健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁「新制度」説明会(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月05日

消費者庁「新制度」説明会(4)

<「研究レビューが主流になる」と予想>
 4日都内で開催された「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ)」の説明会で、消費者庁は新制度のもとで機能性を表示するための取り組みを説明した。

 機能性表示の根拠を実証する手法は2とおり。その1つが、最終製品を用いた臨床試験。トクホの試験方法に準じるが、トクホにない手続きも求められる。「UMIN臨床試験登録システム」などへの事前登録と、CONSORT声明などに準拠して査読つき論文で報告することが必須となる。ただし、これらは比較的新しい取り組みのため、経過措置を設ける。消費者庁の担当官は「一定の時期以降に行う試験については、これらの要件を必須とする」と説明した。

 もう1つの実証方法は、研究レビュー。トータルティ・オブ・エビデンスの考え方のもと、システマティック・レビューを用いて行う。担当官は「トータルティ・オブ・エビデンスはいいところ取りではなく、総合判断するというもので、米国制度やコーデックス委員会でも重んじられている。突然、消費者庁が出したものではない」と指摘。「新制度では研究レビューの手法が主流になると考えている」と予想した。

 サプリメント形状の食品は臨床試験がレビューの対象となるが、その他の食品では観察研究も対象となる。観察研究について「前向きコホート研究をはじめ、症例対照研究なども対象となり得る」との見解を述べた。

 対象とする成分については、作用機序が考察されていることが求められる。その際、必ずしも企業が自ら試験を行って証明する必要はなく、文献ベースで説明できればよい。ただし、文献による評価が不十分な場合には、企業自ら試験しなければならない。また、食事摂取基準で基準が策定されているビタミン・ミネラルといった成分や、関与成分が不明なものについては、「対象とならないため注意してほしい」と呼びかけた。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]

2017年11月22日

規制改革「専門チーム会合」、生鮮の機能性表示食品を議論

 政府の規制改革推進会議「専門チーム会合」は22日、第1回会合を開き、機能性表示食品制度の生鮮食品の届出をめぐる課題について議論した。専門チーム会合委員、消費者庁と農林水産省の担当官、(株)サラダコスモの関係者などが意見 […]

キユーピー、アルコール除菌スプレー詰め替え用を発売

 キユーピー(株)(本社:東京都渋谷区、長南収社長)は12月1日、卵由来成分を配合したアルコール除菌スプレーの『K Blanche(ケイブランシュ)つめかえ用』(180ml)を自社ネット通販「キユーピーアヲハタネットショ […]

ファンデリー、低糖質パスタメニューを宅配サービスで

 (株)ファンデリー(本社:東京都北区、阿部公祐社長)は12月1日、はごろもフーズ(株)(本社:静岡市清水区、池田憲一社長)の「ポポロスパ1CarbOFF」を使用したパスタメニュー3種類を健康食宅配サービス「ミールタイム […]