健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品ガイドライン(案)を議論(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月18日

機能性表示食品ガイドライン(案)を議論(前)

<消費者委員会も納得のガイドライン(案)>
 消費者委員会は17日、4月からスタートする機能性表示食品の届出に関するガイドライン(案)について消費者庁からヒアリングし、了承した。消費者委員会が答申で求めたように、消費者庁の検討会報告書の内容が全面的にガイドラインに盛り込まれたことを受けて、河上正二委員長は「約束どおり、ほぼ入っているということで感謝したい」と述べた。

 出席した委員からは、ガイドライン(案)についての質問や、ガイドライン(案)に沿った運用を求める意見などが相次いだ。阿久澤良造委員は、生鮮食品に含まれる関与成分量にばらつきが生じる点について、「ばらつきはどの程度まで許容されるのか」と質問。消費者庁の担当官は「何%までならよいという線引きは困難だが、(ばらつきを抑えるための)栽培管理をどう行ったのかを記録してもらう。栽培管理があまりにも脆弱だと、しかるべき対応を取る」との考え方を示した。
 また消費者庁は、生鮮食品の場合、1日摂取目安量を確保するために、野菜や果物を複数個摂取するケースも予想されると指摘。ただし、「(届け出される生鮮食品は)通常品よりも関与成分を多く含むものが多いと聞いている。それほど多くの量を摂取しなくてもよいと考えている」と話した。

 機能性の評価で「軽症者」データを特定保健用食品(トクホ)と同様の範囲に限り、活用できる方針がガイドライン(案)に盛り込まれたことについて、橋本智子委員は「機能性表示食品は健康な人を対象としているが、当初と考え方が変わったのか」と質問。これに対し、消費者庁の担当官は「機能性表示食品の対象者は当初から変わっていない。ただ、トクホの範囲に限り、データの一部に軽症者データが入っていてもよいと認めるだけである。商品を軽症者に訴求することは一切できない」と説明した。

 また、販売前届出について消費者庁は「すみやかに形式的に確認し、届出番号を返して、できるだけ早く消費者庁のウェブサイトで公開する」とした。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]