健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁「新制度」説明会(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月05日

消費者庁「新制度」説明会(5)

<モデル事業の11成分の評価、新制度とは無関係>
 4日都内で開催された「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ)」の説明会では、参加者から多くの質問が消費者庁に寄せられた。主な質疑応答をまとめた。

 Q(参加者):新制度は来年4月1日から届出が始まるのか、それとも商品を発売できるのか?
 A(消費者庁):今のところ未定。閣議決定は今年度中に結論・措置としており、発売できるようにするとはしていない。制度自体は今年度内に措置する。

 Q:消費者庁が実施した「食品の機能性評価モデル事業」で対象となった11成分の評価について、どのレベルならば機能性の根拠があると言えるのか?
 A:モデル事業の結果と新制度は関連しない。モデル事業は、成分ベースで機能性を評価する場合の課題の抽出が目的だった。(対象となった11成分の評価の)結果が1人歩きしてほしくないと、以前から考えていた。
 一方、モデル事業で指摘された「利益相反」「出版バイアス」といった課題については、新制度に対応策を盛り込んだ。出版バイアスを防ぐための臨床試験の事前登録や、利益相反に関する情報の報告・開示などがある。

 Q:同一商品で複数の機能性がある場合、複数の機能性を表示することは可能か?
 A:一定の条件を満たせば、同一商品で複数の機能性を表示できる。

 Q:生鮮食品は関与成分の含有量が変動しやすいが、その許容範囲は?
 A:産地や収穫時期、使用部位などによって関与成分の含有量が変動する。このため、どのような管理体制とするのかが課題となり、今後、農林水産省と詰める。

 Q:新制度のもとで不適切な機能性表示の事例が出てきた場合、食品表示法で定めた適格消費者団体による差止請求などが行われるのか?
 A:機能性表示は、食品表示法の適格消費者団体による差止請求制度の対象とならない。一方、同様に食品表示法で規定された申出制度は、「何人も、食品に関する表示が適正でないため、一般消費者の利益が害されているときに申し出ることができる」とされている。被害を受けた人も、それ以外の人でも、適切でない表示について申し出ることができる。申出を受けて消費者庁は調査し、対応する。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年05月22日

【7/11】ICCRステークホルダーセッション

 日本・米国・EU・カナダ・ブラジルの化粧品規制当局で組織する化粧品規制協力国際会議(ICCR)は7月11日、ICCRステークホルダーセッションをイイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)で開催する。化粧品規 […]

ブロイラーなのに「地鶏」、消費者庁が措置命令

<居酒屋「塚田農場」「じとっこ組合」のメニュー表示が景表法違反>  居酒屋で提供する鶏料理にブロイラーを使用していたのにも関わらず、「地鶏」を使用していると誤認させるメニュー表示を行ったとして、消費者庁は22日、居酒屋チ […]

ファンデリー、塩分・タンパク質カットの『ミールタイム五目炒飯』発売

 (株)ファンデリー(本社:東京都北区、阿部公祐代表)は6月1日、味の素冷凍食品(株)と共同開発した『ミールタイム五目炒飯』を発売する。  1袋(200g)当たりの塩分が0.8g、タンパク質が5.4gで、通常のチャーハン […]

大正製薬、コバラサポートシリーズから新製品登場

 大正製薬(株)(本社:東京都豊島区、上原茂社長、TEL:0120-81-8428)は6月4日、空腹感を満たす飲料『コバラサポート ふくらみplus キウイ&パイン風味』を新発売する。全国のドラッグストアや通販「大正製薬 […]

母乳中のオステオポンチン濃度、産後日数にともない低下

<日本・中国・韓国・デンマークの4カ国による共同研究>  雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長)は21日、日本・中国・韓国・デンマークの4カ国間の共同研究で、母乳中のオステオポンチン(OPN)濃度が […]