健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁「新制度」説明会(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月04日

消費者庁「新制度」説明会(3)

<食経験の具体的条件は「設定しない」>
 4日開催の「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブコメ)」説明会で、消費者庁の担当官は新制度の全体像を解説した。

 昨年6月14日に閣議決定した「規制改革実施計画」と「日本再興戦略」にも言及。「企業等が自らその科学的根拠を評価した上でその旨及び機能を表示できる…」の「企業等」について、「生鮮食品も対象となり、(野菜・果物などの生産者である)企業でない方(農家など)も含めるために『等』を入れた」と説明した。
 一方、これまで健康食品業界では「等」をめぐり、「健康食品の業界団体も入る」という間違った解釈が流布されていた。しかし、説明会で「等」とは生産者などを指すことが明確にされ、業界内の誤解を解消するかたちとなった。

 新制度の安全性確保対策について詳細な説明が行われた。安全性評価は「食経験」と「安全性試験に関する情報の評価」の2段階で行う。消費者庁は、業界関係者から食経験の基準に関する質問が多く寄せられていることを紹介。しかし、「数値などを用いて条件を示すことは困難」と強調した。担当官は「諸外国をみても、食経験の条件を示している国はない。企業には必要と考える要素を用いて評価してもらう」と話した。また、「サプリメントであっても、しかるべき期間と販売量があり、健康被害の情報がなければ、食経験として評価できる」との見解を示した。

 食経験が十分でない場合、企業は安全性試験に関する情報を収集して評価する。この場合、「既存の文献を収集して評価すればよい」と指摘。ただし、情報を収集できない場合には、「自らの手で試験を実施しなければならない」とした。

 新制度では、関与成分と医薬品、または関与成分同士の相互作用の有無も評価しなければならない。この場合も既存の文献で評価する。文献が見つからない場合は、「どういう条件で、いつ、どのように評価し、情報が得られなかったのかを開示してもらう」と話した。

 これらの安全性に関する文献評価については、「システマティック・レビューによらなくてもよい」と説明した。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]

消費者委員会、「課徴金を適格消費者団体の運用に」と要望

 消費者委員会は27日、景品表示法に基づく課徴金制度の運用方法について議論した。出席した委員からは、納付された課徴金の使途を見直すように求める意見が聞かれた。  消費者庁の担当課は、昨年4月の施行後、三菱自動車工業や日本 […]

カネリョウ海藻、天草の海で養殖したワカメ販売

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長、TEL:0120-37-4008)はこのほど、地元天草の海で養殖した同社オリジナルの塩蔵ワカメ『つなぐわかめ』(200g、20g×10袋入り)を同社の通販「おかげ […]

2017年06月27日

ビーエイチエヌ、「イチョウ葉エキス」で機能性表示食品を提案中

 ビーエイチエヌ(株)(本社:東京都千代田区、石原健夫社長、TEL:03-5281-5661)は、システマティック・レビュー(SR)に対応した機能性表示食品のサポートに力を入れている。  「イチョウ葉エキス」については、 […]