健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 深まる業界団体の迷走~健康食品産業協議会の臨時総会(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年09月10日

深まる業界団体の迷走~健康食品産業協議会の臨時総会(後)

<使途不明の拠出金、政治家に頼る>
 3日に開催された「健康食品産業協議会」(8業界団体で構成)の臨時総会で、政治家への働きかけが議題に上り、今秋、国会議員との勉強会を開く計画が示された。政治家に同協議会の要望を陳情する考えだ。

 政治家への働きかけなどに必要な活動費について、各団体から10万円ずつを「拠出金」として徴収することも議論された。1団体を除き、拠出する方向で合意。出席した関係者によると、拠出金の使途ははっきりしていないという。

 ある団体の代表は、「現在も政府内で、新たな機能性表示制度をめぐって、『米国型制度か、第三者認証制度か』の綱引きをしていると思っているので、拠出金を出すことにした」と話す。消費者庁が第三者認証制度を見送り、米国ダイエタリーサプリメント制度を参考にした仕組みを導入する方針は、議論の余地がないほど明確となっている。しかし、同協議会内では、そうした情報が共有されていないようだ。

 各団体の財政事情は明るくなく、拠出金の負担は決して軽くはない。しかも、使途が明確でなく、費用対効果も不明。このため、今後は各団体の傘下企業から、疑問の声が噴出する可能性もある。

<JADMAとの連携を渇望>
 公益社団法人 日本通信販売協会(JADMA)との連携も議題に上った。業界団体の動きを1本化することが狙い。同協議会の幹部からは、「交渉中」との説明があった。

 JADMAのサプリメント部会は、同協議会と一線を画した活動を続けている。これまでJADMAは、「登録制」をいち早く導入するなど、消費者目線の施策に取り組んできた。また、行政との協力関係も重視している。

 一方、同協議会は行政との対決姿勢を鮮明にしながら、迷走を続けている。同協議会を構成する各団体の加盟企業では、「なぜ、そのような行動に出るのか理解できない」と首を傾げる関係者が多い。

 同協議会はJADMAに協力を求めているが、両者のスタンスは異なる。業界内では「水と油」とも例えられる。同協議会の思惑に、JADMAが乗っかる可能性は”ゼロ”に近いとみられる。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]

国セン、フリマの消費者相談が急増

<酒を購入する未成年者、運営事業者は放置>  (独)国民生活センターは22日、インターネット上で商品の売買を個人間でできる「フリマアプリ」「フリマサイト」といったフリーマーケットサービスに関する消費者相談が、年間3,00 […]

動脈硬化の原因となるリポタンパク質を発見

 秋田県立大学は21日、生物資源科学部の小西智一准教授らの研究グループが、動脈硬化の原因となり得るリポタンパク質「LAC」を発見したと発表した。研究成果は20日、国際学術誌『PLOS ONE』に掲載された。  研究グルー […]