶏」、消費者庁が措置命令

<居酒屋「塚田農場」「じとっこ組合」のメニュー表示が景表法違反>  居酒屋で提供する鶏料理にブロイラーを使用していたのにも関わらず、「地鶏」を使用していると誤認させるメニュー表示を行ったとして、消費者庁は22日、居酒屋チ […]

ファンデリー、塩分・タンパク質カットの『ミールタイム五目炒飯』発売

 (株)ファンデリー(本社:東京都北区、阿部公祐代表)は6月1日、味の素冷凍食品(株)と共同開発した『ミールタイム五目炒飯』を発売する。  1袋(200g)当たりの塩分が0.8g、タンパク質が5.4gで、通常のチャーハン […]

大正製薬、コバラサポートシリーズから新製品登場

 大正製薬(株)(本社:東京都豊島区、上原茂社長、TEL:0120-81-8428)は6月4日、空腹感を満たす飲料『コバラサポート ふくらみplus キウイ&パイン風味』を新発売する。全国のドラッグストアや通販「大正製薬 […]

母乳中のオステオポンチン濃度、産後日数にともない低下

<日本・中国・韓国・デンマークの4カ国による共同研究>  雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長)は21日、日本・中国・韓国・デンマークの4カ国間の共同研究で、母乳中のオステオポンチン(OPN)濃度が […]