健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品制度「業界横断祭」(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月30日

機能性表示食品制度「業界横断祭」(前)

 (公社)日本通信販売協会(JADMA)と健康食品産業協議会の共催による講演・討論会「『機能性表示食品制度』業界横断祭」が30日都内で開催され、消費者庁食品表示企画課・課長補佐の清野富久江氏が届出の現状や留意点を解説した。講演を通じて、届出が500件を超える一方で、各企業が「糖尿病の予防」「がん予防」といった機能性表示を届け出るなど、依然として初歩的なミスが後を絶たない様子が浮かび上がった。

<「がん予防」「インフルエンザ予防」などの届出表示>

 清野氏は、届出状況について「現在500件を超える」と説明。形式チェックをスムーズに進め、受理までの期間を短縮するためにも、届出書類を作成する際にはガイドラインをはじめ、届出書作成に当たっての留意事項などを確認するように求めた。

約300人の業界関係者などが参加

約300人の業界関係者などが参加

 しかし、実際には初歩的なミスによって、届出書類が差し戻される状況にあるという。清野氏は、不適切な事例の一部として、「動脈硬化を防ぐ」「血液をさらさらにする」「低下した肝機能を改善する」などの届出表示を挙げた。ガイドラインで疾病名の表示を禁止しているのにも関わらず、「骨粗しょう症の予防」「糖尿病の予防」「がん予防」「インフルエンザ予防」といった表示が届け出されていることを明らかにした。 

 ガイドラインでは健康増進の範囲を超えた機能も認めていないが、これに違反する表現も届け出されていると指摘。その事例として、「皮膚・爪・髪が丈夫で美しくなる」や「朝食べれば夕食まで摂取カロリーを抑える」などを挙げた。

 また、清野氏は「脳の健康をサポート」や「免疫細胞の数を調節して体調の維持に役立つ」という表示も届け出されているが、科学的根拠を明確にしてほしいと訴えた。「『○○の健康に役立つ』と書かれても、消費者にとってはよくわからないことがあるので、表現については十分に検討してほしい」と訴えた。

<「不備がなければ50日くらいで受理」>

 (株)ファンケルサプリメント研究所所長の寺本祐之氏は、「企業側から見た届出のポイント(臨床試験編&研究レビュー編)」をテーマに講演。これまでに届け出た経験から、「不備がなければ、50日くらいで受理される」との見解を示した。 

 また寺本氏は、同社のサプリメント『快眠サポート』で「睡眠の質の向上」という表示を届け出たが、消費者庁から「睡眠の質とは何か」との確認事項が戻ってきた経緯を紹介。「具体的に試験結果に基づいているところを記載したが、お客様にとってわかりやすいかどうかを議論する余地がある」と話した。

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)機能性食品部長の津布久昌二氏は、機能性表示食品制度に関する相談事業で、これまでに延べ180社の相談に対応したと説明。さらに、研究レビューについては延べ22社を支援したことを明らかにした。

(つづく)

【木村 祐作】

 

 

 

おススメ記事

データ・マックス、東京支店を移転

 (株)データ・マックス(本社:福岡市博多区、児玉直社長)は5月27日、業務拡充にともない東京支店を移転する。5月29日から新オフィスで業務を開始する。セミナールームを常設し、今後は各種セミナーや勉強会などにも注力する。 […]

カネリョウ海藻、海産物2品を通販で発売

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長、TEL:0120-37-4008)はこのほど、長崎県産のタイを使用した自然食品『鯛の昆布〆』(5切れ(58g)×2P)と、熊本県産の黒磯のりを使用した同『黒磯旨の […]

2017年04月24日

JIHFS、溶出試験の実習セミナーを開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は22日、JIHFS GMPセミナー「溶出試験の理論と実際(実習付)」を都内で開催した。約30人の業界関係者が出席した。  池田秀子理事長は挨拶のなかで「崩壊試 […]

2017年04月24日

ダーボン・オーガニック・ジャパン、コロンビア産有機ショートニングの販売強化

 ダーボン・オーガニック・ジャパン(株)(本社:東京都品川区、レオン・ファン・ハゥヴェリンゲン社長)は、コロンビア産パーム油由来「有機ショートニング」の販売を強化する。2016年の売上高は前年比17%増と伸長。引き続き日 […]

2017年04月24日

GNG、日本製サプリの「中国進出」判断サービスを開始

 (株)グローバルニュートリショングループ(本社:東京都豊島区、武田猛代表)はこのほど、(株)クロスボーダーエイジ(本社:東京都千代田区、春山祥一代表)と共同で、日本製サプリメントを対象に、中国の保健食品市場へ進出する際 […]