健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁、機能性表示食品と製造所固有記号で説明会(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月27日

消費者庁、機能性表示食品と製造所固有記号で説明会(前)

<機能性表示食品ガイドラインを改正へ、3月末までに公表>

 消費者庁は27日、都内で開催した「製造所固有記号および機能性表示食品の届出に関する説明会」で、「機能性表示食品の届出等に関するガイドライン」を一部改正し、3月末までに公表すると説明した。また4月1日から、新たに整備したデータベースを活用し、オンライン手続きによる届出方法に変更する。

 ガイドラインの主な改正点は、(1)食品衛生法に基づく措置(違反・事故など)の記載、(2)特定保健用食品(トクホ)の審査に関する安全性評価情報の有無の記載、(3)届出手続きのオンライン化にともなって変更する届出資料の作成方法――などの追記。トクホ審査に関する安全性評価情報の有無の記載は、『蹴脂粒』問題をめぐり消費者団体などが強く求めていた。

 

<4月1日からオンライン手続きによる届出に>

 届出方法も大きく変わる。現在、事業者は郵送によって届出資料を消費者庁に提出している。このため、事業者にとっては手続きの手間がかかり、また、一般消費者などが消費者庁のホームページ上で、知りたい情報を検索できない状況にある。

 そうした点を改善するため、消費者庁では新たなデータベースを整備。4月1日からオンライン手続きによる届出に変更する。記入漏れなどが自動的にチェックされ、事業者は届出前に不備を確認できるようになる。

 オンライン手続きによる届出は、2段階に分けて行う。機能性表示食品の届出を行う前段階として、「届出者の基本情報に関する届出書」を作成し、消費者庁に郵送する(初回のみ)。消費者庁は確認後、ログインIDと仮パスワードを発行する予定。基本情報には、法人番号・氏名・住所・電話番号や、届出担当者に関する情報などがある。これらの手順については、「セキュリティ面で変更もあり得るため、運用開始前にマニュアルを公表する」(食品表示企画課)としている。

 次に事業者は、機能性表示食品の届出をオンライン手続きによって行う。届出資料に不備があれば、消費者庁から「差し戻しメール」が届く。届出様式も一部変更される。また、変更届や撤回届もオンライン手続きによって行う。

 新たなデータベースによって、一般消費者などは消費者庁のホームページ上で、知りたい情報を検索できるようになる。検索項目にキーワードを入力して検索する。検索項目は、「届出番号」「届出日」「届出者」「商品名」「食品の区分」「機能性関与成分を含む原材料名」「機能性関与成分名」「表示しようとする機能性」「機能性の評価方法」。各商品の「詳細」をクリックすると、「一般消費者向け情報」が表示される。そのほかの詳細情報も確認できるようにすると説明している。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

日本の伝統的食事ではなく、「欧米型」などで死亡リスク低下

<コーヒーや乳製品などの効果もリスク低下の要因>  (国研)国立がん研究センターの研究グループがこのほど公表した調査結果から、日本の伝統的な食事と、ガン・循環器疾患などによる死亡リスクに関連性がないことがわかった。一方、 […]

2017年05月26日

【6/24】公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」

 消費者委員会は6月24日、公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」を岩手県自治会館(岩手県盛岡市)で開催する。  基調講演は、消費者委員会委員長の河上正二氏による「消費者委員会の活動と食品表示のあり方」。 […]

QOLサポート研究会、「心の測定」をテーマに講演

 NPO法人QOLサポート研究会(松本高明理事長)は25日、「心と脳を科学する」をテーマに、第12回講演会をミューザ川崎(神奈川県川崎市)で開催した。理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター細胞機能評価研究チーム […]

2017年05月26日

アマニフォーラム実行委員会、セミナーを都内で開催

 アマニフォーラム実行委員会は25日、「第1回アマニフォーラム セミナー」を都内で開催した。スペシャルゲストとして招かれた「モンサンクレール(東京・自由が丘)」のオーナーパティシエである辻口博啓氏は、アマニを使ったスイー […]

2017年05月26日

第4回クリルオイル研究会、森下竜一氏が講演

 クリルオイル研究会(矢澤一良会長)は25日、東京ビックサイト(東京都江東区)で第4回クリルオイル研究会を開催した。関係者70人が参加した。  大阪大学大学院教授の森下竜一氏は、23日に規制改革推進会議が安倍首相に提出し […]