健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁「新制度」説明会(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月05日

消費者庁「新制度」説明会(4)

<「研究レビューが主流になる」と予想>
 4日都内で開催された「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ)」の説明会で、消費者庁は新制度のもとで機能性を表示するための取り組みを説明した。

 機能性表示の根拠を実証する手法は2とおり。その1つが、最終製品を用いた臨床試験。トクホの試験方法に準じるが、トクホにない手続きも求められる。「UMIN臨床試験登録システム」などへの事前登録と、CONSORT声明などに準拠して査読つき論文で報告することが必須となる。ただし、これらは比較的新しい取り組みのため、経過措置を設ける。消費者庁の担当官は「一定の時期以降に行う試験については、これらの要件を必須とする」と説明した。

 もう1つの実証方法は、研究レビュー。トータルティ・オブ・エビデンスの考え方のもと、システマティック・レビューを用いて行う。担当官は「トータルティ・オブ・エビデンスはいいところ取りではなく、総合判断するというもので、米国制度やコーデックス委員会でも重んじられている。突然、消費者庁が出したものではない」と指摘。「新制度では研究レビューの手法が主流になると考えている」と予想した。

 サプリメント形状の食品は臨床試験がレビューの対象となるが、その他の食品では観察研究も対象となる。観察研究について「前向きコホート研究をはじめ、症例対照研究なども対象となり得る」との見解を述べた。

 対象とする成分については、作用機序が考察されていることが求められる。その際、必ずしも企業が自ら試験を行って証明する必要はなく、文献ベースで説明できればよい。ただし、文献による評価が不十分な場合には、企業自ら試験しなければならない。また、食事摂取基準で基準が策定されているビタミン・ミネラルといった成分や、関与成分が不明なものについては、「対象とならないため注意してほしい」と呼びかけた。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁・芳賀氏、栄養機能食品に「問題意識」

 ビタミンフォーラム2018実行委員会主催の「ビタミンフォーラム2018」が25日都内で開かれ、消費者庁食品表示企画課の芳賀めぐみ課長補佐が「日本におけるビタミンの表示制度と今後の取り組み」について説明した。  芳賀課長 […]

厚労省、ビワ種子などシアン化合物含有食品で通知

 (独)国民生活センターがビワ種子などの調査結果を公表したことを受けて、厚生労働省はこのほど、都道府県などに対し、通知「シアン化合物を含有する食品の取り扱いについて」を出した。  通知では、ビワ・梅・杏子の種子、ビターア […]

高島屋横浜店、洋菓子・パンを自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは22日、(株)高島屋横浜店による洋菓子やパンの自主回収情報を掲載した。  対象商品は『エスプラン「クリームチーズのペストリー」』、『エスプラン「フォンダンショコラ」』、『かもめパン「焼きそ […]

米国、ニンニクサプリ摂取で薬剤性肝障害の疑い

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は22日、米国の43歳の男性がニンニクサプリメントの摂取により、薬剤性肝障害と診断された事例を公表した。  男性は肝肺症候群の改善を目的に、3日間にわたってニンニクサプリメント(アリシ […]

2018年06月25日

ファンケル、定時株主総会を開催

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は23日、第38期定時株主総会を横浜アリーナ(横浜市港北区)で開催した。業績は売上高が1,090億1,900万円(前期比13.2%増)、経常利益が86億5,000万円( […]