健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁「新制度」説明会(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月04日

消費者庁「新制度」説明会(2)

<注意喚起表示を追加>
 新・機能性表示制度の食品表示基準案(パブコメ案)は、加工食品と生鮮食品の表示事項を規定している。加工食品の表示事項をみると、「機能性表示食品」と表示し、機能性表示の内容や関与成分を記載。1日摂取目安量、1日摂取目安量あたりの関与成分の含有量、届出番号、事業者の連絡先なども必須となる。

 栄養成分表示の表記ルールは、一般の加工食品と異なる。一般の加工食品では、「100gあたり」「1食分あたり」などの熱量・たんぱく質・脂質・炭水化物・ナトリウムの量を表示する。しかし、機能性表示食品では、1日摂取目安量あたりの含有量を表示しなければならない。

 機能性と安全性について国の評価を受けていないという表示も必須となる。表記方法について基準案は、「本品は一定の科学的根拠に基づき、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨の表示を行うものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません」と規定。説明会で消費者庁の担当官は、「ネガティブでなく、ポジティブな言い回しを考えた。このとおり記載してほしい」と話した。

 基準案では、注意喚起表示の1つに、『疾病に罹患している場合は、医師に相談の上、摂取してください』を挙げている。この表示は、検討会報告書には盛り込まれていない。追加した理由について、必須となる『医薬品を服用している場合は、医師、薬剤師に相談の上、摂取してください』の表示だけでは、「医薬品を使用していない疾病者にメッセージが届かないと考えた」(消費者庁)と説明した。

 また、一般の加工食品で例外規定として設けられている添付文書などへの表示は、機能性表示食品では認めない。たとえば、宅配用の牛乳びん(リターナブルびん)などにも例外規定を設けない。

<栄養強調表示は可能>
 基準案は表示禁止事項を定めている。これには、『疾病の治療効果や予防効果を標榜する用語』、『消費者庁長官の評価・許可・承認を受けたと誤認させる用語』などがある。

 関与成分以外の配合成分を強調して表示することも禁止される。たとえば、関与成分のβ-クリプトキサンチンのほかに、グルコサミン(関与成分ではない)を配合した商品の場合、β-クリプトキサンチンを強調して表示することは可能だが、グルコサミンをアピールすることはできない。ただし、栄養強調表示のルールに基づく「○○を含む」といった強調表示は可能となる。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

公取、カネスエ商事とワイストアに不当廉売で警告

 キャベツなどの価格を不当に引き下げて販売したとして、公正取引委員会は21日、食品スーパーを経営する(株)カネスエ商事(愛知県日進市、牛田喜博代表)と(株)ワイストア(愛知県津島市、伊藤彰浩代表)に対し、不当廉売を行わな […]

2017年09月22日

日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門、2社5商品が金賞

 (一社)日本雑穀協会(東京都中央区)は21日、日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門<2017・秋>の金賞受賞企業と商品を発表した。金賞を受賞したのは2社5商品。同協会は28日午後2時から、製粉会館(東京都中央 […]

糖尿病が強く疑わる人、過去最多の1,000万人に

<高齢女性の「低栄養」も増加傾向>  「糖尿病が強く疑われる者」が全国で過去最多の約1,000万人に上ることが21日、厚生労働省の調査結果からわかった。  2016年国民健康・栄養調査の結果によると、「糖尿病が強く疑われ […]

2017年09月22日

機能性表示食品で新たに届出2件を公表

 消費者庁は21日、機能性表示食品で新たに2件の届出を公表した。公表されている届出件数は合計1,097件となった。  (株)ビオメディクスのサプリメント『ビフィミン』は、ビフィズス菌BB536を含有し、「腸内環境を良好に […]

2017年09月21日

雪印メグミルク、機能性表示食品の飲むヨーグルトをリニューアル

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長、TEL:0120-301-369)は26日、機能性表示食品『恵 megumi ガゼリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ』(100g)をリニューアル発売する。ミルク […]