健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁、機能性表示食品制度見直しで消費者意向調査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月19日

消費者庁、機能性表示食品制度見直しで消費者意向調査

<検討の際の基礎資料を作成へ>
 機能性表示食品制度の見直しに向けた検討作業の基礎資料を整備するため、消費者庁は「機能性表示食品制度に対する消費者意向等に関する調査事業」を実施する。消費者を対象とした2種類の意向調査により、機能性表示食品の商品表示や届出情報が、消費者の商品選択で適切に機能しているかなどについて検証する方針だ。

 同事業は民間へ委託して実施する。消費者庁は17日、委託先の公募を開始。24日に入札説明会を開催、12月9日に入札・開札を行う。委託先では、来年3月25日までに調査結果を取りまとめる。

 機能性表示食品制度を適正に運用するために消費者庁では、消費者が商品パッケージ上の表示や届出情報を見て、どのような商品選択を行おうとするのかなどを把握することが必要と判断。消費者意向調査によって、現在、消費者に提供されている情報が、誤認を与えることなく、適切な商品選択に役立っているかどうかを検証する考えだ。また、制度の対象に、ビタミン・ミネラル類や関与成分が不明なものを加えるかどうかなどを検討する際の基礎資料を作成するとしている。

 委託先では検討会を設置し、消費者意向調査の設計・遂行・解析といった各段階で専門家から意見を聴取する。検討会のメンバーは、国内外の食品表示制度や保健機能食品制度に精通している専門家、栄養成分に関する疫学の専門家、公衆栄養・栄養教育の専門家などの5人程度で構成する。

<質的調査と量的調査で制度に対する認識などを把握>
 消費者意向調査は、「グループインタビュー(質的調査)」と「大規模インターネット調査(量的調査)」の2段階に分けて行う。

 グループインタビューによって、機能性表示食品制度が消費者にとってわかりやすく、利用しやすいものとするためのポイントを明らかにする考えだ。また、大規模インターネット調査に用いる調査票(案)を作成するための基礎資料を得ることを目的としている。調査対象は、保健機能食品などの利用経験がある関東近圏に在住の成人男女。4グループ(各6人程度)を設定して実施する。

 大規模インターネット調査は、全国の3,000人以上の消費者を対象に行う。機能性表示食品に対する認識や理解度などを把握する。

 

おススメ記事

サプライ、チューブ入り飲料を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは20日、(株)サプライ(福岡県北九州市)がチューブ入り清涼飲料水『サプライフルーツミックス』、『サプライクリームソーダ』の自主回収をこのほど開始したとする情報を掲載した。製品の1部にこげが […]

2017年07月21日

【8/19】消費者問題シンポジウムin新潟

 消費者委員会は8月19日、公開シンポジウム「これからの消費者教育を考えよう」を新潟東映ホテル(新潟市中央区)で開催する。定員は100人程度、参加費は無料。  基調講演「消費者委員会の活動と消費者教育」(消費者委員会の河 […]

2017年07月21日

伊藤園、「栄養の日・栄養週間」に参画

 (株)伊藤園(本社:東京都渋谷区、本庄大介社長)は20日、(公社)日本栄養士会が制定した「栄養の日」「栄養週間」に参画し、『1日分の野菜』で国民の栄養を楽しむ生活を応援すると発表した。  全国の約540施設で働く管理栄 […]

『I.Bヘルスケア46号』を発刊

 (株)データ・マックスはヘルスケア分野の専門誌『I.Bヘルスケア46号』(月刊・A4)を発刊する。  特別企画「アジア産素材」は、健康食品の主原料として利用されるケースが増えたアジア産素材の動向を報告。供給量が拡大中の […]

永谷園、グルコサミン入り即席みそ汁をリニューアル

 (株)永谷園(本社:東京都港区、飯塚弦二朗社長、TEL:0120-919-454)は今月下旬から、グルコサミンを配合した即席みそ汁『かにのちからみそ汁』をリニューアル発売する。焼きがにのうま味を加え、パッケージも刷新し […]