健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品ガイドラインのポイント(7)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月03日

機能性表示食品ガイドラインのポイント(7)

<SRの具体的な手順を提示>
 機能性を実証するための研究レビューは、システマティック・レビュー(SR)という手法で実施する。ガイドライン(案)はSRの手順(例)を掲載。あくまで1例として掲載したが、このことはガイドライン(案)のポイントの1つであり、多くの企業がSRの具体的な手順が公表されるのを待ち望んでいた。これを受けて、各社ではSRへの対応を本格化させるとみられる。

 「SRの実施手順の考え方」では、リサーチクエスチョンの設定、レビューワーの選定、選択基準・除外基準の設定、レビュープロトコールの作成、検索式の実施、個々の論文の質評価、エビデンス総体の評価などを説明している。
 それによると、レビューワーは原則2人以上としている。検索式の設定については、言語バイアス(画期的な研究成果は英語論文で発表される傾向があるなど)を避けるために、少なくとも英語論文と日本語論文を検索。その結果、「仮に日本語論文が見つからなくても構わない」(消費者庁食品表示企画課)としている。

 国内の主な文献データベースには、「医中誌」「CiNii Articles」「JdreamⅢ」などがある。

<観察研究は前向きコホート研究や症例対照研究>
 SRを実施する際に、サプリメント形状食品は臨床試験の論文を対象とする。これに対して、その他の加工食品と生鮮食品については、臨床試験に加えて観察研究も利用できる。観察研究は原則として前向きコホート研究や症例対照研究などの縦断研究を対象とする。

 また、臨床試験の参加者は健常者または境界域の人とする。ただし、特定保健用食品(トクホ)の関連通知で示した範囲で、「軽症者」を含むデータの使用を認める(コレステロール関係、血中中性脂肪関係、血圧関係)。
 「軽症者」を含むデータを使用した場合は、健常者と境界域の人だけを対象としたレビューも実施して、その結果を届出書類の「研究レビュー報告書」と「一般消費者向けの抄録」の両方に記載することが求められる。これにより、消費者が適切に商品を選択するための情報を提供する。

 観察研究の対象者については、前向きコホート研究では追跡期間開始時点、症例対照研究では調査対象時点で、疾病に罹患していないことが求められる。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

肉・魚など「酸性食品」を多く食べる人ほど死亡リスク上昇

 野菜・果物などのアルカリ食品が少なく、肉・魚などの酸性食品を多く食べる人で死亡リスクが高くなることが、(国研)国立がん研究センターの研究班が29日に発表した調査結果からわかった。  調査は、全国11地域の約9万人の男女 […]

2017年05月30日

DSM、「オメガ3」セミナーを都内で開催

 DSMニュートリションジャパン(株)(本社:東京都港区、中原雄司社長)は29日、「オメガ3 サプリ先進国の技術と市場形成」と題したセミナーを都内で開催した。  米国サウスダコタ大学医学部教授で血中のオメガ3の解析キット […]

2017年05月30日

運動と乳製品で高齢女性の筋力増加

 (株)明治(本社:東京都中央区、川村和夫社長)は29日、信州大学大学院などとの共同研究により、5カ月間のインターバル速歩トレーニング中の乳製品の摂取が、高齢女性の下肢筋力向上を促進し、体内の炎症促進遺伝子の活性を抑制す […]

2017年05月30日

注目集める植物性スクラブ剤

<フランス産刻み花びら VS ドイツ産パルプ由来セルロース>  環境汚染が懸念されるマイクロビーズスクラブ剤の代替品として、フランス産やドイツ産の植物由来スクラブ剤が注目を集めている。2016年3月に日本化粧品工業連絡会 […]

2017年05月30日

大塚製薬、睡眠の質高める機能性表示食品のテスト販売開始

 大塚製薬(株)(本社:東京都千代田区、樋口達夫社長、TEL:0120-550-708)は29日、機能性表示食品のサプリメント『賢者の快眠 睡眠リズムサポート』のテスト販売を開始した。同社の通販「オオツカ・プラスワン」と […]