健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品ガイドラインのポイント(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月02日

機能性表示食品ガイドラインのポイント(5)

<国内GMP、米国GMPなどの取得状況を開示>
 企業は、製造・品質管理体制に関する情報を消費者庁に届け出る。サプリメント形状食品とその他の加工食品では、「国内GMP」「米国GMP」「総合衛生管理製造過程」「都道府県等HACCP」「ISO22000」「FSSC22000」の取得状況を報告。米国GMPについては、認証を受けているかどうかも提出資料に記載する。
 これらのシステムを1つも取得していないとしても、届け出ることは可能。ただし、GMPやHACCPなどの取得状況は広く開示され、消費者の商品選択の参考にしてもらう考えだ。

 届出商品の分析試験の成績書も提出しなければならない。商品パッケージに表示された量の関与成分が、実際に含まれていることを試験によって確認する。これと合わせて、関与成分以外の安全性を担保する必要がある成分についても、製品規格を満たしていることを確認する。安全性を担保する必要がある成分とは、たとえば、魚由来サプリメントの重金属やダイオキシン、イチョウ葉エキスに含まれるギンコール酸などが想定される。

 これらの試験は、食品衛生法などで定めている登録検査機関に依頼して実施する。生鮮食品については、登録検査機関のほか、独立行政法人の農業試験場や水産試験場などにも試験を依頼できる。
 一方、前処理や分析方法などが企業秘密となっているケースについては、自社の研究所やグループ企業で試験することを認める。

<健康被害情報の収集と評価も>
 ガイドライン(案)は、届出企業が整備する健康被害の情報収集体制の詳細を定めている。届け出時の提出資料には、対応窓口の部署名、電話番号などの連絡先、連絡対応日時を記載。組織図と連絡フローチャートも添付するとしている。

 また、企業は健康被害情報を評価するために必要となる情報を収集する。具体的にみると、報告者に関する情報、製品名・ロット番号、症状・発生時期・重篤度、医療機関の受診の有無(医療機関名や診断結果)など。企業は収集した情報をもとに、症状や重篤度、因果関係を評価する。その結果、健康被害の発生・拡大のおそれがあると判断した場合には、消費者庁へ報告しなければならない。消費者庁では必要に応じて、情報を公表するかどうかを判断する。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

日本アムウェイ、『トリプルX』をリニューアル

 日本アムウェイ(合同)(本社:東京都渋谷区、ピーター・ストライダム社長、TEL:0120-123-777)は23日、ニュートリライトブランドのサプリメント『トリプルX』をリニューアル発売した。  厳選した21種類の原料 […]

2017年08月23日

乳酸菌LJ88ラボ、ホームページを開設

 乳酸菌LJ88ラボ(東京都千代田区)はこのほど、人の胃液から発見された乳酸菌「LJ88(ラクトバチルス・ジョンソニィNo.1088)」について解説したホームページ(HP)を立ち上げた。  HPでは、LJ88に関する機能 […]

マルエツの「いーとぴあ」、栄養ケア・ステーションに認定

 (株)マルエツは22日、同社が運営する料理&カルチャー教室「いーとぴあ」(埼玉県蕨市)が、(公社)日本栄養士会が展開する「栄養ケア・ステーション」として認定されたと発表した。スーパーマーケット業界で初の認定となった。 […]

『ヤクルトの国産ケール青汁』を発売

 ヤクルトヘルスフーズ(株)(本社:大分県豊後高田市、筒井博之社長、TEL:0120-929-214)は9月25日、『ヤクルトの国産ケール青汁』(30袋)を発売する。  大分県国東半島とその周辺地域で栽培されたケールを使 […]

2017年08月23日

【9/24】「アドバイザリースタッフ」をテーマにセミナー

 アドバイザリースタッフ研究会は(一財)医療経済研究・社会保険福祉協会(社福協)と共催で9月24日、「アドバイザリースタッフは一般の方に何を提供できるのか~健康食品相談から見えてくる課題~」をテーマとするセミナーを日比谷 […]