健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁「新制度」説明会(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月05日

消費者庁「新制度」説明会(4)

<「研究レビューが主流になる」と予想>
 4日都内で開催された「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ)」の説明会で、消費者庁は新制度のもとで機能性を表示するための取り組みを説明した。

 機能性表示の根拠を実証する手法は2とおり。その1つが、最終製品を用いた臨床試験。トクホの試験方法に準じるが、トクホにない手続きも求められる。「UMIN臨床試験登録システム」などへの事前登録と、CONSORT声明などに準拠して査読つき論文で報告することが必須となる。ただし、これらは比較的新しい取り組みのため、経過措置を設ける。消費者庁の担当官は「一定の時期以降に行う試験については、これらの要件を必須とする」と説明した。

 もう1つの実証方法は、研究レビュー。トータルティ・オブ・エビデンスの考え方のもと、システマティック・レビューを用いて行う。担当官は「トータルティ・オブ・エビデンスはいいところ取りではなく、総合判断するというもので、米国制度やコーデックス委員会でも重んじられている。突然、消費者庁が出したものではない」と指摘。「新制度では研究レビューの手法が主流になると考えている」と予想した。

 サプリメント形状の食品は臨床試験がレビューの対象となるが、その他の食品では観察研究も対象となる。観察研究について「前向きコホート研究をはじめ、症例対照研究なども対象となり得る」との見解を述べた。

 対象とする成分については、作用機序が考察されていることが求められる。その際、必ずしも企業が自ら試験を行って証明する必要はなく、文献ベースで説明できればよい。ただし、文献による評価が不十分な場合には、企業自ら試験しなければならない。また、食事摂取基準で基準が策定されているビタミン・ミネラルといった成分や、関与成分が不明なものについては、「対象とならないため注意してほしい」と呼びかけた。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]