健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品制度に対する各団体の評価は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月02日

機能性表示食品制度に対する各団体の評価は?

 消費者庁の機能性表示食品制度が施行されて、およそ7カ月が過ぎた。これまでの状況を踏まえ、健康食品の各業界団体は同制度に対し、どう評価しているのだろうか。主な業界団体の関係者に話を聞いた。

<各団体ともに高い評価>
 機能性表示食品制度に対する各業界団体の評価は概ね高いと言える。特定保健用食品(トクホ)以外では許されなかった機能性表示が実現したこと、とくに部位表示が可能となったことに満足しているようだ。

 健康食品産業協議会では、「基本的に企業が顧客に正しい情報を伝えられるポテンシャルを持った制度」と評価。その理由として、科学的根拠に基づく情報や部位表示によって、消費者とコミュニケーションが取りやすくなった点を挙げる。

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は、「制度の活用に向けて、消費者の理解を得るために業界の前向きな取り組みが必要。制度が社会に浸透すべく、全体で育てていく必要がある」という。(一社)国際栄養食品協会(AIFN)も、「100%ではないが、(表示が)従来と比較してかなり拡大された点は評価できる。消費者が理解できて購入しやすくなる表示が増えた」と話す。

 薬業健康食品研究会は「エビデンスデータで食品の機能性を担保する点が非常に良い。エビデンスや安全性がデータで裏付けされた原料を用いて、GMP準拠の工場で製造する。あらゆる意味で、製薬会社が取り組みやすくなった」と歓迎。(公社)日本通信販売協会(JADMA)も、「制度施行は非常に画期的。業界と地方の活性化に貢献する」としている。

 また、サプリメント・エグゼクティブ会議の事務局では、「世界に類を見ない最先端の制度。届出制度により企業の技量が向上、引いては業界の進歩発展につながる」と期待を寄せている。

<対象成分や事務処理期間で不満も>
 機能性表示食品制度に対する不満については、「制度の対象外となった関与成分」を挙げる意見が多い。健康食品産業協議会は、制度に乗れていない成分を対象に加えるように要望。「制度をもう一段手直しする必要がある」という。AIFNでは「標準事務処理期間が明示されていない。医薬品は資料が提出されて半年以内に結論を出すなどのルールがある」とし、処理期間のルール化を求めている。

 また、日本栄養評議会(CRN JAPAN)のように、「トクホの場合は1~2年で数品が許可されただけだった。半年も経たずに数十件も受理されたことは、制度がスタートする以前に、各業界団体や企業がいかに制度を理解していたかということを表している」という見方もある。

【越中 矢住子】

※詳細はI.Bヘルスケア秋季増刊号(10月31日発刊)に掲載

 

おススメ記事

日本の伝統的食事ではなく、「欧米型」などで死亡リスク低下

<コーヒーや乳製品などの効果もリスク低下の要因>  (国研)国立がん研究センターの研究グループがこのほど公表した調査結果から、日本の伝統的な食事と、ガン・循環器疾患などによる死亡リスクに関連性がないことがわかった。一方、 […]

2017年05月26日

【6/24】公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」

 消費者委員会は6月24日、公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」を岩手県自治会館(岩手県盛岡市)で開催する。  基調講演は、消費者委員会委員長の河上正二氏による「消費者委員会の活動と食品表示のあり方」。 […]

QOLサポート研究会、「心の測定」をテーマに講演

 NPO法人QOLサポート研究会(松本高明理事長)は25日、「心と脳を科学する」をテーマに、第12回講演会をミューザ川崎(神奈川県川崎市)で開催した。理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター細胞機能評価研究チーム […]

2017年05月26日

アマニフォーラム実行委員会、セミナーを都内で開催

 アマニフォーラム実行委員会は25日、「第1回アマニフォーラム セミナー」を都内で開催した。スペシャルゲストとして招かれた「モンサンクレール(東京・自由が丘)」のオーナーパティシエである辻口博啓氏は、アマニを使ったスイー […]

2017年05月26日

第4回クリルオイル研究会、森下竜一氏が講演

 クリルオイル研究会(矢澤一良会長)は25日、東京ビックサイト(東京都江東区)で第4回クリルオイル研究会を開催した。関係者70人が参加した。  大阪大学大学院教授の森下竜一氏は、23日に規制改革推進会議が安倍首相に提出し […]