健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁の新機能性表示制度、安全対策も焦点に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年06月25日

消費者庁の新機能性表示制度、安全対策も焦点に

 事業者の自己責任による健康食品の新機能性表示制度の整備に向けて、消費者庁が米国のダイエタリーサプリメント制度の全項目をリストアップし、それぞれの項目ごとに新制度への導入の可否について検討することが、25日わかった。

 ダイエタリーサプリメント制度では、サプリメントを製造する企業に、製品の品質を担保するcGMP(Curent Good Manufacturing Practice)の取得が義務づけられている。消費者庁の新制度でも、GMP認証取得の義務づけも視野に検討される見通し。GMPは厚生労働省の管轄であるため、厚労省と協議しながら進めていくという。

 また、ダイエタリーサプリメント制度では、FDA(米国食品医薬品局)に届け出をせずに機能性を表示した場合や、機能性表示の範囲を逸脱した表記をした場合などは、不正表示とみなされ、流通停止・回収など、厳罰が課される。消費者庁の新制度でも、ルールを逸脱した表示や広告に対しては、厳罰化の方向で検討するという。
消費者庁の「機能性評価モデル事業」で問題になった利益相反、出版バイアスをガイドラインに盛り込むかは未定。ガイドラインで示すエビデンスのレベルについては、例えば「ヒト試験を対象とする」など、何らかの基準を明確にする方針だ。

 いわゆる健康食品の新たな機能性表示制度については、事業者が自己責任によって機能性を評価・表示する制度を導入する方向で、消費者庁が検討を進めている。商品には「国が認めた表示でない」などと表示させる考え。表示できる内容は、人体の構造・機能への影響に関する表示が中心で、米国のダイエタリーサプリメント制度に近いスキームとしている。
 日本健康・栄養食品協会(JHNFA)が要望した、国が第三者認証機関を認定する仕組みは見送ることになった。これにより、事業者が第三者認証機関による認定を受けなければならないといった制約はなくなりそうだ。

【山本 剛資】

 

おススメ記事

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]