健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁「新制度」説明会(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月05日

消費者庁「新制度」説明会(5)

<モデル事業の11成分の評価、新制度とは無関係>
 4日都内で開催された「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ)」の説明会では、参加者から多くの質問が消費者庁に寄せられた。主な質疑応答をまとめた。

 Q(参加者):新制度は来年4月1日から届出が始まるのか、それとも商品を発売できるのか?
 A(消費者庁):今のところ未定。閣議決定は今年度中に結論・措置としており、発売できるようにするとはしていない。制度自体は今年度内に措置する。

 Q:消費者庁が実施した「食品の機能性評価モデル事業」で対象となった11成分の評価について、どのレベルならば機能性の根拠があると言えるのか?
 A:モデル事業の結果と新制度は関連しない。モデル事業は、成分ベースで機能性を評価する場合の課題の抽出が目的だった。(対象となった11成分の評価の)結果が1人歩きしてほしくないと、以前から考えていた。
 一方、モデル事業で指摘された「利益相反」「出版バイアス」といった課題については、新制度に対応策を盛り込んだ。出版バイアスを防ぐための臨床試験の事前登録や、利益相反に関する情報の報告・開示などがある。

 Q:同一商品で複数の機能性がある場合、複数の機能性を表示することは可能か?
 A:一定の条件を満たせば、同一商品で複数の機能性を表示できる。

 Q:生鮮食品は関与成分の含有量が変動しやすいが、その許容範囲は?
 A:産地や収穫時期、使用部位などによって関与成分の含有量が変動する。このため、どのような管理体制とするのかが課題となり、今後、農林水産省と詰める。

 Q:新制度のもとで不適切な機能性表示の事例が出てきた場合、食品表示法で定めた適格消費者団体による差止請求などが行われるのか?
 A:機能性表示は、食品表示法の適格消費者団体による差止請求制度の対象とならない。一方、同様に食品表示法で規定された申出制度は、「何人も、食品に関する表示が適正でないため、一般消費者の利益が害されているときに申し出ることができる」とされている。被害を受けた人も、それ以外の人でも、適切でない表示について申し出ることができる。申出を受けて消費者庁は調査し、対応する。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年02月23日

ファンケル、コラーゲンサプリ発表会を開催

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は23日、新商品のサプリメント「ディープチャージ コラーゲン」シリーズ4品(3月20日発売)のプレス発表会を都内ホテルで開催した。  ゲストに招かれた銀座ケイスキンクリ […]

米国FDA、クラトン含有製品の使用禁止を勧告

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は22日、米国食品医薬品局(FDA)がクラトン(アヘンボク)を含む全ての製品について、使用しないように勧告したと発表した。  クラトンを含む製品との関連が疑われる健康被害事例が多数報告 […]

トロナジャパン、糖質40%カットの冷凍ピザ発売

 (株)トロナジャパン(本社:東京都港区、名田陽一社長、TEL:0120-941-035)は3月1日、ピザ生地の糖質を40%カットした冷凍ピザ『ピザ生地糖質40%OFF イベリコ豚ベーコンのピッツァ』を発売する。  使用 […]

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]