健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁「新制度」説明会(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月05日

消費者庁「新制度」説明会(4)

<「研究レビューが主流になる」と予想>
 4日都内で開催された「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ)」の説明会で、消費者庁は新制度のもとで機能性を表示するための取り組みを説明した。

 機能性表示の根拠を実証する手法は2とおり。その1つが、最終製品を用いた臨床試験。トクホの試験方法に準じるが、トクホにない手続きも求められる。「UMIN臨床試験登録システム」などへの事前登録と、CONSORT声明などに準拠して査読つき論文で報告することが必須となる。ただし、これらは比較的新しい取り組みのため、経過措置を設ける。消費者庁の担当官は「一定の時期以降に行う試験については、これらの要件を必須とする」と説明した。

 もう1つの実証方法は、研究レビュー。トータルティ・オブ・エビデンスの考え方のもと、システマティック・レビューを用いて行う。担当官は「トータルティ・オブ・エビデンスはいいところ取りではなく、総合判断するというもので、米国制度やコーデックス委員会でも重んじられている。突然、消費者庁が出したものではない」と指摘。「新制度では研究レビューの手法が主流になると考えている」と予想した。

 サプリメント形状の食品は臨床試験がレビューの対象となるが、その他の食品では観察研究も対象となる。観察研究について「前向きコホート研究をはじめ、症例対照研究なども対象となり得る」との見解を述べた。

 対象とする成分については、作用機序が考察されていることが求められる。その際、必ずしも企業が自ら試験を行って証明する必要はなく、文献ベースで説明できればよい。ただし、文献による評価が不十分な場合には、企業自ら試験しなければならない。また、食事摂取基準で基準が策定されているビタミン・ミネラルといった成分や、関与成分が不明なものについては、「対象とならないため注意してほしい」と呼びかけた。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

新日本製薬、ヨクイニン含有医薬品をリニューアル

 新日本製薬(株)(本社:福岡市中央区、後藤孝洋社長)は8月1日、ヨクイニン配合医薬品『ヨクイニン錠SH』をリニューアル発売する。新たに『オルジェパール』の商品名で販売する。  同品は、ハトムギ由来のヨクイニンから抽出し […]

同文書院、『健康食品・サプリメント 医薬品との相互作用事典』を刊行

 (株)同文書院(本社:東京都文京区、宇野文博社長)はきょう(25日)、日本医師会・薬剤師会・歯科医師会が総監修する『健康食品・サプリメント 医薬品との相互作用事典 2017-2018』を刊行した。  同書は、約 1,2 […]

2017年07月25日

SPORTEC2017、東京ビッグビッグサイトで開幕

 我が国最大のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC2017」がきょう(25日)開催された。食と健康をつなぐ食品・飲料・素材専門展「ウェルネスフードジャパン(WFJ)」、介護・リハビリ展「RE-CARE JAPAN […]

福井県、地産地消のスポーツ弁当を募集

 福井県では、弁当の製造販売事業者を対象に、福井米と県産食材で作る弁当を通年で募集している。「福井の地産地消のスポーツ弁当」として県に認定されると、認証のロゴマークを添付できる。  認証基準として、(1)主食に福井県米を […]

カフェイン過剰摂取のページ追加~消費者庁

 消費者庁は24日、食品安全に関する総合情報サイトに「食品に含まれるカフェインの過剰摂取について」のページを追加した。  食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省が公表したカフェインの過剰摂取に関する情報などを掲載している […]