健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 深まる業界団体の迷走~健康食品産業協議会の臨時総会(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年09月10日

深まる業界団体の迷走~健康食品産業協議会の臨時総会(後)

<使途不明の拠出金、政治家に頼る>
 3日に開催された「健康食品産業協議会」(8業界団体で構成)の臨時総会で、政治家への働きかけが議題に上り、今秋、国会議員との勉強会を開く計画が示された。政治家に同協議会の要望を陳情する考えだ。

 政治家への働きかけなどに必要な活動費について、各団体から10万円ずつを「拠出金」として徴収することも議論された。1団体を除き、拠出する方向で合意。出席した関係者によると、拠出金の使途ははっきりしていないという。

 ある団体の代表は、「現在も政府内で、新たな機能性表示制度をめぐって、『米国型制度か、第三者認証制度か』の綱引きをしていると思っているので、拠出金を出すことにした」と話す。消費者庁が第三者認証制度を見送り、米国ダイエタリーサプリメント制度を参考にした仕組みを導入する方針は、議論の余地がないほど明確となっている。しかし、同協議会内では、そうした情報が共有されていないようだ。

 各団体の財政事情は明るくなく、拠出金の負担は決して軽くはない。しかも、使途が明確でなく、費用対効果も不明。このため、今後は各団体の傘下企業から、疑問の声が噴出する可能性もある。

<JADMAとの連携を渇望>
 公益社団法人 日本通信販売協会(JADMA)との連携も議題に上った。業界団体の動きを1本化することが狙い。同協議会の幹部からは、「交渉中」との説明があった。

 JADMAのサプリメント部会は、同協議会と一線を画した活動を続けている。これまでJADMAは、「登録制」をいち早く導入するなど、消費者目線の施策に取り組んできた。また、行政との協力関係も重視している。

 一方、同協議会は行政との対決姿勢を鮮明にしながら、迷走を続けている。同協議会を構成する各団体の加盟企業では、「なぜ、そのような行動に出るのか理解できない」と首を傾げる関係者が多い。

 同協議会はJADMAに協力を求めているが、両者のスタンスは異なる。業界内では「水と油」とも例えられる。同協議会の思惑に、JADMAが乗っかる可能性は”ゼロ”に近いとみられる。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年10月19日

消費者庁長官、機能性表示食品の検証結果「GL改正に反映も」

 機能性表示食品制度の臨床試験と安全性評価に関する検証事業報告書について、消費者庁の岡村和美長官は18日、「消費者庁で検証した上で、必要に応じて届出ガイドラインの改正や機能性表示食品のQ&Aに反映させるといった活 […]

村田園、景表法違反でお詫び広告

 (独)国民生活センターは18日、(株)村田園(本社:熊本県菊池郡、村田正英社長)が、茶製品の表示について景品表示法に基づく措置命令を受けた件で、新聞の広告欄や自社ホームページにお詫びを掲載したと発表した。外国産原料を含 […]

ヴァカボ、「第2回365マーケットオフィス」開催

 食を通じたマーケティングとプロモーションを提供する(株)ヴァカボ(本社:東京都中央区、長岡康生社長)は18日、「第2回365マーケットオフィス」を都内で開催した。  「365マーケットオフィス」とは、食に関する資格を持 […]

市民団体、各政党に機能性表示食品の評価など質問

<維新の会、自民党「評価できる」>  消費者団体の「食の安全・監視市民委員会」は18日配信のメルマガで、主要政党を対象に実施した「食の安全に関する政党アンケート」の結果を公表した。機能性表示食品制度については、各政党によ […]

2017年10月19日

消費者庁、機能性表示食品で届出2件公表

 消費者庁は18日、機能性表示食品で新たに2件の届出を公表した。公表されている届出件数は合計1,128件となった。  (株)龍泉堂のサプリメント『ボディチャレンジ』は、アフリカマンゴノキ由来エラグ酸が機能性関与成分。「肥 […]