健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁「新制度」説明会(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月05日

消費者庁「新制度」説明会(4)

<「研究レビューが主流になる」と予想>
 4日都内で開催された「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ)」の説明会で、消費者庁は新制度のもとで機能性を表示するための取り組みを説明した。

 機能性表示の根拠を実証する手法は2とおり。その1つが、最終製品を用いた臨床試験。トクホの試験方法に準じるが、トクホにない手続きも求められる。「UMIN臨床試験登録システム」などへの事前登録と、CONSORT声明などに準拠して査読つき論文で報告することが必須となる。ただし、これらは比較的新しい取り組みのため、経過措置を設ける。消費者庁の担当官は「一定の時期以降に行う試験については、これらの要件を必須とする」と説明した。

 もう1つの実証方法は、研究レビュー。トータルティ・オブ・エビデンスの考え方のもと、システマティック・レビューを用いて行う。担当官は「トータルティ・オブ・エビデンスはいいところ取りではなく、総合判断するというもので、米国制度やコーデックス委員会でも重んじられている。突然、消費者庁が出したものではない」と指摘。「新制度では研究レビューの手法が主流になると考えている」と予想した。

 サプリメント形状の食品は臨床試験がレビューの対象となるが、その他の食品では観察研究も対象となる。観察研究について「前向きコホート研究をはじめ、症例対照研究なども対象となり得る」との見解を述べた。

 対象とする成分については、作用機序が考察されていることが求められる。その際、必ずしも企業が自ら試験を行って証明する必要はなく、文献ベースで説明できればよい。ただし、文献による評価が不十分な場合には、企業自ら試験しなければならない。また、食事摂取基準で基準が策定されているビタミン・ミネラルといった成分や、関与成分が不明なものについては、「対象とならないため注意してほしい」と呼びかけた。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

ディーフット、季節限定のスキンケアスプレー発売

 (株)ディーフィット(東京都新宿区、立川真由美代表)は26日、季節限定のスキンケア商品『アウトドアでも優しくお肌を守ってくれるスキンスプレー』を発売する。  ラベンダー油やユーカリ油などの天然製油を配合。蚊や虫が多く出 […]

たかくら新産業、オーガニック素材使用の犬用歯磨き粉を発売

 (株)たかくら新産業(本社:東京都港区、高倉健社長)は25日、オーガニック素材を用いた犬用の歯磨き粉『オーガニック ホワイトニング トゥースペースト ピーチ味』を発売した。  同品はアロエベラの液汁をベースに、オリーブ […]

2017年04月26日

キューサイ、機能性表示食品『ハツラツQ10』を発売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は5月1日、機能性表示食品のサプリメント『ハツラツQ10』(460mg×30粒)を発売する。  関与成分は還元型コエンザイムQ10。「 […]

2017年04月26日

富士経済、機能性表示食品の市場規模1,042億円

 2016年の機能性表示食品市場が1,042億円(見込み)に上ることがこのほど、総合マーケティングビジネスを展開する(株)富士経済(本社:東京都中央区、清口正夫代表)の調査でわかった。  同社は健康・美容に役立つ食品に関 […]

ユーグレナ、シンガポールでサプリ販売開始

 (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は25日、自社ブランドで初の海外向け専用製品となるユーグレナ入りサプリメント『Euglena P-3』(90粒)をシンガポールで発売した。  ユーグレナにビフィズス菌を加 […]