健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品ガイドラインのポイント(7)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月03日

機能性表示食品ガイドラインのポイント(7)

<SRの具体的な手順を提示>
 機能性を実証するための研究レビューは、システマティック・レビュー(SR)という手法で実施する。ガイドライン(案)はSRの手順(例)を掲載。あくまで1例として掲載したが、このことはガイドライン(案)のポイントの1つであり、多くの企業がSRの具体的な手順が公表されるのを待ち望んでいた。これを受けて、各社ではSRへの対応を本格化させるとみられる。

 「SRの実施手順の考え方」では、リサーチクエスチョンの設定、レビューワーの選定、選択基準・除外基準の設定、レビュープロトコールの作成、検索式の実施、個々の論文の質評価、エビデンス総体の評価などを説明している。
 それによると、レビューワーは原則2人以上としている。検索式の設定については、言語バイアス(画期的な研究成果は英語論文で発表される傾向があるなど)を避けるために、少なくとも英語論文と日本語論文を検索。その結果、「仮に日本語論文が見つからなくても構わない」(消費者庁食品表示企画課)としている。

 国内の主な文献データベースには、「医中誌」「CiNii Articles」「JdreamⅢ」などがある。

<観察研究は前向きコホート研究や症例対照研究>
 SRを実施する際に、サプリメント形状食品は臨床試験の論文を対象とする。これに対して、その他の加工食品と生鮮食品については、臨床試験に加えて観察研究も利用できる。観察研究は原則として前向きコホート研究や症例対照研究などの縦断研究を対象とする。

 また、臨床試験の参加者は健常者または境界域の人とする。ただし、特定保健用食品(トクホ)の関連通知で示した範囲で、「軽症者」を含むデータの使用を認める(コレステロール関係、血中中性脂肪関係、血圧関係)。
 「軽症者」を含むデータを使用した場合は、健常者と境界域の人だけを対象としたレビューも実施して、その結果を届出書類の「研究レビュー報告書」と「一般消費者向けの抄録」の両方に記載することが求められる。これにより、消費者が適切に商品を選択するための情報を提供する。

 観察研究の対象者については、前向きコホート研究では追跡期間開始時点、症例対照研究では調査対象時点で、疾病に罹患していないことが求められる。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年07月20日

【8/7】消費者行政新未来創造オフィス設立記念シンポジウム

 消費者庁と(独)国民生活センターは8月7日、「消費者行政新未来創造オフィス設立記念シンポジウム」を徳島グランヴィリオホテル(徳島市万代町)で開催する。  プログラムは基調講演「行政経済学、フィールド実験、消費者政策―― […]

ファンケル、発芽米のカレーセットを発売

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長、TEL:0120-750-210)は20日、『発芽米のために作ったカレーセット』(3食入り)を通信販売と直営店舗で発売する。数量限定で取り扱う。  発芽米のパックご […]

2017年07月20日

日本食品化工、低糖質ニーズで提案先を総菜・外食にも拡大

 日本食品化工(株)(東京都千代田区、鈴木慎一郎社長)は、食品素材の難消化性グルカン『フィットファイバー♯80』の提案先を惣菜・外食にも拡大する方針を示している。食物繊維に期待される“糖質低減”の役割がクローズアップされ […]

農水省、「GIマーク」使用ガイドラインを公表

 国が認定した食品に付与される「地理的表示(GI)マーク」の適正利用に向けて、農林水産省は19日、GIマークの使用に関するガイドラインを公表した。GIマークを広告やインターネット通販、外食メニューなどに使用する場合のルー […]

2017年07月20日

【7/25】RDサポート、WFJで無料セミナー開催

 (株)RDサポート(本社:東京都千代田区、大澤裕樹社長)は25日、特別セミナー「ウェルネスキャリアサミット~次代のビジネスパーソンに求められる資質とキャリア戦略~」を東京ビッグサイト(東京都江東区)の「ウェルネスフード […]