健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 考察・機能性表示食品の「査読付き論文」(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月10日

考察・機能性表示食品の「査読付き論文」(中)

<内部査読「だめとは言えない」>
 雑誌「グルコサミン研究」は、編集委員が自ら査読する内部査読を実施している。また、機能性表示食品の届出ガイドラインでは、査読について詳細な規定を設けていない。インパクトファクターなどによる格付けもない。
 消費者庁は「査読付き論文の質を担保するために、一律に基準を設けることは難しい。ガイドラインでも内部査読と外部査読の区分を行っておらず、内部査読だからだめとは言えない」(食品表示企画課)との見解を示す。

 キューサイでは「弊社としては査読付きであり、利益相反はないという認識である」(総務部広報担当)と疑義情報に反論している。

 ここまで見てきたように、キューサイの論文は「査読付き」について、ガイドラインに違反していないことになる。では、科学ジャーナリストの植田武智氏や食の安全・監視市民委員会の指摘はまったくの的外れで、”誤報”として一蹴されてしまうものなのだろうか。

<グルコサミン研究会は改善に着手>
 通常、学術誌には投稿規程が掲載され、そのなかで査読や利益相反に関する規定などが記載されている。しかし、雑誌「グルコサミン研究」には、査読や利益相反に関する規定が明記されていない。このため、外部から見て、査読の公正性が担保されているかどうかを判断することが難しい。こうした点が、疑義を生じさせる要因の一つになったと考えられる。

 「グルコサミン研究」の編集委員の1人は、「通常言われる査読と言えるかどうかはグレー」と打ち明ける。また、外部のある学識経験者は「そうした規定がないのならば、一般の学術雑誌とは言い難い」と指摘する。内部査読を実施しているものの、一方で、このような厳しい見方もある。

 医療界では、日本医学会が今年3月に「医学雑誌編集ガイドライン」を公表。そのなかで、査読システムの改善の方向性を盛り込んだ。同ガイドラインで「査読には編集委員会による内部査読と、編集委員以外の専門家による外部査読の2種があり、投稿原稿の批判的評価がなされる。通常、後者が『査読』と称されている」との考え方を示した。さらに、「査読に関する透明性を確保するために、編集者は、査読についての方針(査読を依頼する原稿の種類と数、査読者の人数、査読の手順、査読者の意見の用い方など)と査読期間を公開することが望ましい」と明記した。

 同ガイドラインの編集責任者に、内部査読を一般的に「査読」と呼ぶことが適切でない理由を聞いたところ、「内部査読は公正性が十分に担保できないため」と説明している。

 今回の騒動を受けて、グルコサミン研究会は投稿規定に「査読」の文言を入れることや、利益相反の開示に関する基準・方法を決定。透明性を高める方向へ改善に乗り出した。こうした動きを見る限り、市民委員会や植田氏の指摘は重要な点を突いていたと言える。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

ナリス化粧品、『食べるシェイクPLUS』発売

 (株)ナリス化粧品(本社:大阪市福島区、村岡弘義社長、TEL:0120-71-9000)は5月21日、スーパーフードが入った『食べるシェイクPLUS 味わい抹茶』、『――香ばしカフェオレ』、『――クリーミー苺』(33g […]

2017年04月28日

消費者庁、機能性表示食品で2件受理

 消費者庁は27日、機能性表示食品で新たに2件の届出を受理した(総受理件数883件)。受理されたのは、(株)山城物産のインスタントルイボスティー『Sleepルイボスティー』『――スティック』。  2件ともGABAを関与成 […]

2017年04月27日

大栄トレーディング、田七人参の販売に注力

 大栄トレーディング(株)(本社:東京都豊島区、海南真太郎社長)は、田七人参の販売に注力する。販売を開始して今年で20周年を迎えた。同社では「提携農場で栽培、収穫し、中国・昆明の自社工場で製造しているため、栽培から加工販 […]

2017年04月27日

機能性表示食品「えんきん」シリーズの売上高68億円を計画~ファンケル

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)はきょう(27日)、決算説明会を都内で開き、2017年3月期決算が増収増益になったと発表した。栄養補助食品事業は機能性表示食品『えんきん』などが牽引し、今期も10品 […]

2017年04月27日

キューサイ、新社長就任による新体制の裏側に何が?

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区)はこのほど、代表取締役の藤野孝氏ほか取締役全員が辞任。前執行役員通販統括部担当兼通販統括部長の神戸聡氏が代表取締役に就く新体制を敷いたことで、業界内では物議を醸している。  取締役 […]