健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品制度は生き残れるか!?(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月01日

機能性表示食品制度は生き残れるか!?(3)

<利益相反の問題は重要>
 司会
 食品表示基準やガイドラインに明確に違反している届出情報はあるのだろうか。

 植田 ガイドライン自体が、業界へ考慮し過ぎてあいまいな書き方になっているので、科学的に見てデタラメであっても、ガイドライン違反と断定できないケースが多い。
gouda ueda1192 合田 利益相反の問題はとても重要だ。

 植田 ガイドラインでは「利益相反による問題が否定できない雑誌への掲載論文を機能性の科学的根拠としてはならない」と書かれているが、開発企業に関する利益相反については、明確なルールが示されていない。

 合田 例えば、研究論文のレビューワー(査読者)が届出企業の関係者であると、まずいだろう。

 植田 また、システマティック・レビュー(SR)を実施してみたら、自社の研究データしか見つからなかったというのは、SRと言わないのではないか。

 合田 科学者は、そうしたものをSRとは考えないだろう。サイエンスの常識から言うと間違いだが、ガイドラインで定義されていないため、ルール上はグレーゾーンとなる。

 高尾 一般論として述べるが、届出を行う企業側も、ガイドライン違反と疑われても仕方ないと認識している部分もあるのではないかと思う。必要な知識については、専門家より企業側の方がよく知っている。大手企業をはじめ、立派な薬学博士がそろっている。だから、届け出た企業もおかしい点は承知のうえで届け出ているはず。

 植田 違反と自覚したうえで届け出ているのであれば、余計に悪質だ。

<猶予期間がグレーゾーンの届出情報の原因に>
 合田
 消費者庁は当初、UMIN臨床試験登録システムへの事前登録によって制限をかけるつもりだったが、猶予期間を設けてしまった。このことが、グレーゾーンの届出情報が多数出る原因となった。本来ならば事前登録により、臨床試験を開始する前に、正々堂々と調査するポイントなどを表に出すが、過去に実施された臨床試験はそうでないものが多い。
syuuseiG_1183 植田 最終商品を用いた臨床試験については、UMIN臨床試験登録システムへの事前登録を義務づけた。その意味では、トクホよりも厳しいはず。SRも適切に実施すれば、トクホよりも厳しくなる。トクホ以上のエビデンスがあるような成分に限って、トクホのような大金をかけなくても機能性の表示を認めようというのが、本来のガイドラインの趣旨だったはずだ。

 合田 トクホは審査に時間がかかるが、機能性表示食品制度は時間をスキップできる点でよい制度という意識があった。しかし、検討会で議論した主旨と異なる商品が出てきたような感じがし、心配している。

 植田 もし、ガイドラインに適切に対応したならば、限られた商品しか受理されないはずだが、とんでもない状況となっている。

(つづく)

 

おススメ記事

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(後)

<安全性の問題は過去の話> 【解説】  遺伝子組み換え表示制度は2001年4月に施行された。食品表示を所管していた農林水産省は1997年に、制度導入に向けて検討会を発足。当時、検討会を傍聴して感じたのは、会合を何度重ねて […]

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(前)

<来年3月めどに結論>  遺伝子組み換え食品の表示制度を見直すため、消費者庁はきょう(26日)、「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」の初会合を開き、検討作業に着手した。来年3月をめどに結論を取りまとめる。  検討会は学 […]

ディーフット、季節限定のスキンケアスプレー発売

 (株)ディーフィット(東京都新宿区、立川真由美代表)は26日、季節限定のスキンケア商品『アウトドアでも優しくお肌を守ってくれるスキンスプレー』を発売する。  ラベンダー油やユーカリ油などの天然製油を配合。蚊や虫が多く出 […]

たかくら新産業、オーガニック素材使用の犬用歯磨き粉を発売

 (株)たかくら新産業(本社:東京都港区、高倉健社長)は25日、オーガニック素材を用いた犬用の歯磨き粉『オーガニック ホワイトニング トゥースペースト ピーチ味』を発売した。  同品はアロエベラの液汁をベースに、オリーブ […]

2017年04月26日

キューサイ、機能性表示食品『ハツラツQ10』を発売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は5月1日、機能性表示食品のサプリメント『ハツラツQ10』(460mg×30粒)を発売する。  関与成分は還元型コエンザイムQ10。「 […]