健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品制度は生き残れるか!?(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月02日

機能性表示食品制度は生き残れるか!?(4)

<食経験「一般的には15年くらい」>
 司会 食経験によって安全性を評価している企業が圧倒的に多い。20年以上の食経験情報もあれば、1年未満のものもある。

takao takeda高尾 「喫食実績」という表現で届け出されているが、そもそも喫食実績に意味はないと考えている。なぜなら、5年間食べていようが、10年間食べていようが、製造所も原料もころころ変わっていることが多いからだ。同じ名前の商品であっても、中身が変われば喫食実績はないに等しい。だから、食経験の長さをあまり考えても仕方ない。それよりも、使用成分を固定すれば、たとえ1年間の販売実績であっても、コロコロ関与成分を変更しているよりまし。5倍量の1カ月間の摂取で、プラセボと比べて血液や尿検査で差異がなかったことによって、どのようなことが言えるのか疑問だ。
 一方、届出情報のなかには、特定銘柄の原料を固定して使っているケースもある。そうした成分については、第3者による安全性評価の実績で適切に担保させる意図を感じる。
 
 武田 食経験については、機能性関与成分の安全性をどう証明するかであると理解してきたが、届出情報を見ると、販売実績のみでの評価をしている例が少なくない。食経験以前に、販売実績によって「○○年間で○○個売りました」と評価していることに正直驚いた。販売実績だけだと、どのくらいの期間に何個売ったかはわかるが、どれくらいの人が、どれくらいの頻度で摂取したなどの情報が欠落している。それにも関わらず、「重篤な健康被害が出ておらず、安全です」と評価するのは、検討会で議論された次元と異なり、残念である。

 司会 検討会などの議論を通して、食経験は5年、10年が必要というイメージがあったが。
ueda gouda 合田 議論を2つに分けて考えなければならない。まったく同じ商品を同じ方法で作り続けていることを前提に、適切に販売されているのならば、販売実績も非常に意味がある。その場合、販売期間中にクレームがなかったことは重要な情報となる。一方、同じ名称の成分であっても、違う原料に変更した場合は、まったく別の物に変わってしまう。
 次に、前述の前提をもとに、何年くらいの摂取期間があれば、安全性が担保されるのかを考える。一般的には15年くらいとされている。

 植田 本来食品に入っている成分を抽出・濃縮したものだとすれば、自社商品で1年ほど販売して、重篤な健康被害がなかったと報告するよりも、普通の食品として食べてきた食歴があれば、それも併せて届出情報として書けばよい。抽出・濃縮した自社商品の販売実績しか書かないから、疑義が生じる。

 合田 その通りであり、機能性成分として、どのくらい販売されてきたのかという情報が大切。そして、自社商品に使用している成分と変わりがなく、このような方法で品質保証を行っているなどと述べればよい。

(つづく)

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]