健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁の新制度検討会「終了」(6)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月19日

消費者庁の新制度検討会「終了」(6)

<徹底した情報開示でガラス張りに>
 消費者庁が導入する新たな機能性表示制度の大きな特徴に、高い透明性がある。企業が自己責任のもとで機能性を表示することに対し、「好き勝手に表示するのでは」と心配する声も聞かれる。しかし、検討会の報告書(案)には、商品の安全性・機能性に関する情報の開示など、制度をガラス張りにする施策が散りばめられている。

 消費者庁の担当官は、「世界最先端の透明性の高い制度にしたい」と話す。その土台となるのが、届出制の導入。企業が届け出た情報のほとんどを開示する予定だ。すべての国民がパソコンを通じてアクセスし、閲覧できるようにする。消費者庁による販売後のモニタリングだけでなく、ライバル企業間のチェック、消費者団体やマスコミによる監視なども予想される。
 18日の最終会合で、消費者庁の担当官は「外部から疑義情報をもらえば、取り締まりやモニタリングの対象としたい」と説明した。

 報告書(案)には参考資料として、「消費者庁への届出項目(主要項目)」のイメージを盛り込んだ。製品の基本情報として、「機能性関与成分名」「1日摂取目安量」「摂取の方法」などがある。
 対象となる食品・成分については、「食経験に関する情報」「安全性試験に関する情報」「機能性関与成分と医薬品との相互作用の有無」「成分同士の相互作用の有無」などを挙げている。これらについては、どのデータベースで、どのような検索式で調べたかなどの詳細情報を求める方針だ。
 生産・製造・品質の管理では、「機能性関与成分と安全性に関わる成分の量についての規格」「HACCP、ISO22000、FSSC22000、GMPなどの取得状況」「原料の基原の保証試験方法、製品の崩壊性試験の結果、当該試験の頻度」「製品分析の結果」などをイメージしている。
 機能性情報としては、「機能性表示の内容」「機能性の根拠情報」などがある。「機能性の根拠情報」については、一般消費者が理解しやすい形式(概略版)も合せて届け出る。

<多岐にわたる容器包装の表示事項>
 新制度の特徴の1つに、容器包装に記載する表示項目が多岐にわたることがある。消費者の誤認防止を目的とした表示などを予定している。

 報告書(案)で参考資料として、「容器包装への表示による情報開示(主要項目)」のイメージが示された。製品の基本情報には、「製品名」「届出受理番号」「機能性関与成分名」「1日摂取目安量」などがある。
 安全性については、「摂取上の注意」「疾病の診断、治療、予防を目的としたものではない旨」「体調に異常を感じた際は速やかに摂取を中止し、医師に相談すべき旨」など。
 このほか、特徴的なのが「機能性および安全性について、国による評価を受けたものではない旨」の表示。「疾病に既に罹患している人、未成年者、妊産婦(妊娠計画中の者を含む)、授乳婦を対象としたものではない旨」も新制度に特有の表示項目となる。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]