健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁「新制度」説明会(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月05日

消費者庁「新制度」説明会(5)

<モデル事業の11成分の評価、新制度とは無関係>
 4日都内で開催された「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ)」の説明会では、参加者から多くの質問が消費者庁に寄せられた。主な質疑応答をまとめた。

 Q(参加者):新制度は来年4月1日から届出が始まるのか、それとも商品を発売できるのか?
 A(消費者庁):今のところ未定。閣議決定は今年度中に結論・措置としており、発売できるようにするとはしていない。制度自体は今年度内に措置する。

 Q:消費者庁が実施した「食品の機能性評価モデル事業」で対象となった11成分の評価について、どのレベルならば機能性の根拠があると言えるのか?
 A:モデル事業の結果と新制度は関連しない。モデル事業は、成分ベースで機能性を評価する場合の課題の抽出が目的だった。(対象となった11成分の評価の)結果が1人歩きしてほしくないと、以前から考えていた。
 一方、モデル事業で指摘された「利益相反」「出版バイアス」といった課題については、新制度に対応策を盛り込んだ。出版バイアスを防ぐための臨床試験の事前登録や、利益相反に関する情報の報告・開示などがある。

 Q:同一商品で複数の機能性がある場合、複数の機能性を表示することは可能か?
 A:一定の条件を満たせば、同一商品で複数の機能性を表示できる。

 Q:生鮮食品は関与成分の含有量が変動しやすいが、その許容範囲は?
 A:産地や収穫時期、使用部位などによって関与成分の含有量が変動する。このため、どのような管理体制とするのかが課題となり、今後、農林水産省と詰める。

 Q:新制度のもとで不適切な機能性表示の事例が出てきた場合、食品表示法で定めた適格消費者団体による差止請求などが行われるのか?
 A:機能性表示は、食品表示法の適格消費者団体による差止請求制度の対象とならない。一方、同様に食品表示法で規定された申出制度は、「何人も、食品に関する表示が適正でないため、一般消費者の利益が害されているときに申し出ることができる」とされている。被害を受けた人も、それ以外の人でも、適切でない表示について申し出ることができる。申出を受けて消費者庁は調査し、対応する。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]