健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品をテーマにリスコミ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月23日

機能性表示食品をテーマにリスコミ

<一般消費者向け抄録、事業者と消費者をつなぐ重要なツール>
 消費者庁と厚生労働省は23日、4月にスタートする機能性表示食品制度をテーマに、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品の安全性や機能性に関する意見交換会」を都内で開催した。一般消費者や企業関係者などが参加した。

 消費者庁食品表示企画課・食品表示調査官の塩澤信良氏は講演で、届出項目の一つであり、安全性・機能性の科学的根拠を一般消費者向けにわかりやすい言葉で説明した抄録について、「事業者と消費者をつなぐ大切なツールになる」と強調。「一般消費者が学術的な内容を理解することは困難なため、簡単な言葉で説明することになるが、不適切な表現にすると消費者の誤解を招く」と注意を促した。このため、届け出る前に「正しく書けているか、わかりやすいかどうかを社内で何重にもわたってチェックしてほしい」と慎重な取り組みを求めた。

 塩澤氏は、関与成分を特定できない食品を新制度の対象から外したことについて、「閣議決定の段階でも、成分がわかっていることが前提となっていた」と説明。また、「業界はビタミン・ミネラル類も対象にしてほしいと要望したが、厚労省の食事摂取基準が(国の栄養政策の)テキストとなっており、新制度では配合量の制限もなく、国の栄養政策と整合性が取れなくなるために見送った」と述べた。

<「社会的責任を果たせない企業は傷を受ける」(清水氏)>
 行政関係者や有識者を交えたパネルディスカッションも行われた。機能性表示食品といわゆる健康食品をひと目で見分ける方法について、消費者庁の塩澤氏は「まず主要面を見てほしい。生鮮食品でも加工食品でも『機能性表示食品』の7文字が必ず書かれている。あと、パッケージのどこかに届出番号が記載されているので判別のポイントとなる」と述べた。近日中に、新制度を説明したリーフレット(消費者向けと事業者向けの2種類)を消費者庁のホームページで公開し、活用してもらう方針を示した。

 名古屋文理大学健康生活学部教授の清水俊雄氏は、「1日摂取目安量を守って摂取することが重要となる。さらに、公開される科学的根拠を見てもらうと、適切な摂取が可能となる」とアドバイスした。また清水氏は、企業が新制度に対応する際に、「社会的責任(企業の自己責任)を果たせない企業は、結果的に傷を受けることになる」と指摘した。

おススメ記事

アサヒ飲料、カフェイン・脂肪ゼロのラテ発売

 アサヒ飲料(株)(本社:東京都墨田区、岸上克彦社長、TEL:0120-328-124)は5月8日、清涼飲料水『アサヒ クリアラテfromおいしい水』(600ml)を新発売する。  低カロリー、カフェインゼロ、脂肪ゼロに […]

米国の「クラトン」問題、死亡事故44例に拡大中

<クラトンを含む全製品が販売中止に>  米国で疼痛や薬物中毒の治療に使用されてきた「クラトン(別名:アヘンボク)」が健康食品でも使用され、健康被害が拡大中だ。このため、米国政府は関連製品の使用禁止を勧告した。因果関係は明 […]

2018年04月24日

香港日清とカゴメが合弁会社、香港・マカオの野菜飲料販売を展開

 日清食品ホールディングス(株)(本社:東京都新宿区、安藤宏基社長)は23日、子会社の日清食品有限公司(香港日清)とカゴメ(株)が、香港・マカオでの野菜飲料販売事業の合弁会社設立に関する契約を締結したと発表した。  香港 […]

2018年04月24日

JHNFA、機能性表示食品の届出事前確認 5月7日開始

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は23日、機能性表示食品の届出支援の1つとして、「届出資料事前点検」の受付を5月7日から開始すると発表した。  「事前点検(初回)」と「再点検(2回目以降)」の2種類のコース […]

2018年04月23日

【4/27】玉川テラス、講座&試食「雑穀とドライフルーツ」を開催

 会員制サロンの玉川高島屋S・C玉川テラス(東京都世田谷区)は27日、講座&試食「雑穀とドライフルーツのある食卓」をテラス内のアクティビティスペースで開催する。定員24人、参加費4,500円。  日本雑穀協会認定の雑穀ク […]