健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品ガイドラインのポイント(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月02日

機能性表示食品ガイドラインのポイント(1)

 消費者庁はきょう(2日)、新・機能性表示制度(機能性表示食品制度)のガイドライン(案)を公表した。消費者庁は2~16日にかけて、全国7都市で説明会を開催。食品表示基準の告示を経て、新制度は今月中にも施行される見通しだ。

<一部業界関係者がエゴ丸出しの要望>
 業界筋などの話を総合すると、健康食品業界の一部関係者らはここ数カ月の間、消費者庁の検討会で新制度の対象として否定されたはずの「関与成分が特定できない食品」や「ビタミン・ミネラル」を対象に加えることなどを消費者庁に要望してきたという。

 そうした横車を押す行為がまかり通れば、民主的な手続きで形成された検討会や消費者委員会の検討結果が破棄され、さらに制度設計がゆがんでしまう懸念もあった。その場合、消費者委員会や消費者団体が抗議活動に乗り出すのは必至。また、「関与成分が特定できない食品」や「ビタミン・ミネラル」を無条件に新制度の対象にすれば、健康被害を懸念する医学界が猛反発することも予想されていた。

<業界に”甘め”の制度設計>
 公表されたガイドライン(案)をみると、検討会報告書を踏まえた内容に仕上がっている。前述の消費者利益を無視した一部業界関係者のエゴは、とりあえず排除されたかたちだ。今春のスタートに向けて、検討会報告書や食品表示基準(案)をベースに準備を進めてきた関係各社にとって、ガイドライン(案)はほぼ想定内の内容に落ち着いたと言える。

 ガイドライン(案)は約100ページの厚さ。「対象食品」「安全性の根拠」「生産・製造、品質の管理」「健康被害の情報収集体制」「機能性の根拠」「表示の内容」「届出」の流れにそって構成される。消費者庁に届け出るために必要な取り組みや、提出書類の内容などについて詳しく説明している。

 ガイドライン(案)からは、新制度が業界にとって”甘め”の制度設計となっている様子が浮かんでくる。機能性の実証では、臨床試験の事前登録などの要件に1年間の猶予期間を設定した。特定保健用食品(トクホ)と同等の機能性を表示できることも、業界にとって”おいしい”点だ。安全性の確認については、食経験で証明できれば終了となり、企業の負担は小さい。

 一方、今後の新制度の運用状況によっては、規制緩和に反対してきた消費者団体や医学界・法曹界などが、制度の厳格化を求める可能性もある。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

香港衛生署、健康食品から医薬品成分検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は18日、香港衛生署が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  香港衛生署が買い上げ調査を実施した結果、インターネット上で痩身効果を標ぼうして販売されていた『マッ […]

山田養蜂場、『はちみつバーモントドリンク』発売

 (株)山田養蜂場(岡山県苫田郡、山田英生代表、TEL:0120-38-38-38)は18日、健康飲料『はちみつバーモントドリンク』(125ml×24本)を直営店と通信販売サイトで発売した。  完熟ハチミツを発酵させたハ […]

2018年06月19日

天真堂、『sakuraim オールインワンクール美容液』キャンペーン実施

 医薬部外品・化粧品OEM事業の(株)天真堂(本社:東京都江東区、児玉和之社長)は29日~7月8日の期間、『sakuraim オールインワンクール美容液』のプレゼントキャンペーンを実施する。  インスタグラムで「アカウン […]

「お試し」定期購入トラブル、改正特商法の施行後も一向に減らず

<18年度は前年度を上回るペース>  昨年12月1日の改正特定商取引法の施行後も、健康食品などの「お試し」定期購入トラブルに関する消費者相談件数が一向に減少していないことが19日、健康情報ニュースの取材でわかった。  健 […]

秋田県、「あきた発酵ツーリズムロゴマーク」の使用規程を発表

 秋田県は18日、県内の発酵食品のPRを目的とする「あきた発酵ツーリズムロゴマーク」の商品使用規程を制定したと発表した。発酵食文化を誘客に活用する「あきた発酵ツーリズム」と連動した取り組みとしている。  規程によると、ロ […]