健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品ガイドラインのポイント(8)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月03日

機能性表示食品ガイドラインのポイント(8)

<科学的根拠の実証方法が伝わる表示>
 ガイドライン(案)によると、届出商品のパッケージのフロント面に「機能性表示食品」と表示する。機能性表示については、(1)関与成分に基づく科学的根拠か、または最終製品に基づくものか、(2)科学的根拠は最終製品を用いた臨床試験によるものか、または研究レビューによるものか――がわかる表現とする考え方が示された。そうした表現を消費者庁は重視し、例示として次のような表示方法を挙げた。

・最終製品を用いた臨床試験の場合:「本品にはA(機能性関与成分)が含まれるので、Bの機能があります」。
・最終製品に関する研究レビューの場合:「本品にはA(機能性関与成分)が含まれ、Bの機能があることが報告されています」。
・関与成分に関する研究レビューの場合:「本品にはA(機能性関与成分)が含まれます。AにはBの機能があることが報告されています」。

 また、特定の食事に加えて摂取することにより、機能性が期待できる商品については、前提とする食事を表示する。たとえば、「本品は○○を△mg含みますので、魚介類を□g/日程度(日本人の平均摂取量)摂取している方の××に役立ちます」などとしている。

 1日摂取目安量あたりの関与成分含有量の表示も必須となる。分析値は表示した値を下回らないことが求められる。ただし、生鮮食品や乾しシイタケ、緑茶などは含有量にばらつきがあり、「がんばっても表示値を守れないケースもある」(消費者庁食品表示企画課)という。このため、「○○(機能性関与成分)の含有量が一定の範囲内に収まるよう、栽培・出荷等の管理を実施しています。しかし、□□は生鮮食品ですので、××(ばらつきの要因)などによって、○○(機能性関与成分)の含有量が表示されている量を下回る場合があります」などの注意書きを加える。

 ガイドライン(案)では、表示禁止事項も列挙した。栄養強調表示を除き、届け出た関与成分以外の成分で「○○強化」などと強調することはできない。また、「消費者庁承認」「消費者庁長官許可」といった国の承認を受けたと誤認させる表現も禁止する。

<エビデンスに疑義が生じれば「撤回届出書」提出も>
 届出については、販売日の60日前までに行う。その際、同一商品で風味や内容量などが異なる商品がある場合は、別々に届け出る必要はないとしている。
 消費者庁は企業からの届出情報をウェブサイトで開示する。原則すべての情報が開示されるが、「製品規格書」「分析成績書」「組織図」といった企業秘密に該当する情報は非公開となる。

 一方、届け出た商品の販売・製造を中止した場合や、安全性・機能性の科学的根拠で新たな知見が得られて疑義が生じた場合には、「撤回届出書」を消費者庁へ提出する。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年05月29日

健康食品産業協議会、木村会長が再登板

<4分科会で機能性表示食品制度に対応>  (一社)健康食品産業協議会は26日、総会後の講演会で、新たに就任した木村毅会長をトップとする新体制と、2017年度の活動方針を発表した。  木村氏(サプリメント・エブセクティブ会 […]

2017年05月29日

【7/22】データ・マックス、通販ビジネス6カ月集中講座(レベル2)キックオフ

 (株)データ・マックスは7月22日、高橋貞光の通販講座シリーズを都内で開講する。本講座は「成功する通信販売のつくり方 6カ月集中講座(レベル2)」。3月23日(東京)、4月28日(大阪)、5月15日(福岡)で開催した実 […]

2017年05月29日

マツモト交商、乳清由来の新原料「ラクトセラム」を発売

  (株)マツモト交商(本社:東京都中央区、松本俊亮社長、TEL:03-3241-5164)はこのほど、健康食品原料の『ラクトセラム』の供給を開始した。  同原料は、かつて第3類医薬品として使用されていたが、2011年の […]

消費者庁、無資格の医業類似行為に警鐘

 消費者庁は26日、「整体」「カイロプラクティック」などの法的な資格制度がない医業類似行為の手技による事故情報が1,483件寄せられていると発表した。治療期間が1カ月以上となる神経・脊髄の損傷などの深刻な事故も240件を […]

今村彰啓著の電子書籍『できる男のスキンケア・ヘアケア』が発刊

<男性の肌・髪の10大悩みを化粧品で解決>  ごきげんビジネス出版(運営元:スターティアラボ(株)、北村健一社長)はきょう(29日)、男性向けスキンケア・ヘアケアの対処法をまとめた電子書籍『できる男のスキンケア・ヘアケア […]