健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品制度は生き残れるか!?(6)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月04日

機能性表示食品制度は生き残れるか!?(6)

<サイエンスベースの議論が最後のよりどころ>
 司会 届出商品の対象者と被験者層が異なるケースについて、どう考えるか。

 合田 健常者(持病をもっていなくて、健康診断で異常値がない人)のみを被験者とする場合、若年層に偏ることは仕方がない。35歳以上の健常者は少ないためだ。普通のリクルートだと40代以上では、健常者はなかなか集まらない。

 司会 次に、機能性に関する「同等性」をめぐって、(株)東洋新薬と消費者団体のフーコムの間でもめたが、同等性の問題をどう考えるべきか。

 合田 パターン分析を適切に実施し、その結果を表に出せば、きちんとした議論になる。サイエンスベースで話し合うことが、信頼される制度となる最後のよりどころ。オープンなディスカッションが必要だ。

 武田 「同一性」と「同等性」の違いについて、その受け止め方が人によって異なる。フーコムは「同一性」に近いことを求めたが、(株)東洋新薬は「同等性を考察した」と説明している。ガイドライン違反ではないが、説明が不足していた面もあり、届出情報を追加したようだ。
zadankaiG_1208 (1) 司会 話は変わるが、届出情報の一般消費者向け情報は、消費者にとってわかりにくい内容となっている。

 高尾 わかりやすくしようとすると、実際に行われた研究を割愛して表現することになる。一般消費者にわかりやすく伝えるためには、例えば、制度になじまない表現内容だが、39度の熱を38.9度に下げたとしても、その通り書かずに、「高熱のときに穏やかに下げる」となる。だが、そう表現すると、消費者をミスリードしてしまう。やはり、具体的に書かなければならない。研究論文の原文に沿ったかたちで書かざるを得ない。この点だけでも第三者に審査してもらう方法などがあってもよいと思う。そうしないと、企業は都合のよいように表現してしまうだろう。

 植田 「国の評価を受けていない旨」の表示についても、指摘しておきたい。検討会の議論では、商品パッケージの表面への表記が望ましいとされたが、最終的には同一面となった。先日開催した院内集会で、消費者庁の担当官は「届出表示」と同じ面でよいと説明していた。しかし、表面に機能性や成分名を記載している場合は、やはりそこにも書くべきである。

 武田 機能性のキャッチコピーなど、届出表示からの切り取り方も、消費者をミスリードする面がある。

(つづく)

 

おススメ記事

農水省、「スマイルケア食」の紹介動画を公開

 農林水産省は20日、「スマイルケア食」の普及促進と消費者の理解を深める目的で、紹介動画を公開した。  公開場所は同省公式YouTubeアカウント「maffchannel」。動画は(公財)食品流通構造改善促進機構からもダ […]

フルッタフルッタ、『アサイービューティ』をリニューアル

 (株)フルッタフルッタ(本社:東京都千代田区、長澤誠社長、TEL:0120-265-726)は3月6日、アサイー飲料『アサイービューティ』をリニューアル発売する。女性に人気のフルーティーな甘酸っぱさはそのままに、ライチ […]

2018年02月21日

京都地裁、旧「茶のしずく石鹸」集団訴訟で初の判決

 2012年に『茶のしずく石鹸』の旧製品をめぐって起きた被害者による集団訴訟で、京都地裁は製造元の(株)フェニックス(奈良県御所市)に対し、損害賠償約920万円の支払いを命じた。同訴訟で判決が出たのは全国で初めて。  原 […]

2018年02月21日

らでぃっしゅぼーや、機能性表示食品の野菜飲料を発売

 らでぃっしゅぼーや(株)(本社:東京都新宿区、国枝俊成社長)はこのほど、機能性表示食品の野菜飲料『みなんの健康を考えた野菜たち』を発売した。  難消化性デキストリンを配合。食事の脂肪の吸収を抑える機能や、お腹の調子を整 […]

東京都、健康食品による健康被害事例を報告

<6件の被害事例>  東京都食品安全評価委員会は20日、東京都食品安全情報評価委員会を都内で開催した。「健康食品による健康被害事例専門委員会」から、昨年5月31日~11月30日までに都の医師会と薬剤師会を通して収集された […]