健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 考察・機能性表示食品の「査読付き論文」(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月09日

考察・機能性表示食品の「査読付き論文」(前)

 機能性表示食品として受理されたキューサイ(株)のサプリメント『ひざサポートコラーゲン』の届出情報をめぐり疑義が出ている。この騒動を通して、機能性表示食品制度への対応のあり方を考察する。

<消費者団体が疑義情報を提出>
 問題を提起したのは、消費者団体の食の安全・監視市民委員会。6月1日、機能性表示食品17商品の疑義情報を消費者庁へ提出したと公表した。また、科学ジャーナリストの植田武智氏は雑誌「週刊金曜日」(5月29日号)で、『ひざサポートコラーゲン』を含む21商品の届出情報を批評した記事を発表した。
 市民委員会や植田氏は『ひざサポートコラーゲン』について、機能性の根拠としてキューサイが届け出た論文が、機能性表示食品の要件とされる「査読付き論文」でないなどと批判している。

 最終商品を用いた臨床試験の結果を根拠として届け出る場合、(1)UMIN臨床試験登録システムへの事前登録、(2)CONSORT声明に準拠した研究報告、(3)査読付き論文――が必須となる。これらは論文の信頼性を確保するための取り組みだ。市民委員会や植田氏による疑義情報のうち、制度の根幹にあたる「査読付き論文」の問題に焦点を当てて考える。

<雑誌「グルコサミン研究」、内部査読を実施>
 キューサイが機能性の根拠として届け出た論文は、2013年7月31日発行の雑誌「グルコサミン研究 9」に掲載された。この雑誌はグルコサミン研究会が発行。5人の学識経験者が編集委員を務める。グルコサミン研究会の事務局は、エイド出版内に置かれている。

 週刊金曜日の記事や市民委員会の疑義情報では、「査読付き論文でない」として、消費者庁のガイドラインに違反していると断言している。その根拠に、グルコサミン研究会事務局が置かれているエイド出版への取材で、「査読のある雑誌ではない」との回答を得たことを挙げる。
 ところが、グルコサミン研究会事務局の関係者は記者に対し、「査読がないという認識はない」、「(そう)答えた記憶が(事務局の)だれにもない」と話す。両者の主張には大きな食い違いがある。もはや「言った、言わない」の次元だ。

 査読は行われたのだろうか。複数の編集委員に聞いてみた。グルコサミン研究会会長で編集委員の長岡功氏(順天堂大学)によると、「すべての論文が編集委員全員によって評価(査読)を受け、修正が求められる。たとえば、編集委員の研究室から提出された論文であっても、ほかの編集委員によって評価・査読を受けることになる」。具体的には「データの表し方、説明、論理展開、考察などに矛盾がないかが審査される。査読によって修正を著者に求め、修正が確認されたものを掲載している」という。キューサイの論文も同様に扱ったと説明する。
 
 別の編集委員も「キューサイの論文は私にも送られてきた。補足や追加、削除すべき点などを返答した」と証言。「どのレベルで何をもって判断するかという点はあるが、間違ったことをしているとは思わない」と話している。
 さらに、グルコサミン研究会に参画している複数の企業関係者も、「編集委員がかなり厳しく査読している」との認識を持つ。

 編集委員や研究会関係者によると、雑誌「グルコサミン研究」の掲載論文は、原則5人の編集委員全員によって査読される。一般的にイメージされる査読は、編集委員会が外部の専門家に査読を依頼し、その結果を踏まえて採択するという流れ(外部査読)。これに対し、「グルコサミン研究」は編集委員が自ら査読する内部査読の形式を取っている。市民委員会や植田氏の「査読付き論文ではない」という疑義情報は”誤報”だったことになる。消費者団体であっても、名指しで批判する場合には十分な取材・調査が求められるだろう。

 しかし、今回の騒動は査読の有無だけで片づけられる単純な話でもない。また、キューサイだけの問題でもない。機能性表示食品に対する消費者の信頼を高めるうえで、考えなければならない重要な要素が含まれている。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

森永製菓、微炭酸の甘酒飲料を発売

 森永製菓(株)(本社:東京都港区、新井徹社長、TEL:0120-560-162)は22日、健康志向の炭酸飲料『スパークリング甘酒』を期間限定で発売する。  国産の酒粕と米麹をブレンドした甘酒を微炭酸に仕立てた。夏場の甘 […]

2018年05月21日

【5/24・25】「あおもりPG商品企画アカデミー」事業説明会

 青森県は24・25日、県内の企業を対象に「あおもりPG商品企画アカデミー」事業説明会を2会場で開催する。  「あおもりPG商品企画アカデミー」は、あおもりPG(プロテオグリカン)を使った健康食品や化粧品などの商品開発に […]

2018年05月21日

ミドリムシ粉末に筋委縮症状抑制作用の可能性

 (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は18日、九州大学・立花宏文教授と行った動物実験により、ミドリムシ粉末に筋委縮症状の抑制作用があることが示唆されたと発表した。  ミドリムシ粉末を摂取させたマウス(ミドリ […]

新生薬品工業、胃腸薬を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは18日、新生薬品工業(株)(奈良県高市郡)による胃腸薬(第3類医薬品)の自主回収情報を公表した。  対象商品は『甘樫胃腸丸』(ロット:C04、D05・06・07・08・09)。外袋の効能ま […]

2018年05月21日

AIFN、食の安全テーマに記者向けセミナー開く

 国際栄養食品協会(AIFN)は18日、「食の安全を考える記者向け連続セミナー」の第1回目を都内で開催した。「食の安全もガラパゴス化?有機食品、食品添加物、健康食品の海外比較」をテーマに、AIFN関係者などが講演した。 […]