健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 深まる業界団体の迷走~健康食品産業協議会の臨時総会(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年09月10日

深まる業界団体の迷走~健康食品産業協議会の臨時総会(後)

<使途不明の拠出金、政治家に頼る>
 3日に開催された「健康食品産業協議会」(8業界団体で構成)の臨時総会で、政治家への働きかけが議題に上り、今秋、国会議員との勉強会を開く計画が示された。政治家に同協議会の要望を陳情する考えだ。

 政治家への働きかけなどに必要な活動費について、各団体から10万円ずつを「拠出金」として徴収することも議論された。1団体を除き、拠出する方向で合意。出席した関係者によると、拠出金の使途ははっきりしていないという。

 ある団体の代表は、「現在も政府内で、新たな機能性表示制度をめぐって、『米国型制度か、第三者認証制度か』の綱引きをしていると思っているので、拠出金を出すことにした」と話す。消費者庁が第三者認証制度を見送り、米国ダイエタリーサプリメント制度を参考にした仕組みを導入する方針は、議論の余地がないほど明確となっている。しかし、同協議会内では、そうした情報が共有されていないようだ。

 各団体の財政事情は明るくなく、拠出金の負担は決して軽くはない。しかも、使途が明確でなく、費用対効果も不明。このため、今後は各団体の傘下企業から、疑問の声が噴出する可能性もある。

<JADMAとの連携を渇望>
 公益社団法人 日本通信販売協会(JADMA)との連携も議題に上った。業界団体の動きを1本化することが狙い。同協議会の幹部からは、「交渉中」との説明があった。

 JADMAのサプリメント部会は、同協議会と一線を画した活動を続けている。これまでJADMAは、「登録制」をいち早く導入するなど、消費者目線の施策に取り組んできた。また、行政との協力関係も重視している。

 一方、同協議会は行政との対決姿勢を鮮明にしながら、迷走を続けている。同協議会を構成する各団体の加盟企業では、「なぜ、そのような行動に出るのか理解できない」と首を傾げる関係者が多い。

 同協議会はJADMAに協力を求めているが、両者のスタンスは異なる。業界内では「水と油」とも例えられる。同協議会の思惑に、JADMAが乗っかる可能性は”ゼロ”に近いとみられる。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]

都、乾燥塩トマトの販売業者を食品表示法違反で指示

 乾燥塩トマトを詰め替えて販売する際に、原材料名などを表示しなかったとして、東京都は21日、なかいや農園(東京都中野区、山田一雄氏)に対し、食品表示法に基づく指示を行ったと発表した。  都によると、同事業者は乾燥塩トマト […]

2018年06月22日

ABLによる化粧品のマルチ商法、和解不成立~国センADR

<エステ施術後に勧誘繰り返す>  (独)国民生活センターは21日、「国民生活センターADR(裁判外紛争解決手続)」で和解が成立しなかった事案として、(株)ABL(福岡市)による化粧品の連鎖販売取引をめぐる紛争を公表した。 […]