健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 消費者庁、機能性表示食品と製造所固有記号で説明会(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月27日

消費者庁、機能性表示食品と製造所固有記号で説明会(後)

<機能性表示食品のNG表現を紹介>

 「製造所固有記号および機能性表示食品の届出に関する説明会」で消費者庁は、機能性表示食品の届出で散見される不適切な表示例を紹介した。

 「動脈硬化を防ぐ」や「インフルエンザの予防」といった明らかに疾病予防に該当する表現だけでなく、暗示する表現も不適切と指摘。事例に、「血液をサラサラにする」「血管内のプラークを減らす」「低下した肝機能を改善する」「γ-GTPの数値を改善する」などを挙げた。

 健康の維持・増進の範囲を超えた表現についても、注意するように呼びかけた。「皮膚・爪・髪が丈夫で美しくなる」「満腹感の持続により食べすぎを抑える」「朝食べれば夕食までの摂取カロリーを抑える」などが該当するという。

 科学的根拠に基づかない表現も問題視した。「身体の特定の部位(目や関節など)の健康を維持する」という表示もその1つ。限られた指標のデータを用いて得られた根拠に基づく、限定的な機能であるにもかかわらず、部位全体に関する機能があると誤解させるからだ。

 さらに、「免疫細胞の数を増やす」や「体重を減らす」など、生体に作用する機能が不明確な表現も不適切と指摘。「血圧を健康に保つ」「中性脂肪の改善に役立つ」といった、両方向に作用すると期待させる表現も避けるように求めた。

 

<新たな製造所固有記号制度、4月1日に施行へ>

 消費者庁は、4月1日から施行される新たな製造所固有記号制度についても説明した。食品表示法は昨年4月に施行されたが、データベースの整備が必要だったことから、1年遅れてのスタートとなる。

 新制度では、「原則として、同一製品を2以上の製造所で製造する場合」に製造所固有記号を使用できると規定。複数の自社工場で製造するケースや、他社に委託して複数の工場で製造するケースなどで使用を認める。

 新たな製造所固有記号は、「製造所固有記号制度届出データベース」を活用し、オンライン手続きによって届け出る。現行の郵送による届出方法を変更することで、手続き完了までの期間が短縮される。

 また、製造所に関する消費者からの問い合わせに対し、事業者に応答義務を課す。消費者はデータベースの活用や、事業者への問い合わせによって、購入商品がどの工場で製造されたのかを把握しやすくなる。

 更新制を設けることも新制度の特徴だ。現行制度は、使用されなくなった製造所固有記号も登録されたままで、“機能不全”に陥っている。このため、更新制を導入し、製造所固有記号の有効期間を「5年」に設定した。有効期間の経過後も継続して使用する場合は、届出情報の更新が必要となる。更新は期限の90日前から可能。期限までに更新しない場合、製造所固有記号は廃止の扱いとなる。

 消費者庁の説明会は東京を皮切りに、2月15日まで全国9都市で開催される。

(了)

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]