健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品制度は生き残れるか!?(6)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月04日

機能性表示食品制度は生き残れるか!?(6)

<サイエンスベースの議論が最後のよりどころ>
 司会 届出商品の対象者と被験者層が異なるケースについて、どう考えるか。

 合田 健常者(持病をもっていなくて、健康診断で異常値がない人)のみを被験者とする場合、若年層に偏ることは仕方がない。35歳以上の健常者は少ないためだ。普通のリクルートだと40代以上では、健常者はなかなか集まらない。

 司会 次に、機能性に関する「同等性」をめぐって、(株)東洋新薬と消費者団体のフーコムの間でもめたが、同等性の問題をどう考えるべきか。

 合田 パターン分析を適切に実施し、その結果を表に出せば、きちんとした議論になる。サイエンスベースで話し合うことが、信頼される制度となる最後のよりどころ。オープンなディスカッションが必要だ。

 武田 「同一性」と「同等性」の違いについて、その受け止め方が人によって異なる。フーコムは「同一性」に近いことを求めたが、(株)東洋新薬は「同等性を考察した」と説明している。ガイドライン違反ではないが、説明が不足していた面もあり、届出情報を追加したようだ。
zadankaiG_1208 (1) 司会 話は変わるが、届出情報の一般消費者向け情報は、消費者にとってわかりにくい内容となっている。

 高尾 わかりやすくしようとすると、実際に行われた研究を割愛して表現することになる。一般消費者にわかりやすく伝えるためには、例えば、制度になじまない表現内容だが、39度の熱を38.9度に下げたとしても、その通り書かずに、「高熱のときに穏やかに下げる」となる。だが、そう表現すると、消費者をミスリードしてしまう。やはり、具体的に書かなければならない。研究論文の原文に沿ったかたちで書かざるを得ない。この点だけでも第三者に審査してもらう方法などがあってもよいと思う。そうしないと、企業は都合のよいように表現してしまうだろう。

 植田 「国の評価を受けていない旨」の表示についても、指摘しておきたい。検討会の議論では、商品パッケージの表面への表記が望ましいとされたが、最終的には同一面となった。先日開催した院内集会で、消費者庁の担当官は「届出表示」と同じ面でよいと説明していた。しかし、表面に機能性や成分名を記載している場合は、やはりそこにも書くべきである。

 武田 機能性のキャッチコピーなど、届出表示からの切り取り方も、消費者をミスリードする面がある。

(つづく)

 

おススメ記事

日本の伝統的食事ではなく、「欧米型」などで死亡リスク低下

<コーヒーや乳製品などの効果もリスク低下の要因>  (国研)国立がん研究センターの研究グループがこのほど公表した調査結果から、日本の伝統的な食事と、ガン・循環器疾患などによる死亡リスクに関連性がないことがわかった。一方、 […]

2017年05月26日

【6/24】公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」

 消費者委員会は6月24日、公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」を岩手県自治会館(岩手県盛岡市)で開催する。  基調講演は、消費者委員会委員長の河上正二氏による「消費者委員会の活動と食品表示のあり方」。 […]

QOLサポート研究会、「心の測定」をテーマに講演

 NPO法人QOLサポート研究会(松本高明理事長)は25日、「心と脳を科学する」をテーマに、第12回講演会をミューザ川崎(神奈川県川崎市)で開催した。理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター細胞機能評価研究チーム […]

2017年05月26日

アマニフォーラム実行委員会、セミナーを都内で開催

 アマニフォーラム実行委員会は25日、「第1回アマニフォーラム セミナー」を都内で開催した。スペシャルゲストとして招かれた「モンサンクレール(東京・自由が丘)」のオーナーパティシエである辻口博啓氏は、アマニを使ったスイー […]

2017年05月26日

第4回クリルオイル研究会、森下竜一氏が講演

 クリルオイル研究会(矢澤一良会長)は25日、東京ビックサイト(東京都江東区)で第4回クリルオイル研究会を開催した。関係者70人が参加した。  大阪大学大学院教授の森下竜一氏は、23日に規制改革推進会議が安倍首相に提出し […]