健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁の新制度検討会「終了」(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月18日

消費者庁の新制度検討会「終了」(1)

<近く報告書を公表、消費者庁は基準案策定へ>
 消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」は18日、報告書(案)について議論し、検討作業を終了した。一部修正したうえで、近く報告書を公表する。今後、消費者庁は報告書を受けて、食品表示基準(案)を策定。パブリック・コメントや消費者委員会の審議を経て、制度内容を決定する。新制度は来春から動き出す。

 同検討会は昨年12月から8カ月間にわたって、議論を重ねてきた。検討の結果、安全性と機能性を企業が自ら評価し、自己責任のもとで一定の機能性を表示できる制度を導入する方針が示された。文献レビューによる機能性評価、販売前届出制、安全性・機能性情報の全面開示などが特徴。栄養機能食品制度やトクホ制度とはまったく異なる制度となる。

 また、報告書(案)には、構造・機能表示(いわゆる部位表示など)を可能とする考え方も盛り込まれた。こうした検討結果を受けて、消費者庁は中小企業も利用できるように、短期間・低コストで機能性表示を可能とする制度を整備する。

<関与成分が定性的・定量的に明らかな食品が対象>
 報告書(案)によると、新制度の対象は、(1)関与成分が定性的・定量的に明らかにされている、(2)それ以外の成分は一般の食品と同等の安全性がある――の2点を満たす食品。関与成分については、すべての組成が明らかにされている必要はなく、主な成分が測定可能ならばよいとしている。

 安全性評価は、食経験の評価と、安全性試験に関する情報の評価の2段階で実施。食経験が「あり」となれば、その時点で安全性評価は終了となる。

 食経験の評価は、関与成分または食品について行う。あらゆる文献を収集し、評価することになる。評価ポイントは、同等以上の摂取量による一定期間の食経験が全国規模であること。海外文献の場合は、食生活や栄養状態などで日本人と類似していることを挙げた。

 食経験よりも関与成分の摂取量が多くなるケースなど、食経験では安全性が担保できない場合は、安全性試験に関する情報を収集して評価する。成分ベースで評価する場合は、商品に適用できる根拠を示さなければならない。評価の対象として、遺伝毒性試験・急性毒性試験・反復投与試験など(試験管試験や動物試験)と、過剰摂取試験・長期摂取試験など(ヒト試験)を挙げた。

 安全性を確保するため、相互作用についても評価する。まず、関与成分と医薬品の相互作用の有無を評価。さらに、複数の関与成分を含む商品では、成分同士の相互作用の有無も評価する。

 これらの安全性の評価手法について、消費者庁は来春までにガイドラインを策定し、一定の考え方を示す計画としている。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]